プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

手紙の話題あれこれ: 2009年2月アーカイブ

2009年2月27日 14:54

手書き文字の味わいを知る

こんにちは、いかがお過ごしですか。

こちらは、窓の外は大雪です。車の方はタイヘンタイヘン。早くやむといいけれど・・

 

さて、気のせいでなければいいのですが、最近、手書きブームがきているように感じませんか。

文房具屋さんに行くと、春模様の便箋・一筆箋・ハガキがたくさん! 春は人事異動や引越しも時期でもありますから、手書きで一筆書く機会が増えますものね。 

唯一、定期購読している季刊誌『銀花』の今季号も、手紙の特集でした。
ginka.JPG「心歌え、手紙に歌え」。なんと全75ページにも及ぶ大特集で、絵手紙をつくったという小池邦夫さんの手紙や、手紙の達人として知られる永六輔さん、黛まどかさん、他にも片岡鶴太郎さんや女優の八千草薫さんなど、作家・俳優・タレント・イラストレター・漫画家さん・・・の書いたハガキが一挙公開されています。

あんまり若い方のものは載っていませんが、、、^^;

眺めていると、手書き文字には「ただ手書きである」というだけで「味わい」があるものだなぁ、とあらためて思います。

字の上手(うまい)・下手(へた)は関係ないんですよね。

ginka2.JPGわたし自身、いつも思うことですが、人は、美しく整った文字に感動するのではなく、味わいのある字・なんとなく個性的で「その人らしいなぁ」と感じる文字を見たときに、「うわぁ、いいなぁ」と思うものだと思います。

では、「味わいのある文字」「自分らしい文字」を書くにはどうすれば? 気を張ることなく、自然体で、のびやかに書くのがいちばん。ちょっとの書き間違いを気にする必要はありません。

たとえ勢いあまって書き間違ってしまったとしても、それも 「あらら、せっかちな人なのかしら?(笑)」 という「らしさ」につながるように思います。

  

人気ブログランキングへ  ランキングに参加しています。応援してくださ~い。

ページTOPへもどる

2009年2月24日 09:16

書き損じたハガキや切手を・・

こんにちは、いかがお過ごしですか。

気づいてみれば、もう2月の最終週なのですね。月末近し。今月はなんだか「あっという間」です。

 

kifu.JPGさて、先日、町内会の看板で、書き損じのハガキを集めてネパールの小学校建設資金として寄付しましたという張り紙を見ました。その額、1年間でおよそ300万円強! 

市内の慈善団体が行っているものですが、300万円分といえば、郵便ハガキ(50円)が6万枚分です。ずいぶんたくさんになるのですね。ビックリしました。

わたし自身は、まだこうした方法で寄付に協力したことはないのですが、地元でこういう活動をやっているところがあると知れたのはよかったかな。

個人だとなかなか枚数がたまりませんが、ハガキと同様に使わなかった切手についても回収しているところが多いため、日ごろ、発送業務が多い企業であれば、場合によっては、けっこうな枚数になるかもしれませんね。
いろんな団体が行っているようですから、いちど調べてみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに、書き損じた郵便ハガキや切手は、郵便局に持っていくと、手数料として1枚(50円)につき5円引いた45円分のハガキや切手と交換してもらえます。

※くわしくは、こちら。
 http://search.post.japanpost.jp/question/kitte_hagaki/index.html

 

わたしは、いったん貼ったもののやっぱり出さなかった手紙の切手は、自分宛ての返信用封筒に貼ることが多いです。自分宛てに送る手紙なら、写真のように、台紙がついたままの切手を貼っても、相手に失礼にはなりませんものね。

furukitte.JPG機会がありましたら、ぜひ!

 

人気ブログランキングへ  ランキングに参加しています。応援してくださ~い。

ページTOPへもどる

2009年2月18日 13:00

万年筆にまつわるハートウォーミングストーリー

こんにちは、いかがお過ごしですか。

三寒四温。寒さと暖かさを繰り返しつつ、日に日に春に近づいているようですね。もうすぐ春が来るのかな~。

 

さて、友人から、万年筆にまつわる心温まるエピソードを聞きました。

その友人は先日、お母様から、「お仕事で1つがんばったご褒美」に万年筆をプレゼントしていただいたのだとか。

二人でデパートの万年筆売り場に足を運んだときのこと、「どの万年筆を買う?」となったときに、たまたま目にとまったのが、ペリカン社の万年筆。その場で一目惚れして買い求めた後、持ち帰ってじっくり見つめているときに気づいたのが、ペリカン社のトレードマーク。

このマークって、お母さんペリカンが赤ちゃんペリカンにエサをあげているところなんですね。

m40d_small.jpgヨーロッパでは母子愛の象徴としても知られていると言います。狙ったわけではないけれど、母から子へのプレゼントとして、無意識のうちに、とても意味のあるものを選んでいたというわけです。

 <画像、御借りしました。m(__)m>

 

さらに話を聞いたところ、今回、万年筆をプレゼントしてくれたお母様は、以前に、今はもう亡くなってしまったご主人(友人のお父様)から、同じデパートの同じ売り場で、同じように万年筆をプレゼントしてもらったことがあるのだとか。

今、その友人には小学生のお子さんが2人います。何年か後、また何十年か経った後、きっとその友人は、今度は自分の子どもたちに、同じように万年筆をプレゼントするのでしょうね。

そんなことを想っていたら、なんだか胸がジーンとしてしまいました。

万年筆って、思い出になる道具ですね。

 

**

こちらは私物です。ペリカン社の特別生産品、世界の都市シリーズ「マドリッド」。

わたしはこの1本で、万年筆ワールドに足を踏み入れようと思いました。 ・・という意味では、わたしにとっても思い出の1本かぁ。買って4年経ちますが、今も、大のお気に入り。ほぼ毎日使っています。

pelikan.JPG

ページTOPへもどる

2009年2月11日 15:05

ハガキを続けるための気分転換法

こんにちは、いかがお過ごしですか。今日は祝日、建国記念日です。

わたしの母はウォーキングが好きで、友人と一緒に都内の観光名所をよくぶらりと歩いているのですが、先日は皇居東御苑に行ってきたそうで、そこがすごくよかったと教えてくれました。ちょうど梅の花が見頃で、とてもいいお散歩コースだったとか。

皇居周辺は、これからの季節、桜もすごいですよね。今年はたくさんお花見したいなぁ。晴れ晴れとした気分でお花見できるといいなぁ・・・、と思います。

 

さて、こちらはたしか2年前、友人から届いた満開の桜の花のポストカードです。あまりに美しかったから、フレームに入れて壁に飾っているんです。

sakura.JPG

フレームは近所の手芸屋さんで300円くらい。いちばんシンプルなものですが、こうしていただいたポストカードを目に留まるところに飾っておく。すると、自分が見て楽しめるだけでなく、相手にも、「えー! そんなに気に入ってくれたの?!」と喜んでもらえますね。


もうひとつ。こちらはギャグ系! ランチェスターの方からいただきました。さすが・・(笑)

kampo.jpgたしかに・・(笑)

気長に、あせらず、コツコツと! いちばんむずかしいことですが、だからこそ、じわじわと効いてくるんですよね。

ちなみに、ここで焦って「売り込み」を臭わせる文言を書くと、いっぺんに台無しになってしまいます。ハガキは送ること自体がサプライズ。ひとこと添えて送るだけでじゅうぶんだからこそ、売り込みは厳禁。

ときに、ハッとするほど美しいハガキやギャグ系(笑)ハガキを織り交ぜつつ、気分転換しながら続けていけたらいいですね。
 

人気ブログランキングへ  ランキングに参加しています。応援してくださ~い。

ページTOPへもどる

2009年2月 8日 14:29

バレンタインデーに手紙を送る?

こんにちは。いかがお過ごしですか。

今週末はバレンタインデー☆ 楽しみですか? 楽しみですね? 楽しみたいですね!(笑)

 

さて、先日のYahoo!ニュースで、「バレンタインデーにほしいもの」という記事の中でそそられること(笑)が書いてありました。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090205-00000016-oric-ent

男性の本音。ほしいもの1位の【愛情/気持ち】はいいとして、なんと2位が【手紙/メッセージカード】・・! その理由として、「相手の気持ちを形に残せるので」(大分県/20代)などのように、品物より愛情をあらわす行動や言葉のほうが望まれているんだとか。

そうかぁ・・。男性って、女性から手紙をもらうと、そんなにうれしいものなんですね。正直、意外でした。

女性のみなさん。もしハガキを送るなら、こちらの切手を貼るのがおすすめです。 ハートマークが可愛いですよね! 50円の慶事用切手。普通切手の一種なので、たいていどこの郵便局でも売っていますよ。
50.JPGこちらはモンブラン社のラブレターインク。紅色のインクで、ほんのり甘いバラの香りがするんです。いつもは使いにくいインクですが、こういうときなら、躊躇なく使えそう・・


2.14.JPGとはいえ。。

わたしはといえば、プライベートでは、相手から「書いて!」と言われない限り、書かないんです。@だからか・・(絶句・笑)

あ、でも、お仕事がらみでは、当社のお客様に毎年、オリジナルポストカードにひと言メッセージを添えて、100枚以上、送っているんですよ。今年も、たくさん、書きまくりまーす!

  

人気ブログランキングへ  ランキングに参加しています。応援してくださ~い!

ページTOPへもどる
1  |  2  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました