プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

手紙の話題あれこれの最近のブログ記事

2013年9月27日 09:42

「手紙は手書きで」若い世代で増加のニュースと、堺市の一筆箋。

こんにちは、いかがお過ごしですか。
空が青く澄み渡り、さわやかなお天気です。

先日、文化庁が「国語に関する世論調査」の調査結果を発表しました。
それによると、「手紙の伝統的な書式を守り、手書きをするべきだと考える人が、10代から30代の若い世代ほど増えていることがわかった」とのこと。


テレビでも取り上げられていたようですね!
わたしは気付かなかったのですが、知人が、「むらかみさんの書籍が書店に並んでいるところが、テレビに映っていたよ~」と教えてくれました。

わたしの元へは、昨日2件、新聞社さんから取材の依頼がありました。
つい先日は、テレビ局から取材の依頼がありました。

いい風を感じています!


++

一筆箋_カバー.jpg
おかげさまで、拙著も好評です。
先月出たばかりの監修書『あなたの人生を変える一筆箋活用術』(自由国民社)も、発売1か月で4刷となりました。

コミュニケーションツールの中心がパソコンや携帯電話になった今、手書きの手紙の価値が見直されています。
「わざわざ自分のために手紙を書いてくれた」という驚きが、「気がきく人」「ていねいな人」「仕事ができる人」といった評価や信頼につながるんですね。

お手にとっていただけたら、心からうれしく思います。


++

NEC_1052.JPG
一筆箋つながりで、大阪の堺市にある紙cafe さんが、堺市の一筆箋を送ってくださいました。

街おこしの一環で、一筆箋をつくっているのだそうです。

京都のお寺など、いわゆる観光名所がお土産用に販売している一筆箋はいくつもありますが、街おこしの一環で街の名所をモチーフにしている一筆箋は、はじめて見ました。

わたしは、こういうの、すごく好きです。
堺市にご縁のある方、問い合わせてみてはいかがでしょう~。





ページTOPへもどる

2013年8月27日 18:37

神戸の風景印など。そして、赤崎水曜日郵便局は必見です!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
朝晩は急に秋めいて感じられるようになりました。


おかげさまで、新刊本2冊『あなたの人生を変える一筆箋活用術』『できる大人のひとこと手紙』、ともに好評発売中です。

ご興味がありましたら、ぜひぜひ!
お手にとってみていただけたら、とってもうれしく思います。


以下、細切れな話題になりますが...

NEC_1012.JPG
手紙モノを見ると、つい反応してしまいます。
文房具屋さんで見つけた、手紙柄と鉛筆柄の手ぬぐい、濱文様さんのものです。

こういうのを見つけると、「やった!」とガッツポーズしたくなります。(*^^)v

洗ってしまうのがもったいないので、とうぶんは使わずに、一筆箋&レターセットたちと一緒に保管しておきます。


++

NEC_1013.JPG
先日、神戸に旅行した際、神戸中央郵便局で捺してもらった風景印です。
自宅あてに送っていたものが届きました。

港町らしく、海に浮かぶフェリーと異人館と神戸ポートタワーと錨マークと六甲山? 

風景印はすべての郵便局で扱っているわけではないため、事前にウェブサイト等で確認することをおすすめします。

窓口で、「風景印を捺してください」とお願いすると、捺してもらえます。


++

こちらはぜひチェックしていただきたい、赤崎水曜日郵便局。

suiyoubipost.jpg
熊本県内の美術館が主催して行っているアートプロジェクトです。
内容は、わたしが説明するより、サイトをご覧いただくほうが早いですよね!

が、、、
残念ながら、わたしはまだ見ていないんです。ウェブサイトも水曜日しか見られないんです。。これまで何度、見逃してきたことか。。。

明日(28日)こそ、絶対に見るのだー!!





ページTOPへもどる

2013年7月23日 11:28

映画『パリ猫ディノの夜』と、書くことについてひとりごと。

こんにちは、いかがお過ごしですか。

先日、映画『パリ猫ディノの夜』を観に行きました。

paris.jpg
この映画を配給している会社の社長さんとご縁があって観に行ったのですが、そういう「きっかけ」をいただいたことに感謝、感謝! 正直なところ、そうでなければ、なかなか足が向かなかったと思いますので。

パリを舞台に描かれている、ちょっとハラハラ、ちょっとウルウルする、おしゃれでチャーミングな映画でした。

アニメが好きとか苦手とかに関係なく、観終わった後にまわりの人に「観てみてー!」と口コミしたくなると同時に、数多くの映画が公開されている中、この映画を観る選択をした自分をちょっと誇らしく感じるかもしれません?!

デートにもおすすめです♪


++

3月から執筆にかかっていた書籍が、昨日、印刷所に入りました。
約4か月間、頭の中の大部分をしめていたものが、ようやくカタチになろうとしています。今回もまた、編集者さんにたくさんたくさんお世話になりました。


本を書いているときはいつも、不安と緊張と充実の繰り返しです。
すごくネガティブな波にのまれてしまうときもありますし、書くことが楽しくてたまらなくて、「あぁ、これだ。これでわたしは生きているんだ!」と感じるくらいの充実感を味わうときもあります。

そういう心のサイクル/波をしっかりととらえ、懸命にもがきながらも、冷静に自分を客観視しながら泳いでいける人になりたいなぁ。

道のりはまだまだ・・・・だなぁ。

そして、これは、そっくりそのまま「よい文章」にもあてはまることだと思います。



もうすぐ発売になる2冊の書籍カヴァーです。

どちらもすっごくお気に入りです!!

一筆箋_カバー.jpg

tegami_coverill02.jpg








ページTOPへもどる

2013年7月 3日 12:36

最近のレターセットのことと、一筆箋ムック本の撮影。

こんにちは、いかがお過ごしですか。

ちょっとまた更新期間が空いてしまいました。
その間、8月出版の本の校正にみっちりとりかかっていたほか、文房具の展示会/ISOTにも行ってきましたよ~!


ISOTとは、「国際」文具・紙製品展のこと。
文房具や紙にまつわる商品・サービスを提供している会社の多くが出展しているため、毎年このISOTに行くと、文房具業界の流れがなんとなく見えてくる......といいますか、(外野で眺めている限りは)お祭り的な雰囲気もあります。。

とにかく人が多いので、人酔いしてしまうのがナンですが、いろんな商品が見られるという点で楽しい展示会です。


紙製品(中でも、レターアイテム)についていえば、どんどんギフト化していると感じました。
紙を送ること自体がプレゼント。「送る」というよりは「贈る」という感覚ですね。

どこのメーカーさんも紙質を追求し、デザインはどんどんファッショナブルに。
香りが付いていたり、ボタンを押すと音楽が流れたり、飛び出すタイプの立体型のカードだったり...の特殊なものも普通に目にするようになりました。

高級なものも増えています。
ちょっとおしゃれなレターセット(カードや便箋と封筒)になると、1セットで400円とか500円とか。
切手を貼れば、500円オーバーですから、まさにちょっとしたギフトですね。


レターセットがどんどんオシャレになる中、切手もそれに合うものが出てほしいと願っています。

ブルーのグラデーションも美しい~! 

これは特別なときにも大いに使えますね!
 


++

NEC_0952.JPG
もうすぐ一筆箋のムック本が発売になります。

掲載する写真を、東京・馬喰町のオシャレなカフェをお借りして、撮影しました。


馬喰町は、住所でいうと、東京都中央区日本橋馬喰町になるんですね。
ちょっと歩くと、いま大注目のエリア/カチクラにたどり着きます。

カチクラとは、台東区南部の御徒町・蔵前・浅草橋周辺のエリアのことをいいます。
いクリエイターさんをはじめ、個性的な人やお店がたくさん集まっています。



お散歩に最高のエリアですね!!








ページTOPへもどる

2013年2月 4日 09:12

「心に残る!年賀状コンテスト」の審査員を&「MYLOHAS」サイト掲載。

こんにちは、いかがお過ごしですか。

今日(2月4日)は、立春です。
そういえば先日、美容院に行ったとき、ロウバイとネコヤナギが飾られていましたっけ。そろそろ梅の花のつぼみが開く頃ですね。



nenngacontest.jpg
大阪の株式会社アイデア工房さんが主催する、「心に届け!年賀状コンテスト」、今年から審査員を務めています。
 
しかも、なんと! 審査員長の大役を仰せつかり、ちょっと汗をかいています‥。

一次選考で残った作品が70くらい。
それを1つずつ、「メッセージ性」「独創性」「デザイン性」「インパクト」「筆跡」の5項目にわたり、点数をつけ、コメントも添えます。

最終的に、審査員長賞も決めさせてもらいます。



どれも力作ぞろいで、すごいですよね!!


素敵な作品ばかりで点数をつけるのがはばかれますが、そのぶん、ちゃんとひとつひとつ真剣に見ています。

いろんな機会をいただき、ありがたい限りです。



**

chocoday.jpg
「生き方キレイ」をコーディネートというコンセプトのウェブサイト「MY LOHAS」さんにて、バレンタインデー×手書きのひと言の幸せな関係について、取材していただきました。

 
かっこいいサイトですね。ついいろいろクリックしちゃいました!













ページTOPへもどる
前の5件  |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました