プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

メディア掲載: 2012年6月アーカイブ

2012年6月 6日 15:28

最近のトピックいろいろ。近況報告です!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
お久しぶりです。6月に入り、そろそろ梅雨入りですね。最近、すっかり更新が止まってしまっていました。お元気でしたか。

ここのところ、お仕事にプライベートに、ちょっと心がせわしなく、なかなか手がまわらずにいました。
のぞきに来てくださっていた方、申し訳ないです。いつも、ありがとうございます!


近況を少しまとめてみます。

◆新刊発売! 

来月半ば、新刊本が発売になります。
タイトルは『大切なあの人へ ラブレターを書こう!』(原書房さん)

1冊まるまるラブレターの本です。
たーくさんラブレターを書きました。また、写真もいっぱい撮ってもらいました。

いろんなメーカーさんのレターセットなど手紙アイテムを取り寄せて、それぞれのラブレター&季節に合うものを選んで。

おかげで最近は、レターセットの表紙デザインを見ればだいたいメーカー名がわかるようになりました。便箋選手権とかあれば、たぶんいいセンまでいくはずです(笑)

今回の新刊も楽しみです!

写真をいくつかアップします。
今回はカラー印刷なので、どんな感じに仕上がるのかな。わくわくわく!

クラフトパンチ.jpg

夏アイテム.jpg

雨の日.JPGのサムネール画像

和紙.jpg

 

◆つづいて秋発売の新刊本の執筆に!

とても光栄なことに、秋にもう1冊、別の出版社さんから新刊本が出ます。
こちらは初めての、手書き・手紙・小冊子以外の分野の本なので、執筆のペースがなかなか上がらなくて、ちょっと苦戦中・・。

でも、がんばってます。楽しいです。

本を書かせてもらっていちばん感慨深く感じるのは、ちょっとではありますが、自分の成長を実感できることかもしれません。
おこがましいようですし、自分の未熟さに嫌気が差すこともしばしば。
が、わたしの場合、数年前に比べて、自分のことを書くのが怖くなくなりました。

というのは、わたしはもともとライターということもあり、人のことや情報について書くのは抵抗がないのですが、その反面、自分の考えていることや自分のことを書くことに対して、苦手意識が強かったんです。

「わたしはこう思う」と断言するのが怖くて・・。

要は、批判が怖かったり、嫌われたくないとか、そういうことなのですが、最近はそれがなくなったかな。

100%とはいきませんが、それでもだいぶ、ずぶとくなりました(笑)


 

tegaminokakikata.JPG◆「手紙の書き方」サイト、更新中!

デザインフィル ミドリカンパニーさんの「手紙の書き方」サイト。
毎月、コラム記事や特集記事を少しずつ更新しています。

6月は第3日曜日が父の日ですね。
お父さんに「ありがとう」と伝えるのは照れくさかったり、なかなか素直になれなかったり。
女子ならではの面倒な感情もつきものですが、手書きすると、意外とスムーズに書けるかもしれません。

そのぶんお父さんはきっと喜んでくれるはず。
娘からの手書きレターなんて、一生の宝物にしてくれるかも・・・?

 

◆6月16日『愛しの文房具』発売!
 http://www.amazon.co.jp/dp/4777923592

昨年春に発売されて大ヒットとなった女性向け文房具のムック『愛しの文房具』(エイ出版社刊)、もうすぐ第2弾が発売になります。

今回も数ページ、お手伝いさせてもらいました。
短い言葉で伝える伝心文。いろんなミニカード、小さなメッセージカードを集めて掲載しています。

あぁ、待ち遠しい! ご期待ください。

 

NEC_0373.JPG

◆6月1日配布号『BUN2』手書き特集!

文房具のフリーペーパー『BUN2』。今号は手書きの特集です。

都内なら、伊東屋さんとか丸善さん、有隣堂さんなどの、たぶんレジ横に置いてあります。
全国各地の配布場所はこちらからご確認ください。
 http://bun2net.jp/distribute/index.html

無料なので、うれしいですよね☆

拙著『すぐ書ける 心がホッとやわらぐ手紙と言葉』(新人物往来社刊)を読者プレゼントとして3冊、ご提供していますので、ひぜひ。


あぁ・・、やっとブログを更新できました。
これでホッとしました~!


 


ページTOPへもどる
1
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました