プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

手書きすることあれこれ: 2009年12月アーカイブ

2009年12月28日 16:00

お年玉に一筆添えるおすすめ&年末のご挨拶。

こんにちは、いかがお過ごしですか。
なんだかんだで、あわただしいですね。今年最後の月曜日。あと4つ寝るとお正月。今年はどんな一年でしたか。

年賀状のことはもう忘れたい、、という方も多いかもしれませんね。ちょっと気分を変えて、年始に、ぜひおすすめしたいことがあります。

お子さんにお年玉を渡すときに、一筆添えてみませんか。
子どもたちにお金をあげる大事な場面。しかも、お正月、一年の始まりですから、日頃は声に出して伝えにくいことや励ましの言葉など、書きたい言葉はきっとたくさん見つかると思います。

わたしは2年前から、甥っ子姪っ子たちにお年玉を渡すとき、メッセージを添えています。
やはり、ほんの5~6行程度。たいしたことを書くわけではありませんが、お正月というトクベツな時期だからこそ、子どもたちにとっても心に記することがあるようです。

先日、姪っ子と一緒に映画を観に行ったとき、なにげなく姪っ子のお財布を目にしたら、中に、今年の年始に姪っ子に宛てて書いた一筆メッセージが入っているのを見つけました。と~っても、うれしかったですよ。

お金と一緒に受け取るわけですから、日頃はやんちゃな子どもたちも必ず手にとって目を通してくれます(笑)。

otosidama.JPG今の時期、いろいろな絵柄のポチ袋が出回っています。
ミニサイズの封筒とセットになった一筆箋やミニカードもたくさん見かけます。男の子向け、女の子向けと絵柄を替えてみるのも楽しいですね。

一年の計は元旦にあり。ぜひ試してみてください。

**

さて、今年も1年お付き合いくださって、ありがとうございました!
今年は2冊の書籍出版をはじめ、新聞・雑誌・テレビ・ラジオといろいろなメディアにも取り上げていただき、充実した1年でした。

来年はより楽しく、自分らしく、目の前のことに1つずつ取り組んでいきたいです。

ご自愛のうえ、どうかよいお年をお迎えくださいませ。2010年が、みなさまにとって、幸多き1年になりますように。 感謝。

 

 

ページTOPへもどる

2009年12月18日 13:27

なぜ今、手書きが見直されつつあるの?&『からだにいいこと』4ページ掲載!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
今日はとても良いお天気。風が肌に冷たく、寒いですが、こういう冬らしいお天気の日は、どこか大切に思いますね。

さて、ここのところ、「手書き」が見直されつつあるようですね。
年賀状シーズンだからかな、とも思っていたのですが、先日、読売新聞さんから取材を受けていた際にも、「なぜ今、手書きが見直されていると思いますか?」という質問を受けました。 


むずかしい質問ですね。ざっくり申し上げて、メール・携帯の反動なのだと思います。
メール・携帯が全盛の今だからこそ、手書きの温かみが見直されるのでしょう。

時や場所を選ばず手軽に送れるメールはとても便利ですが、手軽なだけに、思いや印象は薄くなってしまいがちです。
その点、手書きは、珍しさも手伝って、ほんの数行でも、相手に喜び、感謝していただけます。
「自分ためにわざわざ「ひと手間」かけてくれたんだ」という喜びが、相手の心をホッとやわらげ、親しみや信頼につながるのです。


また、文字を手書きするという行為そのものに、集中力を高めたり、精神安定の効果がありますから、そういう意味でいえば、ストレスフルな現代社会から生み出されたものともいえるのでしょうか。

数年前から書籍『えんぴつで奥の細道』に代表される「えんぴつでなぞる」シリーズが大ヒットし、書道や写経が注目を集めています。


テレビ、新聞、雑誌などのメディアに取り上げてもらえれば、これまで興味のなかった人にまで注目してもらえますから、この「見直し」の流れは本当に大歓迎! メディア関係のみなさん、どうぞ、よろしくお願いいたします~!

**

karadaniii.JPG16日発売の月刊『からだにいいこと』(祥伝社刊)に、取材&掲載していただきました。ありがとうございます!

タイトルは、「'一筆添える技術'で、今年はできる女になる」。とてもわかりやすく、読みやすく書いていただきました。4ページ掲載、手書きの事例も恥ずかしいくらいに大きく載っています。ぜひ書店で手にとってみてください&お求めくださいませ。

karadaniiikoto.JPG日頃、あまり健康系の雑誌は読まないのですが、この雑誌は「脳」や「心」にもよいことがたくさん載っていて、とてもおもしろいです。真っ赤な表紙も目立ちますね。
 
巻頭企画は「年末年始の腹太り解消 「腹肉だけ」落とすプロの技」。外食がつづく今の時期、読んでいて、耳が(目が?)痛かったデス。。ふぅ、運動もしなきゃ!

 

 

 

ページTOPへもどる

2009年12月15日 15:58

テレビのインタビュー収録を終えて&『週刊教育資料』さん掲載。

こんにちは、いかがお過ごしですか。
昨日の投稿にたくさんコメントくださって、ありがとうございます!

先ほど、日本テレビ『おもいきりDON!』の放映が終わりました。ちょこっとだけでした(笑) 

テーマは年賀状に一筆添えるメッセージ。とりわけ、疎遠になっている方(親戚、友人、仕事関係の知り合いなど)に送る際になんと書き添えればいいか、が中心でした。

毎年(しかも何年、何十年も)お会いしていない方に宛てて、「今年こそ再会したいですね!」などと書くのは、もちろん本心でそう思っているならいいのですが、実際のところ、社交辞令のこともありますよね。すると、結果的に、自分も、相手も、心苦しくなりますし・・

ケースバイケースで、「これが正解!」というものはないですが、しいてあげるなら、「よい1年になりますように」「お互い、体に気をつけましょう」などが書きやすいでしょうか。

 

インタビュー収録では、反省点ばかりが残ってしまいました。上手にリアクションをとったり、頭の回転を早くするにはどうすればいいんでしょう・・? んん、、場慣れするしかないのかな。。

それにしても、テレビ局の方はたいへん・たいへん。いつ寝ていらっしゃるんだろう・・? 

クリスマスカードの発送準備がおぼつかなく、かなりプレッシャーを感じつつあるのですが、昨日の、嵐のような出演打診→決定→準備→収録を思うと、そんなこと言っていられないのかな。気を引き締めて、でもゆるゆると、すすんでいきたいです。


**
kyouikushiryo.jpg『週刊教育資料』さんにて、取材&掲載していただきました。教育の現場にいる方々、主に小学校や中学校の校長先生が読んでいる業界誌だそうです。ありがとうございます!

お子さんが通う学校の運動会や遠足などのお知らせに、担任の先生による手書きのメッセージが添えてあったら・・? きっと、すごくうれしいでしょうね。

kyouikuhyoushi.JPG交換ノートなど、いろんな方法でコミュニケーションをとっている方もいらっしゃると思いますが、そこに一筆箋というアイテムが加わったら、またワープロ打ちの文書に手書きでひと言添えてあるだけでも、先生と保護者のみなさんの心の距離はぐっと縮まると思います。参考にしていただけたら、うれしいなぁ。

 

ページTOPへもどる
1
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました