プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

手紙の話題あれこれの最近のブログ記事

2009年7月10日 16:08

季節を届けるコミュニケーション。夏の一筆箋いろいろ

こんにちは、いかがお過ごしですか。
だいぶ蒸し暑い日が続きますね。わたしは、家にいるときは、おそうめんばかり食べているように感じます。
通常のめんつゆバージョンのほかに、ゴマだれ、梅だれ、アボガド+トマトでサラダ風、鶏肉+きゅうりで中華風、キムチ+豚肉でピリカラ韓国風、納豆+卵でスタミナつけて・・。飽きないように、ほかにもまだまだ開拓中ですー。

 

natsuippitsu.JPG

さて、梅雨明けまでもうしばらくありそうですが、ここまで暑くなると、気分はすっかり夏!
今日は手元にある夏模様の一筆箋をいくつかご紹介します。

まずはこちら。左手前のさわやかなブルーの一筆箋は、むくげ(朝顔)柄。左上の涼しげな白の一筆箋は、スイカ柄と海模様の2種類が入っています。そして上と右の2つは和テイストのひまわり柄です。

夏に咲く花は大柄のものが多いような・・? ひまわりは、カラッとした夏の太陽によく似合います。

お仕事の場面だけでなく、毎日の暮らしの場面(お中元に添えたり、実家の家族に手紙を書いたり、メモ帳代わり・・)にも使いたくなりますね。


natsuippitsu2.JPGほかに、個性的なものも2つ。左は京都の友人が送ってきてくれた京都の大文字焼きの一筆箋と、右は沖縄出身の版画家、名嘉睦稔(ナカボクネン)さんの個展で購入した一筆箋です。

ボクネンさんの一筆箋は裏面全体に海を覗く版画がプリントされています。存在感がありますね。

daimonjiippitsu.JPGまた、京都の夏の代名詞=大文字焼きの一筆箋は、上質な和紙の質感もやわらかくて品がいい・・!

添えてくれていたメッセージを読んだら、思わず京都に遊びに行きたくなりました。

一筆箋からはじめる季節を届けるコミュニケーション。

四季のある日本にいるからこそできる、大人の遊びだと思います。

 
 

 

<7月のセミナー開催予定>

◆7/15(水)『お客様の記憶に残るアフターはがきの書き方』(株式会社リフォーム産業新聞社さま主催)
  http://www.the-reform.co.jp/2009tokyo_visitor.html

◆7/29(水)『ひと手間の「手紙」が、何倍もの仕事となって返ってくる!』(株式会社OCLさま主催) ←好評受付中☆
  http://www.ocl-abc.jp/seminar20090729.html

 

ページTOPへもどる

2009年7月 7日 19:43

七夕と書いて「たなばた」と読む由来・・&おすすめの手書き本!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
今日は七夕、満月、そして二十四節気の小暑(しょうしょ)。これからどんどん暑くなりますね。

 

さて、七夕といえば、織姫と彦星が1年に一度だけ会うことを許されたという星伝説が有名ですね。

手元にある歳時記の本や、しょっちゅう見に行くインターネットの「こよみのページ」を開いてみたら、実はこれ以外にもいくつかの行事や伝説が結びついて出来上がったものなのだとか。

たとえば、七夕と書いて「たなばた」と読むようになった由来は、先祖の霊を祭るため機織りをして織りあがった布を先祖の霊に捧げる日本古来の行事において、布を織る女性を「棚織女(たなばたつめ)」と呼んだことからきているといいます。(上記サイトより)

各地で七夕ライトダウンも行われるようです。

満月ですし。お天気もなんとかもちそうですし。

素敵な夜になりますように・・。

**


そして、ひとつご紹介です!
517UNALSHsL__SL500_AA240_.jpgお世話になっている出村邦彦さんが新刊本を上梓されました。本日夜10時からアマゾンキャンペーンがあります。 

『だから儲かった手書きチラシ作成術 トラの巻』(ハギジン出版 1365円)

手書きつながり! 一足早く原稿を読ませていただいたところ・・、しびれました。やっぱり手書きはすばらしい。わたしにとっては、ど真ん中で響きました。

わたしは、今はもう吹っ切れていますが、以前はハガキを書いていて、ふと「本当に続けていていいのかな?」「ちゃんと相手の心に届いているのかな?」などと後ろ向きな気持ちで気にしてしまうことがありました。

中には、一筆箋やハガキを書きはじめたものの、なんとなく惰性になって、やめたくなったことのある方もいらっしゃるでしょう。

でも、この本を読むと、手書きのよさをあらためて実感できます。むしろ、手書きしないことのほうがもったいなくなります。(笑)

「チラシまでは考えていない」「チラシをつくる必要はない」という方も、日ごろ、ハガキや一筆箋を楽しんでいる方はぜひ! このブログを見にきてくださっているあなたなら、きっと気に入ると思います。


書籍の中で、とりわけ響いたフレーズを3つご紹介します。

―私が今まで伝えてきたことや、この本で伝えたいことの根っこにあるのは、「情報や想いを伝えるとき、受け取る相手も心や想いを持つ人である」ということだ。

―手書きと活字の違いがここにあると思う。活字は一度しか読まないが、手書きの賀状は二度読む。これはもしかしたら、手作りのお弁当と、買ってきた弁当の差ほどしかないのかもしれない。が、この差が大きい。

―相手に熱い想いを本気で伝えるとき、自分が恥ずかしいくらいの想いをぶつけて、相手にほどよく伝わるのではないだろうか。

 

ページTOPへもどる

2009年7月 4日 19:33

「一筆添える」ミニ勉強会のお声をご紹介します。

こんにちは、いかがお過ごしですか。
夏野菜がだいぶ安くなってきましたね。ラタトゥユと野菜のピクルスをたくさんつくりました。白ワインがすすみそう~(笑)

 

さて先日、神奈川にあるガス会社さんで、『一筆添える』ミニセミナーを開催させていただきました。
当日は、午前・午後の部ともに、30名弱の社員さんにお集まりいただき、楽しい時間を過ごしました。

こちらの会社では、メッセージカードといって、ガス検針時に不在のお客様宅に残しておく(郵便受けに入れておく)カードを多用しています。

日ごろ、ルーチン(なんとなく)になりがちなメッセージカードの記入も、いくつかのポイントを意識することによって、お客さまの心をつかむ、また自分で書いて楽しいものに変わります。

こんなお声をいただきました。うれしかったので、たくさんご紹介させてください~

koe_kanajyu1.jpg

koe_kanajyu2.jpg

koe_kanajyu3.jpg

koe_kanajyu4.jpg

koe_kanajyu5.jpg

koe_kanajyu6.jpg

koe_kanajyu7.jpg

koe_kanajyu8.jpg

koe_kanajyu9.jpg

koe_kanajyu10.jpg

もちろん反省点もたくさんあるわけですが、以前に比べれば、セミナー参加者に喜んでいただく方法(=「楽しかった!」「すぐ実践します!」などと言っていただける方法)を、だいぶつかんできたような・・?

ポイントは文章を書くときと同じだなぁ、と思います。
文章を書くときと同じように話せばいいんだ、と思ったら、すごく気がラクになりました。

いずれ、そんなこともブログでご紹介させていただけましたら・・♪

 

ページTOPへもどる

2009年7月 3日 09:56

お中元のお礼状を書きました!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
ジメジメ、ムシムシ・・。梅雨明けまであと二週間ほど? 体調に気をつけて、元気に過ごしたいものですね。

さて、7月といえば、お中元の季節でもあります。お世話になっている方からお中元が届いたら・・? そこはやはり手書きでお礼状を返したいですね。

理想を言えば、届いたらすぐにお礼の電話をかけて、その後ハガキをお送りするのがいちばんスマートなのだろうと思います。

 ・・・というわけで。

orei_ochugen1.JPG昨日、さっそくいただいたお中元のお礼に、短い電話をかけた後、写真のハガキを書きました。

前回の投稿でご紹介した授産品のハガキです。手漉きの紙ならでは。ざらっとした風合いで、インクがにじみます。
ハガキそのものに存在感があるので、もう少し言葉数を減らすほうがよかったかも・・?

日ごろ、頻繁にやりとりしている方なので、くだけた感じで書きましたが、相手との関係性によって、そのつど言葉を選ぶ必要はありますね。

 

orei_ochugen.JPGお中元に限らず、だれかから何かしらの好意を寄せていただいたとき、日ごろのあわただしさにかまけてついお礼を言うタイミングを逃してしまうことがあります。

わたし自身、反省することもしばしばですから、えらそうなことは言えません・・

とはいえ、そこはやはり、すぐにお礼を言える人でありたいなぁ、と思います。

ハガキでお礼状を送る場合は、手書きしましょう。会社でパソコンでつくって送るときにも、余白に手書きでひと言、メッセージを添えましょう。

その際、相手の顔を思い浮かべながら書くと、ペンを動かす手が軽やかになりますよ。

**

hagi.JPG orei_kenpon.JPGこちらは、一緒に書いた別のハガキ、書籍献本のお礼状です。

相手の方のお名前が「萩原さん」なので、「萩」の切手を貼りました。

小さなこだわり。でも、普通切手よりダンゼンいいですよね!

 

ページTOPへもどる

2009年6月28日 09:40

友人の書籍で紹介していただきました!&暑中見舞い状の準備を・・

こんにちは、いかがお過ごしですか。
梅雨とはいえ、こう何日も続いてカラッとした晴れ模様がつづくと、梅雨が明けたの?と勘違いしてしまいそうですね。

夕べは、父と姪っ子とわたしの3人でカラオケに。1週間遅れの父の日でした☆

 

9wari.JPGさて、友人の菊原智明さんが最近上梓したばかりの新刊本『購買の9割は女性が握っている!』(学習研究社)の中で、拙著『できる大人の"一筆添える"技術』とわたしのことを紹介していただきました。

こちらは女性客の頃をつかむ「ひとこと」カード(ハガキ)活用術の本です。特に、女性向けのビジネスを行っている方におすすめ。ぜひお手にとってみてくださいませ!

紹介していただいたところの一部を以下に引用すると・・

**

むらかみさんはいつも定期的にカードを送ってくださいます。友だちの漫画家さんに頼んで描いてもらった漫画が毎回とてもすてきなものです。

どうしてカードなのですか?とうかがったら、
「ハガキならスタンプを貼ったり、イラストがあると宛名を書くとあとはスペースが残らないですよね。だから、1行書けばいい。それなら気楽にできそうじゃないですか」とおっしゃっていました。

「カードは成約のための道具というよりは、じわじわ相手の心のなかにしみこんでいくもの」という言葉がとても印象的でした。

**

わたしがいつもお送りしているカードは、こちらです。

cardiroiro.JPG友人の漫画家さんに季節ごとにいろんな絵柄を描いてもらい、印刷して、その時期に合うようにお送りしているのです。

拙著『できる大人の"一筆添える"技術』の中でもご紹介しているとおり、ネット印刷通販のプリントパックさんだと、100枚両面カラー印刷で3300円くらいです。用紙代込みで、印刷費1枚あたり33円~。安いですよね。

オリジナルで作成する際には、デザイナーさんの力が必要になりますが、ネットで著作権フリーの無料画像を見つけて印刷して使う方法もありますね。それなら比較的、カンタンにできそうです。

梅雨が明ければ、暑中見舞い状の季節です。手書きのひと言は最高のコミュニケーションツール!

今年はぜひ、お世話になっている方に宛てて、暑中見舞い状をしたためてみませんか。

 

 

ページTOPへもどる
前の5件  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました