プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

メディア掲載: 2013年7月アーカイブ

2013年7月29日 11:06

『趣味の文具箱』vol26.発売!

テーマ:メディア掲載
こんにちは、いかがお過ごしですか。

各地で大雨による被害が起きています。
水不足ですから、少しでも雨が降って水がたまればいいと思いますが、いくらなんでも激し過ぎますね。

以前は夕立が来ると涼しい風が吹いて過ごしやすく感じられたものですが、今年は「もわ~ん」とした熱気がちっとも洗われないようです。


++

NEC_0988.JPG
雑誌『趣味の文具箱』にて、連載しています。
連載ページのタイトルは「男のシンプル一筆術」。
この雑誌のメイン読者層である50代・万年筆大好き男性に向けて、万年筆をつかった楽しい一筆術を書かせてもらっています。


週末中に発売になった今号(vol26.)が手元に届きました!

表紙の写真、美しいですね。
オレンジ色の万年筆は、イタリアのアウロラ社のものです。

ざっと斜め読みした中では、音楽プロデューサー/松任谷正隆さんの最愛の1本・パーカー61の美しさ・色っぽさに目がとまりました。


わたしは今、10本ほど万年筆を持っていますが、これからまた少しずつ、増やしていきたいと思っています。
次はどの1本を買おうかなぁ...。そう考えるだけで、わくわくどきどき! 

日頃はめったに高い買い物をしないのですが、万年筆に限っては、わりと気前がいいのです。「もうこれ以上にない!」という、自分にとっての究極の1本に出会いたいです。


++

『シティリビング』×デザインフィル ミドリカンパニー主催、手紙の書き方講座

8/12(月)夜19時~、開催します。

ご応募、お待ちしております!!





ページTOPへもどる

2013年7月10日 19:57

フリーペーパー『メトロポリターナ』、表紙のポストに注目です(笑)

こんにちは、いかがお過ごしですか。

アメリカに留学中の姪っ子が、夏休みのため、一時帰国することに。
姉と一緒に成田まで迎えに行ったのですが、到着ゲートで待つものの、予定時刻を大幅に経過してもいっこうに姿を見せません。

「これはおかしい!」と、あわてて搭乗予定の航空会社のカウンターに確認に行くものの、夜になってしまったためか、だれもいませんし、電話しても通じません。
それに最近は個人情報保護とかで、搭乗しているか確認したくても、搭乗者名簿を公開してくれないそうですね。

どうしたんだろーーー
何があったんだろうーーー

と、しばらく途方に暮れていたのですが、ようやく事情が明らかになりました。


なんと! サンフランシスコ空港で起きた航空機事故の影響ダイヤが乱れ、予定していた便への乗り継ぎに間に合わず、シカゴ国際空港で足止めをくらっていたのだとか...。

異国の空港の一時休憩所でひとりぼっちで夜を過ごし、航空会社に代替便を用意してもらい、当初予定より22時間遅れで成田に到着した姪っ子。

16歳の女の子が、ほんと、よくがんばりました。
「えらかったね」「よくがんばったね」とだけ言いたくて、2日つづけて成田までお迎えに行ってきました。

元気な顔を見ることができ、ホッと安心しました。


NEC_0958.JPG
写真は、読者さんから届いた、花火のポストカードです。
夏ですね~!! 今年は花火を見られるかなぁ・・

群馬県のMさん、ありがとうございます!



++

NEC_0965.JPG
東京メトロ各駅で無料配布されている働く女性向けのフリーペーパー『メトロポリターナ』。

今日(7月10日)から配布されている号の特集は、「つれづれ手紙」。

1ページ、取材協力しています。
贈るキモチに手紙を添えて」というところです。

都内にお勤めの方は、会社帰りにでも、ぜひチェックしてみてくださ~い♪

会員登録すると、無料で記事を読めるみたいです。
くわしくは、↓からご確認ください。


NEC_0968.JPG
表紙のヤギさん親子がかわいいですね!
...とここまで書いたところで気づきましたが、同じポストがウチにもいました!(笑)








ページTOPへもどる
1
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました