プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

メディア掲載: 2013年5月アーカイブ

2013年5月30日 11:34

父の日の特集スタート!&文房具のスリーペーパー『BUN2』掲載!

テーマ:メディア掲載

こんにちは、いかがお過ごしですか。

関東地方も梅雨入りしました。早いですね。
ほんの少し前まで、いちばんでいちばんさわやかな季節だと思っていたのに、これからしばし、髪の毛のゴワゴワが気になる日がつづきます。


さて、6月に入ると、忘れ去られがちなイベント(笑)、父の日があります。



父の日にもらってうれしいものに関するアンケート結果によると、第1位は「手書きの手紙」だとか。
とはいえ、実際にはほとんど書きません(もらいません)よね。

わたしがオススメするのは、プレゼントに添えるひとことです。
お酒でもネクタイでも靴下でもお花でも。せっかく何かしらプレゼントを送ったり手渡ししたりするのであれば、ほんのひと手間かけて、手書きのメッセージを添えましょう。

手書きの手紙は、ただ「手書きである」だけで、すでに価値があります。
たった3行でOK。
むずかしい言葉も一切、必要ありません。


デパートやインターネット通販を利用してプレゼントを贈る際には、手紙だけ別に郵送して送ります。

もっとも、最近はインターネットショップの中でも、メッセージカードを同封してくれるところが増えましたから、そういうショップを利用すると、便利ですね。

今年の父の日は6月16日(日)だそうです。



++

NEC_0902.JPG
父の日といえば、文房具をプレゼントするのも、大いにアリですね!

これは父の日に限ったことではありませんが、女性が男性宛てのプレゼントを選ぶのって、実はすごくむずかしいと思いませんか。

親しい相手なら「何がほしい?」と聞くこともできるけれど、そうでない相手やサプライズで渡したいときには、すごく困ります。

で、そういうときに意外に便利なのが、文房具!

お父さんに贈るなら、ちょっとお洒落なルーペ(拡大鏡)とか。ちょっと高級なハサミとか、一味違うボールペン、上質なノートなどもよさそうです。


NEC_0901.JPG
全国各地の文房具店で配布している文房具のフリーペーパー『BUN2』6月号に、大きく掲載してもらっています(先日のブログの撮影風景は、こちらのためのものでした)。

6月1日から配布開始。
無料のため、一部の店舗ではすぐになくなってしまうこともあるようです。

よろしければ、ぜひチェックしてみてくださ~い!


















ページTOPへもどる

2013年5月13日 10:16

東京新聞朝刊掲載と、ムック『大人の日本語力が身につく本』発売。

テーマ:メディア掲載
こんにちは、いかがお過ごしですか。
昨日(12日)の母の日はどんな日曜日だったでしょうか。

わたしは実家に帰り、美味しい晩ごはんを食べてきました。


来月は父の日。
こちらは6月16日(日)です。


**


NEC_0875.JPG
11日(土)の東京新聞の朝刊に、拙著『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』(PHP研究所刊)が掲載されていました。

誌面を見た高校時代の友人が教えてくれました!

掲載してくれた記者さんにも、教えてくれた旧友にも、あわせて感謝・感謝です!




**

NEC_0872.JPG
発売されたばかりのムック『大人の日本語力が身につく本』(普遊舎刊)にて、4ページ取材協力しています。

1200円のムックです。特別付録に「ペン字練習帳」がついているなど、ボリュームたっぷりなので、お得感があると思います。


個人的には、フリーアナウンサーの渡辺真理さんのインタビューページが好きだな、と感じました。

自分よりちょっと年上の輝いている人の「言葉」に対する考え方を知ると、勉強になるだけでなく、なんだかワクワクしてきます。

たぶん、真似しやすいからでしょうね。


NEC_0873.JPG
わたしが監修を担当したページは、「気持ちを伝える手紙の技術」。

顔写真が大きくて。汗、汗、汗...。

気負わずに「書く」ことを楽しんでいただけたら、うれしく思います。


よろしければぜひ、お手にとってみてくださ~い!








ページTOPへもどる
1
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました