プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

お気に入りの小物たちの最近のブログ記事

2017年7月14日 11:24

届いたハガキいろいろ、封筒の中身は?、そえぶみはがき箋秋柄、暑中見舞い広告ほか。

こんにちは、いかがお過ごしですか。

先日の補足ですが、現在は入籍こそしていないものの、5年近く一緒に暮らしている夫がおり、仲良くやっています。家事は超・手抜きですが、一応、毎朝、夫のお弁当をつくったりして・・・・。お弁当づくりは楽しいですね!


■ 受講生から届いた1枚です。グリーンが色あざやか! ポストカードのデザインに合わせて切手を選んでいるところが素敵です。ブルーインクもよく似合います。
IMG-2867.JPG
■ こちらはこれから一緒にいろいろ活動していく法人の担当者さんから届いた1枚です。素敵を「素てき」、また「機縁」という言葉をつかっているところに繊細な気遣いを感じます。
20170711-5.JPG
わたしも手書きするときには「すてき」とひらがなで書くことが多いです。漢字で書くこともありますし、あまり気にしているわけではないのですが。@気にしなくていいですね。


■ 東京芸術劇場の風景印、当協会の講師:田丸有子さんから同時に2通、届きました。田丸講師はいつも風景印で送ってくれます。マキシマムカードの達人さん。リンクをクリックしてブログご覧ください。
20170713-1.jpg
■ この封筒の中身はなんでしょう? 答えはハチミツ。神楽坂ピービーズというハチミツ専門店のもので、食べきりサイズのハチミツが3袋入っています。封筒型に心惹かれて、ちょっとしたお土産によく利用しています。
20170711-4.JPG

■ 当協会の講師に「そえぶみはがき箋」の大ファンがいます。ことあるごとに「◎◎のお店にありましたよ」「◎◎には置いていませんでした、残念」などとハガキで教えてくれるのがうれしくて、まだ店頭発売前の秋の新柄でお礼を書きました。
20170713-2.jpg左から、サンマ、マツタケ、お月見。8月下旬ごろ?から店頭に並ぶと思います。秋柄もおすすめ!


■ 新聞の折り込みチラシにハガキサイズのものを発見。俳優の上川達也さん、目ヂカラの強さにハッ!と目が留まりました。暑中お見舞い風のメッセージ広告、切手が顔写真、風景印風のスタンプも! 
20170713-4.JPG
20170713-5.JPG
今年の夏は、暑中見舞いがちょっと上向きなのでしょうか。沢尻エリカさんから暑中見舞いが届くという缶酎ハイの広告もありますね。
20170714-1.jpg
わたしは来週、ラジオJ-WAVEに出演します(暑中見舞いのことだそうです)。今から楽しみです!!


■ 歌舞伎座での一筆箋講座、次回は8/4(金)14時~。前回の様子はこちらで紹介していただいています。よろしければぜひご覧ください。

8/4(金)のご予約は、電話:03-3545-6820(10時~) 歌舞伎座サービス(西村様、高野様)まで、お待ちしています!



当協会宛てにお送りいただく手紙は、個人情報を伏せたうえで、本ブログ等で許可なく掲載することがあります。読者さんにとって何かしら参考になれば、また楽しくご覧いただければという気持ちでそうさせてもらっています。ご了承ください。


ページTOPへもどる

2017年6月27日 11:26

高千穂峡、宮崎フォルムカード、えだまめ切手、そえぶみはがき箋・夏の3種!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
ジメジメっとした鬱陶しい時季ですが、そんなときこそ、小さな楽しみを見つけていきたいですね。



■ 短い時間でしたが、宮崎に行きました。高千穂峡の神々しい雰囲気に日常を忘れ、英気をもらいました。
20170627-5.JPG
20170627-6.JPG
20170627-1.JPG
地方に行ったら、フォルムカードを買わなくちゃ(笑)。今回は地鶏を食べられませんでしたが、あまーいマンゴー「太陽のたまご」にはありつけました!


■ 事務所のテーブルを新調しました。ずっとほしかった一枚板のテーブル。お客様にくつろいでいただけるよう、少しずつ環境を整えていきたいと考えています。
20170619-1.JPG

■ 銀座通り郵便局の風景印で届きました。えだまめ切手。銀座通りの柳がえだまめみたいに見えてきます(笑)
20170627-4.jpg

■ 受講生から届いた1枚です。かばんの中に入れて持ち歩いていたので、少しグシュッとしてしまいました。何度も読み返したい1通です。

20170627-3.JPG

■ 監修しています、そえぶみはがき箋。夏の3種。右から、あさがお、夏野菜、金魚。夏のおたよりはこれで完璧! 文具店で見つけたら、ぜひ手にとってみてください。(古川紙工株式会社製です)
20170627-2.jpg
心晴れやかな毎日を!






ページTOPへもどる

2017年5月29日 12:46

52円切手をいろいろと、切手の再利用、オリジナル切手、太字と細字の違い、青の違い、一筆箋活用術、父の日のカード・・

こんにちは、いかがお過ごしですか。
陽ざしの強さに「夏」を感じるようになりました。


■ はがきの送料が62円になるにあたり、手元に残っていた52円切手を使ってたくさんハガキを送りました。
20170529-1.jpg
いろんな切手がありますね。振り返ってみて、一番のお気に入りは、多肉植物の切手です。季節を問わず、男女も問わず、いつも気持ちよく使えました。


■ 書き損じたものや取材で使った切手に水をつけているところです。この後、レンジでチンすると、キレイにはがれて再利用できます。
20170529-4.JPG

■ 2年前に亡くなった先代のワンコで作った切手シートが目に留まりました。これは永久保存版!
20170529-3.JPG

■ ここのところ、セミナー・研修つづきでSNSに写真を更新できません。代わりというわけではないですが、研修で使っている「文字の書き見本/太字と細字の違い」をアップします。
1.JPG
端が曲がっているのはご愛敬。右と左、同じリズムで書いたものです。右が万年筆(太目)の青。左が水性ボールペン(0.5)の黒。画像をクリックして拡大してご覧ください。どちらが良い・悪いではなく、ペンによって文字が変わることに気づいていただきたくて、こうした見本を作っています。

2.JPG
ひと言で「青インク」といっても、右のようにあざやかな青もあれば、左のように落ち着いた青もあります。同じ文字でも、だいぶ印象が異なると感じませんか。


■ 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』(自由国民社刊)、7刷です! 鳩居堂さんの一筆箋が付録になってとてもお得! お手元にぜひどうぞ。
20170529-5.JPG

■ もうすぐ父の日です。わたしは思春期から30代前半にかけて、父と顔を合わせられない時期が長くありました。どうにもこうにも、苦手だったんです。頭の中で勝手な理想の父親像をつくりあげ、その理想とマッチしない現実を受け入れられずにいたんですね、いろいろと。
20170529-0.JPG
けれど、ある時期、自分の人生と向き合ったとき、どうしてもそれを克服したいと思いいたり、それ以降、思いつくたびに、父に手書きでFAXを書いて送ることにしました。たいしたことではなく、甥っ子が元気とか、姪っ子が可愛いとか、そういう家族の普通の話です。

そのうち、「お父さん、今日は何しているかな」「今日は元気かな」と、父を想像することが習慣のようになると、いつの間にか自然と、「あ...。あのときお父さんは、本当はこういうことを言いたかったのかな?」とか、「お父さんは、誤解されやすいだけで、実はとてもやさしい人なのかもしれない...」と、自分の心の奥の固いものが少しずつほぐれていくのを感じるようになりました。

それ以降、しだいに本音の話ができるようになり......。いろんな思いを重ね、今は父のことをとても大切に、愛おしく感じています。これも手書きの効果です。

最近、高齢ゆえの脳みそのグチャグチャが進行しているようで、ちょっと心配なのですが。少しでも長く、楽しく会話できるといいなと思います。


■ 5/23(火)14:40頃~、FM愛知/@FM「Radio Freaks」に電話で生出演しました。手紙を上手に書くポイント・きれいに見せるコツなどお話ししました! http://fma.co.jp/f/prg/radio


6月8日(木)TBS系列「プレバト!」出演予定です☆ お楽しみに!!


ページTOPへもどる

2017年4月18日 11:39

花びらの手紙、一筆箋本、紙博、台湾文具、旅切手、ポスト型貯金箱、郵頼で南極から!

こんにちは、いかがお過ごしですか。

ご訪問ありがとうございます。
このブログでは、日々、Instagram (ID: tegami.or.jp)にアップしている写真を1週間分まとめて掲載しています。言葉や文章の書き方については、メールマガジンでお伝えしています。


■ 当協会の講師から桜の手紙が届きました。封を切ったら、花びらがひらひらと・・。先日、テレビ「プレバト!」に出演した際に、着物を着ていたことにちなみ、着物ブランドのレターセットで送ってくれたそうです。
20170418-1.JPG

■ 丸の内オアゾの丸善にて。拙監修書『あなたの人生を変える 一筆箋活用術』(自由国民社)。たくさん積んでいただき、うれしいです。まだの方はぜひお手元に! 
20170418-5.jpg

■ 4/15(土)・16(日)、浅草で行われた紙博に行きました。会場全体が熱気ムンムン! レジに長蛇の列ができているブースもあり、紙への時代の熱視線を感じました。
20170418-3.JPG

■ こちらは台湾文具です。台湾でも今、文具がアツイのだそうです。お土産にいただきました。絶妙なデザインですね。
20170418-9.jpg

■ 14日発売の「My旅切手シリーズ第2集」。写真あり、イラストあり、1枚の切手シートに異なるテイストの切手が並んでいます。写真を撮る前に82円切手1枚、使ってしまい...(笑) 
20170418-7.jpg
6月からはがきの送料が62円になります。既存の10円切手との組み合わせはむずかしいので、52円切手は5月中に使い切りたいですね。


■ 大きなポストの貯金箱。熱海あたりの青空市で買いました。800円なり!!!
20170418-6.JPG

■ 最後に、南極の昭和基地経由で届いた1枚です。「郵頼(ゆうらい)」といって、郵送で「このハガキに御局の風景印を捺してください」と頼んで捺してもらう方法があります。下の1枚は当協会の講師から届きました。

20170418-10.JPG
20170418-12.jpg
メッセージの日付が昨年10月末。消印が12月。手元に届いたのは今年の4月。約半年かけて地球をぐるっと半周してきたのですね。感激でした!


■ 手紙文化振興協会では、言葉のセンスを磨き、手紙の書き方を学ぶ通信講座「手紙の書き方講座」を開発・運営しています。 手紙の書き方講師になりたい人も大募集中です!



ページTOPへもどる

2017年3月13日 19:00

スミレの切手、桜の手紙、昭和48年発売の切手、ゆうぱっくに切手を、デコルノ!、ポスト型の根付けほか

こんにちは、いかがお過ごしですか。
桜の開花までもうすぐ。少し肌寒い日がつづきますが、つぼみは確実に大きくやわらかくなっていることでしょう。

■A4のコピー用紙を4枚以上送るときには、92円分の切手を貼って。このスミレの切手、好きです。薄桃色の封筒によく映えるので。春ですしね。
20170313-1.JPG

■ 桜の手紙、届きました。ミドリの紙シリーズですね。右上の、ページ番号をあらわすハートマークがキュートです! 当協会の講師になり、人の輪が広がり、「手紙ってほんとにすごい!」と書かれていました。よい人たちが集まっているのは、わたしの運の強さゆえのこと。ありがたい限りです!

20170313-3.JPG

■ 桜型の風景印と、昔ばなしシリーズ「花咲かじいさん」の20円切手の組み合わせ。調べてみたら、昭和48年に発売された切手でした。昔の切手は古切手屋さんで買えます。金券ショップでもたまに掘り出しものが見つかりますよ。
20170313-4.jpg

■ アメリカで暮らす姪っ子に、大学の合格祝いを! 意外と知られていないようですが、ゆうぱっくは切手でも送れます(国内も)。桜満開。喜んでくれるかなー!

20170313-6.JPG

■ 封筒の下部分、紺色の帯のところ、PLUS社の「デコルノ」というローラー式スタンプだそうです。当協会の認定講師から届きました。事務用封筒もちょっとの手間で個性的な1通になる、よい見本ですね!
20170313-2.JPG
「様」の字の最後の一画をぐにゅっと下に伸ばす書き方、わたしも20代のころにしていました。「現状を打破したい」とか「もっと個性を発揮したい」とか、そういうグングン成長していきたいという心持ちを反映しているなどと言われますね。筆跡は個性が出ます。そういう視点で文字を見てみるのも、おもしろいと思います。


■ ポスト型バッチにストラップを付けました。テレビ番組の収録時に、着物の帯まわりのアクセントにしたいと考えています。近々、その機会があるかな。今回は見送ろうかな。・・ちょっと考え中です。
20170307-1.JPG
++

東急ハンズでのワークショップのお知らせ。
美濃和紙・古川紙工さんのアイテムを使って行います。

◎3/18(土)東急ハンズ銀座店  手紙の書き方コンサルタント 斉藤智恵  13時~、14時半~、16時~
◎3/20(月祝)東急ハンズ京都店  手紙の書き方マスターコンサルタント おかもと円果 13時~、15時~、17時~
◎3/25(土)東急ハンズ横浜店  手紙の書き方コンサルタント 斉藤智恵 13時~、15時~、17時~
◎3/26(日)東急ハンズ渋谷店  手紙の書き方マスターコンサルタント 青木多香子 13時~、15時~、17時~


ほかに、
◎3/25(土)15~16時、銀座三越7F グローバルメッセージというイベントスペースで、むらかみかずこトークショーを開催します! (申込不要、参加費無料)

銀座三越さんの春のギフトイベントの一環として、「ギフトに添える、気持ち伝わるひと言手紙」というテーマでお話しします。

ちょうど桜が咲きはじめる頃ですね。春めく銀座の街をぶらぶらしがてら、ぜひお立ち寄りいただけたら、とってもうれしく思います!!





ページTOPへもどる
前の5件  |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました