プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

お気に入りの小物たちの最近のブログ記事

2012年7月20日 17:05

印象的な切手、手書きのラブレター文例、京都で買ったがま口タイプのペンケース!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
うだるような暑さから一転して涼しく感じられるようになりました。今日(20日)は長袖のシャツ1枚だと肌寒いくらいです。

 

NEC_0468.JPG京都の友人から、京都らしい1枚が届きました。
この時期ならでは。
京都に行きたくなる1枚ですね。

この友人は、舞妓さんやお寺のものなど、いつも京都の絵柄のハガキやレターセット、記念切手で送ってくれます。
そのたびに、「らしいなぁ~」と思います。

離れたところに住んでいる友人やお客様に手紙を送るとき、その土地に縁のある絵柄のもので送ると、親しみが出ると同時に印象に残る1枚になりますね。

 

++

拙著『大切なあの人へ ラブレターを書こう!』(原書房刊)に掲載している手紙文例をご紹介します☆

NEC_0470.JPG1月の文例/寒中見舞い

◆使用したレターセット/ミドリカンパニー、むらかみかずこ監修・しあわせをはこぶ手紙
◆記念切手/ちょっとレアな国連50周年切手(1995年発売)

小さくしか見えませんが、切手にはハートマークがいっぱい! かわいいですよね。
東京の豊島区目白にある、切手の博物館で買いました。


拙著では、1月から12月まで、それぞれの時期やイベントにあわせて使いたいフレーズをたくさん掲載しています。

アマゾンでは在庫なくなっちゃいました。すみません、ありがとうございます。近日内に入荷すると思います。

楽天ブックスでは、まだいっぱいあります! お近くの書店さんでも、探してみていただけましたら、うれしいです~!

 楽天ブックス/ http://p.tl/20rw

 

++

京都つながりで、ひとつ。

NEC_0471.JPG先日、文房具のフリーペーパー『BUN2』にインタビュー記事を掲載してもらいました。

そしたら、記事&写真を見た読者の方が、わたしの使っているペンケースを気に入り、編集部あてに「どこで購入したものか、聞いてもらえませんか?!」と問い合わせてくれたそうです。

すごく気に入って使っているものなので、反応していただき、うれしく思います。


このペンケースは、京都旅行中、たまたま入ったお店で見つけました。正確に覚えているわけではないのですが、たぶんこちらのお店で間違いないと思います。

あやの小路 祇園店

渋谷のヒカリエ内にもお店があるのですね。
ネットショップも...。
http://item.rakuten.co.jp/ayano-koji/c/0000000337/


どれもお値段お手頃、そして、かわいいですね!

 

 

ページTOPへもどる

2012年7月 6日 10:59

那須高原でリフレッシュ!手紙が書きたくなるカフェ、ほか。

こんにちは、いかがお過ごしですか。
わたしは先日、秋に発売予定の書籍の原稿をひとまず書き終えたため、リフレッシュしに那須高原に旅行してきました。


NEC_0438.JPGこちらは「乙女の滝」。かわいらしい名前ですね。
この滝で乙女が髪を洗っていたとか、またその乙女の足は魚のカタチをしていたなどの言い伝えがあるようです。

DSC_0919.JPGDSC_0917.JPG マイナスイオンたっぷり!
気持ちのいい空気をたくさん吸ってきましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝、宿泊したホテルの近くを散歩していると、ふだんは聴いたことがない鳥たちの声がたくさん聴こえてきました。

何を話しているのやら、ソプラノあり、アルトあり、テノールあり、バスはないかな?(笑)の、文字通りの大合唱でした。

鳥の声に耳を傾けるっていいですね。

普段は何かと追われるばかりでなかなかそういう心持ちになりにくいものですが、たまのリフレッシュ旅行でエネルギーをたっぷりチャージして・・!! またお仕事、がんばろうと思いました。

 

那須高原といえば、こちらのカフェ(SHOZO CAFE)も有名ですね(写真撮影NGとあったため、写真がありません)。

勝手に、手紙を書きたくなるカフェ№1!

静かで、ゆったりしていて、落ち着くからでしょうか。
テラス席は明るくさわやかなので、さっぱりハガキを書くときに。
室内の奥のほうのイス席はどこかなつかしい小学校の教室のような雰囲気も。こちらは友だちに近況報告のレターを書くときになど。

都心からはちょっと遠いですが、車で3時間かけても行きたくなります。

 


**

NEC_0447.JPGこちらは、友だちからのプレゼント。

盲導犬のチャリティーグッズだそうです。

ミドリさんのD-CLIPS、かわいいですね!


昨日(5日・木)、東京ビッグサイトのISOT(国際文具・紙製品展)に行ってきました。

デザインフィル ミドリカンパニーさんのブースは巨大な展示会にあって、ひときわ美しく輝いていましたよ。

 

 

 

 

ページTOPへもどる

2012年6月27日 11:19

ポスト型はがき夏バージョン!&新刊『大切なあの人へ ラブレターを書こう!』

こんにちは、いかがお過ごしですか。
今日は気持ちい~い五月晴れ! 梅雨の合間の洗濯日和です。陽射しは強いけれど室内にいるとひんやりとした冷気も感じられ、過ごしやすい日になりました。


NEC_0416.JPG郵便局で買いました。
ポスト型はがき、今年の夏の季節限定バージョンです。スイカに風鈴、かわいいですね! 
1枚180円。120円分の切手を貼って投函します。


ポスト型はがきを初めて見たのは、たしか4年くらい前だったかな。
もともとの通常バージョンには、中央に、郵便局名が印字されているんです。

たとえば、渋谷郵便局で売っているポスト型はがきには渋谷郵便局と、新宿郵便局で売っているポスト型はがきには新宿郵便局と印字されています。

 

旅先で購入すると、その土地の郵便局名のものを手に入れられるので、記念になりますね。

また、そこの郵便局の窓口でしか購入できないため、全国各地の珍しい名前の郵便局のものとなると、一気にプレミア感が出ます。

たとえば、高知市にある「龍馬郵便局」とか(実在するんですよ)、広島の安芸の宮島の近くにある「もみじ郵便局」、瀬戸内海の小豆島にある「オリーブの島郵便局」・・

マニアさん(笑)は、ノドから手が出るほど欲しいですよね。
わたしも欲しいです・・(笑) 

郵便局って、実は、とても魅力的な商品が多いんです。


<参考>
郵便局のポスタルグッズ
http://www.postacollect.com/


**

7月16日ごろから発売になります。
新刊『大切なあの人へ ラブレターを書こう!』(原書房刊)

NEC_0414.JPG最後の著者校正が終わりました。

 

わたしは20代の半ばごろ、当時、遠距離恋愛をしていた人に、2年半の間に550通くらいラブレターを書き送っていたことがあります。彼からは600通くらいもらいました。

あの頃、いずれ自分がラブレターの本を書くことになるなんて、想像すらしていませんでした。


ラブレターというと、なんだか大それたものを思い浮かべてしまいがちですが、決してそうではなくてほんの数行、たった1行「いつもありがとう」だけでも立派なラブレターだと思うんです。

書籍では、愛しているとか、あなたが必要だとか、そう声高に言わない文例に気を配りました。
相手を思いやる気持ちは、本来、何を食べたとか、風邪をひいたとか、仕事が忙しいとか、そういう日常の中にあると思うからです。


まだ半月以上先ですが、ちょこっと頭の中にとどめておいていただけましたら、うれしく思います。\(^o^)/

 

 

ページTOPへもどる

2012年5月14日 14:56

紙好きなら陶酔・・。京都宮川町の【裏具】さんに行きました

こんにちは、いかがお過ごしですか。
梅雨入り前の晴れ間は貴重ですね。暑くもなく涼しくもなく。1年のうちで今がいちばん過ごしやすい時期かもしれません。

 

今、京都に来ています。

uragu.JPG数年前、雑誌だったかウェブだったか、何かの媒体で目にして以来、ずーっと行きたいと願って恋していた【裏具】さん。今回初めてうかがう機会を得ました。

もう、、、大満足。
恋が成就したような気分になりました(笑)


写真がブレてしまって、すみません。
NEC_0346.jpg京町家(伝統家屋)のお店です。方向音痴のわたしは地図で見てもなかなか探しづらくて。何度かまわりをウロウロして、ようやく発見! 

この看板の奥にずんずんと進んでいき、民家を抜けてさらに路地を曲がった奥まったところにあります。

 

4坪くらい?の小さなお店ですが、ひっきりなしにお客さんが訪れていましたよ。お店の方に許可をいただき、撮影させてもらいました。

NEC_0344.jpg NEC_0342.jpg

 NEC_0341.jpg

【裏具】とは、「嬉らぐ(うらぐ)」という言葉からきているそうです。

うれしい気持ちを大切な人に伝えたいときや贈りたいとき、その気持ちをつなぐ道具という想いも込められているのだとか。

 

たくさん購入した中の一部ですが、なんだか 写真がヘタで申し訳ないです。素敵さが半減しているような気もしますので、気になる方は上記ウェブサイトへ・・・。

NEC_0347.jpg

包装も、清潔感があって洗練されていますね。

NEC_0348.jpg

素敵な文房具店に行くと、わたしの場合、テンションが上がるだけでなく、仕事に向かう気持ちも上がります。

「こんなに素敵なモノをつくって、がんばっている人たちがいるんだから、わたしもがんばろう!」って。

幸せなひとときでした。(*^_^*)

 

 

ページTOPへもどる

2012年4月 3日 14:24

紙好きの楽園/Winged Wheelさんに行きました&雑誌『月刊OLマニュアル』掲載

こんにちは、いかがお過ごしですか。
今日は4月3日。春になり、はじまりの季節ですね。

以前、当社でアルバイトしてくれていた女の子(F嬢)も、晴れて新社会人に。当社で学んだことを、ほんの少しでも社会で活かしてくれたらいいなぁ・・。

外のお天気は嵐です。お気をつけください。


さて、表参道の路地裏にあるポストカード専門店/Winged Wheel(ウイングド・ウィール)さんに行きました。

NEC_0297.jpg次の書籍に掲載したいレターセットやカード類をいろいろピックアップ!
写真はその一部です。たくさんすてきなものが見つかりましたよ。

ここのお店は、紙好きにとって「楽園」そのもの。
どの商品も思わず頬にすりすりしたくなっちゃうくらい素材の質感がよく、デザインも美しく、見ていて飽きません。

結婚式の招待状・席札・メニュー表といったウエディングアイテムのほか、オリジナルの名刺やレターセットのオーダーもできます。

表参道店のほかに大阪心斎橋にもお店があるのですね。


NEC_0296.jpg今月15日までのフェイスブックの「いいね」特典として、写真のものをゲットしちゃいました! 

スカルプモチーフのカードと封筒のほかに、ハートのプチプチも。こちらはシール代わりにしたり、封筒に入れてひらひらと舞い落ちるのを楽しんだり、香りをつけて文香にしたり・・。ずいぶん太っ腹なプレゼントですよね。

うふ。とってもラッキーでした☆


**

NEC_0295.jpgOLさん向け雑誌『月刊OLマニュアル』4月号に掲載されています。

相手の心をぎゅっとつかむ、オフィスでの一筆箋の使い方・楽しみ方について、7ページにわたってまとめてくださっています。
 http://www.kens-p.co.jp/info/olmanual.html

見かけたら、ぜひお手にとってみてください~。
感謝、感謝です。

 

 


 

ページTOPへもどる
前の5件  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました