プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

メディア掲載: 2012年8月アーカイブ

2012年8月15日 20:12

終戦の日にちなみ、奇跡のラブレター。&「日経消費ウォッチャー」掲載

こんにちは、いかがお過ごしですか。
今日は8月15日(水)。お盆休み真っ只中。そして、終戦記念日です。どんな夏休みですか。

 

拙著『大切なあの人へ ラブレターを書こう!』(原書房刊)の中で、ひとつ、今日の日にまつわるラブレターをご紹介しています。

名づけて、「やしの実のラブレター」。
まるでうそのようなほんとの話。奇跡のラブレターともいわれています。

太平洋戦争中、死を覚悟した一人の日本人男性が、戦地フィリピンから、やしの実にナイフで文字を刻み、故郷・島根で待つ家族と友人に宛てて、海にやしの実を流しました。

男性はフィリピンで戦死しましたが、やしの実はなんと31年もの年月をかけて海を漂流。
その後、およそ3000キロも離れた故郷・出雲の浜に奇跡的に流れつき、家族のもとへと届けられた...、という話です。


わたしは、このやしの実のラブレターについて、父から教えてもらいました。

というのは、ここでもひとつ驚いてしまう偶然があるのですが、このやしの実を流した男性(戦地フィリピンで亡くなった男性)のご家族が、父の友人なのです。

父の友人は、マキハラさんといいます。そのマキハラさんのお母さんの弟さんが、このやしの実を流したご本人なのだそうです。


終戦は1945年ですから、今から67年前のことなのですね。亡くなった方の魂が、ほんの少しでも癒されますように...。


++

NEC_0518 (1).JPG取材協力させてもらいました『日経 消費ウォッチャー』(2012年8月号)が届きました。

主に、企業のマーケティング担当者が読む専門誌だそうです。
「消費感度高い「手書き派」が増加中」と題して、筆記具や手帳業界の動向などがとても興味深くレポートされています。

手書き派か、デジタル派か。...ではなくて、両者を上手に使い分け、それぞれの「いいとこどり」をすることが大事ですね! とあらためて思いました。


今月の女子目線というコーナーで紹介されている、「ペットに月1万円以上かける女性が2割」の記事も、おもしろい~☆

ペットへの思いと男性との関係についての設問で、「カレとの選択を迫られたらペットを選ぶ」とした30・40代は30%強もいた・・・とのくだりに、決して他人事とは思えない可笑しみを覚えました・・・(笑)

 

++

shibudoku.JPG9月8日(土)15時~16時半、渋谷センター街入口にある大盛堂書店さんにて、拙著『大切なあの人へ ラブレターを書こう!』の出版記念トークイベントを行います。

入場無料! 事前のお申し込みが必要です。
詳しくはこちらをご覧ください~。 お電話(03-5784-4900)の他に、リンク先のサイトにある右上のフォームからも、お申し込みいただけます。

お会いできますのを楽しみにしています!!

 

 

 

 

 

 

ページTOPへもどる

2012年8月 6日 09:40

暑中お見舞い、申し上げます。『趣味の文具箱』vol23.掲載!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
暑中お見舞い、申し上げます。

読者さんから、こんなにキュートな手書きのハガキをいただいちゃいました!
NEC_0504.JPG泳ぐ金魚もスイスイと。すごく気持ちがいいイラストですよね。

右下に「ホントの秋」とあるのは、明日(8月7日)が二十四節気の「立秋」だからですね。まだまだ暑さは残りますが、これから少しずつ夏の終わりへと向かっていきます。

お会いしたことないけれど、すてきな女性なんでしょうね。長崎のNさん、ありがとうございます!!

 


++

NEC_0509.JPG同じく8月7日発売、『趣味の文具箱』vol23.(エイ出版社刊、1575円)が届きました。

NEC_0511.JPG特集「伝わる手紙」のところ、「実例満載!手紙名人のすてきな手紙」と題して、1ページ取材記事を掲載してもらいました。

お隣のページは、実業家の藤巻幸夫さんです。

ほかの人の手紙を見たり読んだりすると、とても参考になりますね。
いろんな工夫やアイデアがいっぱい! どれもすぐに真似したくなります。


万年筆の記事もあいかわらず読み応えたっぷりで、どうしましょー、困っちゃいますー。

オリンピックが終わってホッとひと息ついた頃に読むと、夏の夜のひそやかな楽しみになりそう! 
・・いえ、堂々と楽しんでいいんですが、ほんとに欲しくなっちゃうと思いますので、万年筆。(笑)

ぜひご覧ください~!

 


++

shibudoku.JPG9月8日(土)15時~16時半、渋谷センター街入口にある大盛堂書店さんにて、拙著『大切なあの人へ ラブレターを書こう!』の出版記念トークイベントを行います。

入場無料! 事前のお申し込みが必要です。
詳しくはこちらをご覧ください~。 お電話(03-5784-4900)の他に、リンク先のサイトにある右上のフォームからも、お申し込みいただけます。

お会いできますのを楽しみにしています!!

 


 

ページTOPへもどる
1
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました