プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

メディア掲載: 2012年12月アーカイブ

2012年12月26日 11:23

東京新聞に載っています。寒中見舞いについて。

テーマ:メディア掲載
こんにちは、いかがお過ごしですか。
寒いけれど、空気がピン!としてて気持ちがいい朝でした。

先日、取材を受けまして、今朝(26日・水)の東京新聞朝刊にその記事が載っています。
寒中見舞いについてです。

NEC_0740.JPG

あ、、、わたしの年齢も載っているのですね(笑)

もとい。
寒中見舞いは、

・相手が喪中で、年賀欠礼が届いた相手に
・自分が喪中で、年賀状を出していなかったときに
・故人(家族)宛てに、年賀状が届いたときに
・年賀状が届いたけれど、タイミングが遅れて松の内に出しそびれてしまったときに

送るものとされていますが、もともとは言葉のとおり「寒い時期に相手の健康を見舞う」ためのものですから、あまり恐縮しないでもっと気楽に、相手を想って「お変わりありませんか」とつづればいいと思います。


送る時期は、1月半ばごろから節分まで。

春をまちわびる文面が似合います。


新聞の写真にもありますが、

 寒中お見舞い申し上げます
 年賀状をいただき、ありがとうございます
 暖かな春が待ち遠しいですね
 時節柄、どうかご自愛ください


 寒中お見舞い申し上げます
 またひとつ新しい年になりました
 心穏やかな毎日をお祈りしています
 お会いしたいです

などと書くのはいかがでしょうか。


クリスマスカードとか年賀状とか寒中見舞いとか‥。
この時期は何かと「書く」機会が多いですね。

気負わずに自分らしく。間違っても気にしないで(←相手は気にしていないことのほうが多いですし、間違ったからといって「無礼」にはなりません。手書きは手書きである時点ですでに丁寧なので)、自由にのびのびと、にこにこ笑顔で文字をつづりたいものだと思います。



ページTOPへもどる

2012年12月18日 12:05

日経産業新聞に、年賀状の記事掲載。&こよみに興味を持つと...


こんにちは、いかがお過ごしですか。
雨が上がり、太陽の日差しが少し暖かく感じられます。


NEC_0726.JPG
今朝(12月17日・火)の日経産業新聞の朝刊に、掲載していただきました。
年賀状についての記事です。

スペースがだいぶ大きくて...。

親孝行になりますね(笑)

ありがたいです。


そろそろ本格的に年賀状が気になる時期になりました。

わたしは友人のマンガ家さんに似顔絵つきの年賀イラストを描いてもらったので、それをインターネットで印刷会社に発注して、53円の寄付金・お年玉付きの年賀切手を貼って、手書きのメッセージを添えて、送ります。

みなさんは、もうお決まりですか?




++

NEC_0727.JPG
今、とても売れている本だそうです。
『日本の七十二候を楽しむ -旧暦のある暮らしー』(東邦出版)

全ページにイラストが入っているところも素敵です。ページをめくるのが楽しく、眺めているだけでわくわくします。


こういう本を通して「こよみ」に興味を持つと、何気なく感じる季節の移ろいに敏感になり、自然とはじめの1行を書く手がスムーズになりますね。

むずかしい言葉でなくても、たとえば今の時期なら、「コタツに入りたくなりますね」とか、「牡蠣が美味しい季節です」とか、「浅草の羽子板市に行ってみたい」とか、「椿の花がキレイに咲き始めた」とか...

そのときに感じることをそのまま言葉にすることで、「そういわれてみればそうだな」「うん、うん、たしかに」という共感を呼び、それが親しみや好意に変わります。

人によって趣向がよく出るので、個性や人柄が感じられて面白いところでもありますね。






ページTOPへもどる

2012年12月17日 10:49

日経Bizアカデミーで連載がはじまりました。

こんにちは、いかがお過ごしですか。
今日(17日)は冷たい雨降りです。夜にはやんでくれるといいですね。


日本経済新聞社が運営する、ビジネスパーソンのためのお勉強サイト「日経Bizアカデミー」にて、連載がはじまっています。

「Web講座」むらかみかずこのシンプル手紙術。


これから毎週金曜日に掲載予定だそうです。1月末ごろまで連載がつづきます。

いろんな媒体で掲載していただき、ありがたい限りです。
よろしければぜひ、チェックしてみてください!


++

年賀状のひと言フレーズ。
ここでは、後輩に宛てて送る場合を紹介します。主に、ビジネスシーンで送る場合を想定しています。


・旧年中はお世話になりました
 今年も共に成長していきましょう

・いつもがんばってくれて、ありがとう
 今年も頼りにしています

・今年も期待しています
 よい1年にしましょう

・今年はお互いに飛躍の1年にしたいですね
 〇日に会えるのを楽しみにしています

・〇〇さんはしっかりしているから、いつも助かっています
 今年も支えてくださいね

・今年の抱負は何でしょう?
 より充実した1年になりますように

・いつもよい仕事をしてくれて、ありがとう
 今年も皆で力を合わせて、部を盛り上げていきましょう


ほかにもいろいろ。



++

NEC_0724.JPG
『NANA STYLE』というフリーペーパーにて、取材・掲載していただきました。

「プレゼントに添えて気持ちを伝えよう。想いが伝わるメッセージ講座」と題して、1ページ取材協力しています。


マックハウスというカジュアル系のお洋服屋さんのフリーペーパーで、読者となるのは主に学生さんだそうです。

学生さん...。
そういえば最近、ふれあっていないなぁ。
年代が違う人たちと楽しく会話するって、大事ですよね。

来年は学生さんと何かしらの接点を持ちたいな。





ページTOPへもどる
1
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました