プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

郵便局あれこれ: 2011年12月アーカイブ

2011年12月27日 16:13

プリントミス・書き損じてしまった年賀状は・・?

こんにちは、いかがお過ごしですか。
年の瀬ですね! まだまだやらなければならないことがいっぱいあります。いくつか持ち越したまま年明けを迎える・・。それもまた、すでに風物詩のひとつと化しています。


年内はもうブログの更新できないかな、、、と思っていたのですが、年賀状ネタを少し。

◆プリントミス・書き損じてしまったら・・?

意外と知られていないところで、プリントミス・書き損じてしまった年賀状は、手数料を払えば、郵便局の窓口で新しいものと交換してもらえます。

手数料は、1枚あたり、たしか5円だったと記憶しています(正確なところはご確認を願います)。
通常のハガキや切手と交換することもできますので、これはぜひ。無駄にしたくありませんものね。


◆買い間違えてしまったら・・?

たとえば、インクジェット用の年賀状がほしかったのに、間違って普通の年賀状を購入してしまったときなど・・。
買い間違えた年賀状は、無料で交換してもらえます。

ただし、無料での交換は未使用で本年度のものに限るようです。
1枚あたり5円の手数料を払えば、通常のハガキや切手と交換してもらうこともできます。

このサービス、すごいですね!


◆近親者の急な不幸により、年賀状を出さなくなったら・・?

こちらはあまり知らなくてもいい情報ですが、こうした場合もやはり無料で、通常のハガキや切手と交換してもらえます。


くわしくは、郵便局のサイトに詳しくありますので、ぜひご自身でお確かめください。
 http://www.post.japanpost.jp/service/standard/kaki_sonji/index.html

 

 

midori_nenga.JPGそして、年賀状に書き添えるひと言に迷ったら・・?
気の利いたひと言、もらってうれしいひと言、相手に喜んでもらえるひと言とは・・?

<手紙の書き方>サイトで書いています。

何かしらヒントにしていただけるようでしたら、うれしく思います。

 

いつもご愛読いただき、心から感謝申し上げます。

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

楽しい年末年始になりますように・・!!

 

 

 

 

ページTOPへもどる

2011年12月 7日 14:35

世界でひとつ、オリジナルフレーム切手をつくろう!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
今週はだいぶ冷えこんでいます。いちょうの葉っぱが地面いっぱい。紅葉の見ごろもそろそろおしまいですね。

 

NEC_0104.JPG唐突ですが、先週末から、ワンちゃんの里親になりました。
慣れないながらも毎日その可愛らしさに癒され、たくさん幸せをもらっています。

(写真はわたしの膝の上でスヤスヤ寝息をたてるワンちゃんと、悩殺ポーズ(笑))

timgd65451-1.jpgあまりにかわいいので、切手でも作ってしまおうかと考えています(笑)


 

郵便局では、オリジナルのフレーム切手を作成できるサービスがありますね。

◆郵便局のオリジナルフレーム切手作成サービス
 http://kitte-shop.post.japanpost.jp/what.html


このオリジナルフレーム切手は珍しいだけにインパクトがあります。

プライベートで使うのもいいですし、企業がマーケティングツールとして利用できることもできそうです。

観光地などでも、その地域の観光名所をフレークム切手にして発売しているところもあり、去年あたりからでしょうか、郵便局行くとその地域限定発売のフレーム切手を目にすることが増えました。

わたしも知人から旅行のお土産でいただいたことがあります。記念品になりますね。

個人ユースでも企業ユースでも。ウェブサイトらも確認・申し込みできるようですから、興味のある方はのぞいてみてはいかがでしょうか。

かわいい愛犬の切手が10枚900円~できてしまうんですから、これはお得だわぁ~と思います!

 

**

NEC_0109.JPG12月10日発売のビジネス情報誌『The21』(PHP研究所)に、2ページ掲載していただきました。<写真> 

そして、明日8日発売の日経ビジネスアソシエのムック『伝える技術』(日経BP社)でも、掲載していただいています。

よろしければぜひご覧ください。

 

 

 

 

 

ページTOPへもどる
1
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました