プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

手書きすることあれこれ: 2013年2月アーカイブ

2013年2月18日 17:22

心に残る!年賀状コンテスト、審査結果発表☆


こんにちは、いかがお過ごしですか。
まだまだ寒い日が続きます。そろそろ春の日差しが本格的に待ち遠しいですね。

知人からのメールに、週末中、スーパーでグリーンピースが売られているのを目にして、急きょ、豆ごはんを作ったとありました。

そういう「旬のもの」に感度が高い人って、すてきですー。
メールを読んでるそばから、わたしも作りたく&食べたくなりました。何気ないことですけど。

でも、自分の気分がゴキゲンになったり、まわりの人をホッとさせたりすることって、そういう何気ないことばかりなんですよね。実際のところ。


++

大阪のデザイン事務所/アイデア工房さんが主宰する「心に残る!年賀状コンテスト」。

第6回となる今年、わたしは審査員長という大役を仰せつかり、緊張しつつ採点などさせていただきました。




kokoronennga1.jpg
このコンテストは、主催者の「筆跡を残す支援活動をしていきたい」という想いから、スタートしたといいます。

写真やイラストにより強いメッセージ性を打ち出す作品・年賀状も多くありますが、そこに直筆の文字が加わると、より人柄が感じられて、人間的になりますね。


よいところも、そうでないところも、美しいものも、何気ないものも、クセも、しみやにじみも、すべて含めて「味わい」であり、「その人らしさ」。

わたし自身は、描き手/作り手の人柄が全面に感じられる作品が、特に好きです。


「すごいなー」「すてきだなー」とため息がでる力作ばかり!!

ぜひご覧くださ~い。

そして、来年、ご応募くださ~い!














ページTOPへもどる

2013年2月12日 13:56

バレンタインデー/J-WAVE  朝の番組「I A.M.」に出演します。

こんにちは、いかがお過ごしですか。
だいぶ肌寒い日がつづきますね。


NEC_0782.JPG
2月14日(木)はバレンタインデー!

J-WAVEの朝の番組「I A.M.」に出演します。

テーマは、バレンタインデーに添えるひと言メッセージ。

時刻は9時15分~、5分くらいです。

聴いていただけたら、うれしいです!



++


今年はバレンタインデーが平日なので、職場でチョコレートを渡す人も多いでしょうか。

手書きのメッセージを添えるときのポイントは、長文を書こうとしないこと。

書きたいことがたくさんあるときはもちろん書けばいいのですが、はじめから「たくさん書かなければいけない」と思うと、気おくれして、ペンを持つ手がすすまなくなります。


NEC_0781.JPG
短い言葉でじゅうぶん。
たったひと言「いつもありがとう」だけでも立派なメッセージ。

日ごろはなかなか声に出して言えない感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。



<バレンタインデーの文例・オフィス編>

◆お世話になっている上司へ

 いつもお力添えをありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

 *「遅くまでおつかれさまです」などのねぎらいの言葉も◎。


◆いつも相談にのってくれる先輩へ

 おつかれさまです。〇〇さんの下で仕事ができて、うれしいです。わたしもがんばります。


◆自分の仕事を手伝ってくれる後輩へ

 いつもフォローしてくれて、ありがとう。これからもよろしくね。

 *「フォローしてくれて」のほかに「がんばってくれて」「助けてくれて」なども◎。


◆取引先へ

 いつも感謝しています。◇◇の件、がんばりますのでよろしくお願いいたします。

 *さりげなく気合いのひと言を添えることで、仕事に対する意欲をアピールできます。


◆義理チョコ

 義理チョコです(笑) けど、美味しいから食べてくださいね!

 *ヘンな誤解を避けるために「義理です!」と強調。そのうえで「いつもお世話になっているお礼です」と添えると好印象!







ページTOPへもどる
1
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました