プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

心に残る手紙の文面の最近のブログ記事

2013年6月19日 11:56

「夏」にちなむ言葉いろいろ&生ビールシール。

こんにちは、いかがお過ごしですか。
むしむしむしむし...。湿度がだいぶ高い日がつづいています。

これから本格的に暑くなると、毎日のちょっとした会話で、「今日も暑いですねー」「ほんとにー。暑いですねー」というやりとりが増えていきます。

メールでも、ちょっとした一文を添えようと思っても、「暑い」ばかりになりがちですね。


「夏」にちなむ言葉はいろいろあります。

◆夏の暑い盛りのこと
・盛夏/真夏/夏本番/夏まっさかり

・太陽がギラギラと輝く夏
・照りつける日差しが眩しい夏
・大輪のヒマワリが誇らしく咲いている夏・・


◆暑い夏のこと
・猛暑/酷暑/厳しい・激しい・強烈な・うだるような・記録的な・しのぎがたい・頭がゆであがってしまうほどの・吹き出す汗が止まらない暑さ・・


◆暑い時期ならではの、健康を気づかうフレーズ
・熱中症にお気を付けください
・夏バテしませんように
・夏風邪をひきませんように

・疲れがたまっていませんか
・水分補給は足りていますか
・食欲が落ちていませんか

・栄養のあるものをたくさん食べて
・ぐっすり眠って
・しっかり水分を摂って


◆暑い時期ならではの、元気のよさが伝わるフレーズ
・暑さにマケズ
・暑さをもろともせず

・夏バテを吹き飛ばし
・夏バテとは無縁の

・一年でいちばん好きな季節
・甲子園最高!


◆暑い時期ならではの、涼しげなフレーズ
・かき氷/スイカ/ビールが美味しい時期になりました
・日陰に入ると、涼やかですね
・早起きして、蓮の花を見に出かけました


◆夏といえば‥
・海水浴/水着/浴衣/花火大会/金魚/夜祭/麦わら帽子/スイカ/かき氷/生ビール/ビアガーデン/夏フェス/お盆/土用の丑の日・・

・灼熱の太陽/炎天下


◆夏の花といえば‥
・サルスベリ/ノウゼンカズラ/ムクゲ/トケイソウ/アサガオ/ハス/ハイビスカス/ヒマワリ・・・


途中でバテました...(笑)。

連想ゲームみたいな感覚で、ぜひぜひ。



NEC_0938.JPG
写真は、最近お気に入りの生ビールシールです。

封かん代わりに使ったり、ビールを飲んだときのしるしに手帳に貼るのもアリですね! @毎日貼るなら、意味ナシですケド!(笑)







ページTOPへもどる

2012年8月15日 20:12

終戦の日にちなみ、奇跡のラブレター。&「日経消費ウォッチャー」掲載

こんにちは、いかがお過ごしですか。
今日は8月15日(水)。お盆休み真っ只中。そして、終戦記念日です。どんな夏休みですか。

 

拙著『大切なあの人へ ラブレターを書こう!』(原書房刊)の中で、ひとつ、今日の日にまつわるラブレターをご紹介しています。

名づけて、「やしの実のラブレター」。
まるでうそのようなほんとの話。奇跡のラブレターともいわれています。

太平洋戦争中、死を覚悟した一人の日本人男性が、戦地フィリピンから、やしの実にナイフで文字を刻み、故郷・島根で待つ家族と友人に宛てて、海にやしの実を流しました。

男性はフィリピンで戦死しましたが、やしの実はなんと31年もの年月をかけて海を漂流。
その後、およそ3000キロも離れた故郷・出雲の浜に奇跡的に流れつき、家族のもとへと届けられた...、という話です。


わたしは、このやしの実のラブレターについて、父から教えてもらいました。

というのは、ここでもひとつ驚いてしまう偶然があるのですが、このやしの実を流した男性(戦地フィリピンで亡くなった男性)のご家族が、父の友人なのです。

父の友人は、マキハラさんといいます。そのマキハラさんのお母さんの弟さんが、このやしの実を流したご本人なのだそうです。


終戦は1945年ですから、今から67年前のことなのですね。亡くなった方の魂が、ほんの少しでも癒されますように...。


++

NEC_0518 (1).JPG取材協力させてもらいました『日経 消費ウォッチャー』(2012年8月号)が届きました。

主に、企業のマーケティング担当者が読む専門誌だそうです。
「消費感度高い「手書き派」が増加中」と題して、筆記具や手帳業界の動向などがとても興味深くレポートされています。

手書き派か、デジタル派か。...ではなくて、両者を上手に使い分け、それぞれの「いいとこどり」をすることが大事ですね! とあらためて思いました。


今月の女子目線というコーナーで紹介されている、「ペットに月1万円以上かける女性が2割」の記事も、おもしろい~☆

ペットへの思いと男性との関係についての設問で、「カレとの選択を迫られたらペットを選ぶ」とした30・40代は30%強もいた・・・とのくだりに、決して他人事とは思えない可笑しみを覚えました・・・(笑)

 

++

shibudoku.JPG9月8日(土)15時~16時半、渋谷センター街入口にある大盛堂書店さんにて、拙著『大切なあの人へ ラブレターを書こう!』の出版記念トークイベントを行います。

入場無料! 事前のお申し込みが必要です。
詳しくはこちらをご覧ください~。 お電話(03-5784-4900)の他に、リンク先のサイトにある右上のフォームからも、お申し込みいただけます。

お会いできますのを楽しみにしています!!

 

 

 

 

 

 

ページTOPへもどる

2012年4月 6日 10:24

桜が咲きました!春らんまん。JAL国際線の機内番組に出演しています。

こんにちは、いかがお過ごしですか。
NEC_0301.jpg桜が咲きました! こちらの桜はところどころほぼ満開の樹もあります。昨日1日でパッと花開きました。

桜が咲くと、浮き足立ってしまって・・。
仕事しないで花見したい、(と勇気を出して書いてみる・笑) 春爛漫ですもの・・。


桜が咲いたのを知らせるたよりのことを、花便りといいます。
手書きでなくとも、メールでも、ブログでも、SNSでも、何かしら桜や花見にまつわるひと言、たとえば

 こちらの桜は3分咲きです。そちらはいかがですか。 ←遠くの人に
 今年はたくさんお花見できそうですか。
 週末の桜が楽しみですね。
 
などと添えると、書くほうも見るほうも、心が華やぎますね。
なにも凝った表現でなくとも、等身大の自分らしい言葉でじゅうぶん。むしろそれがいちばんだと思います。


昨年は震災があり、またわたしは個人的にも、あまり桜を楽しんだり愛でたりする気分ではありませんでした。

かわいらしい桜、初々しい桜、ぐんぐん伸びやかに花開く桜、堂々とした桜、見事な桜、乱れる桜、狂う桜、酔う桜、孤独な桜、散りゆく桜、物悲しい桜・・

今年はたくさん桜を見たいなぁ。


**

3月1日~今月末まで、JAL国際線の機内番組に出演しています。

「日本のワザ~伝える使える匠の知恵~」という約25分の番組で、5人の和文化の匠が真似したくなるような生活の知恵をご紹介していくという内容です。

わたしは和の手紙(一筆箋や、オフィスで使うちょっとしたメモなど)で小さな気づかい・おもいやりの気持ちを伝える知恵をお話しさせていただきました。

ほかにバスガイドさん、江戸しぐさの先生、旅館のおかみさん、香りの専門家が出演しています。

JALのHPにも動画がUPされるとうかがっているのですが、まだよくわからなくて・・。
また(見つけられたら)ご紹介します~。

 

 

 

ページTOPへもどる

2012年2月12日 20:54

オフィス版☆チョコレートに添えるひと言&オリジナル切手。

こんにちは、いかがお過ごしですか。
今週はバレンタインデーがありますね。チョコレート売り場はどこも人だかりで・・。
こういうイベント時には心浮かれてよいのだろうと思います。何かあっても、何もなくても、ドキドキな1日になりますように!


職場でチョコレートを渡すとき、手書きでひと言添えると、喜んでもらえますよ。
たとえば・・

<日ごろの感謝を伝えるひと言>
◆上司・同僚へ
日ごろの感謝をこめて。いつもありがとうございます。
いつも感謝しています。これからも、よろしくお願いします。

◆後輩へ
いつもフォローしてくれて、ありがとう。これからもよろしくね。
いつもありがとう。◇◇のプロジェクト、一緒にがんばりましょう!

<ねぎらい・励ましのひと言>
◆上司・同僚へ
おつかれさまです。お手伝いできることなど、何でもおっしゃってくださいね。
いつも遅くまでおつかれさまです。体を大事にしてください。わたしもがんばります。

◆後輩へ
おつかれさま。◇◇さんの笑顔から、たくさん元気をもらっています。
いつも助けてくれて、ありがとう。◇◇さんのおかげです。これからもよろしくね。


<おねだりのひと言>
◆上司・同僚へ
いつも感謝しています。◇◇の件、がんばりますので、応援よろしくお願いします。
お口に合うとうれしいです。また今度、飲みに連れていってくださいね。

◆後輩へ
いつもありがとう。これからも期待しています。
たくさん食べてね。◇◇の書類作成、よろしくお願いします!

 

**

NEC_0253.jpg先日、愛犬の写真で、切手をつくりました!

うふふ。わたし、レターセットもできたし、切手も作ったし、ばっちり完璧だわ! ・・と思ったけれど、今回は50円で作ったのでした。次回は80円で作ります。

オリジナル切手は、額面+400円で作れます。
たとえば、50円切手20枚=1000円+400円=1400円。80円切手10枚=800円+400円=1200円。

送料は別にかかりますが、この価格なら、ぜんぜん高く感じないですね!

郵便局の、とっても素敵なサービスだと思います。

*オリジナル切手作成サービス
 

 

 

ページTOPへもどる

2012年2月 8日 10:46

ビジネスで使える季節の挨拶&今週土曜日(2・11)公開講座のお知らせ。

こんにちは、いかがお過ごしですか。
少し春めいてきたかな、と感じたのもつかの間。一気に真冬の寒さへと逆戻りです。

寒いのは苦手ですが、晴れた日の夜、空を見上げると、星がきれいに瞬いて見えます。
今夜は満月のようなので、まん丸お月様を眺めつつ、背中を丸めて家路に急ぎましょうか。


手紙好きの方は、お月様の満ち欠けだったり、暦に興味をお持ちの方も多いと思います。
わたしも、二十四節気や暦の雑節、古くから伝わる行事やお祭り、花の咲く時期など季節の節目や移ろいをあらわす事象にはできるだけ意識を向けるようにしています。

さりげなく季節の言葉が添えられた手紙は、読んでいて品のよさを感じますし、書いていても気持ちがよいものです。

節分、立春、春分、彼岸、入梅、梅雨明け、土用の丑の日、夏至、立秋、冬至などなど・・  NEC_0160.jpgビジネスシーンでも大いに使えますよね。

20代・30代の若手ビジネスパーソンが書くメールやブログ、SNSの記事に「節分ですね」「立春ですね」などとひと言添えられていると、ふいに「わ、そういうところあるのね」などと好感を持ったりするものです。


とはいえ、暦の世界はとてもとても奥が深い・・・
ちょっと本を読んだりネットで知識を拾ったりする程度ではなかなか太刀打ちできず、頭の中がこんがらがってしまうこともしばしば。

それはそうですよね。森羅万象に通じることですから、ゆっくりじっくり、一生をかけて勉強していくことが求められるのでしょう。

暦を知る人は、懐が深い。
小さなことは置いておいて、自分の納得のいく生き方をすることにも通じると感じます。


*写真は今でている雑誌『日経ビジネスアソシエ』。付録の「学びカレンダー」で、ビジネスで使える季節のひと言文例を寄稿しています。


 

**

211.JPG今週土曜日2月11日、13時半~15時

池袋西武別館8F、池袋コミュニティカレッジさんにて、公開講座「わたしらしい手紙の書き方・楽しみ方」を行います。

料金は、池袋コミュカレ会員さんが3150円。非会員さんが3650円(当日のお支払い可)。

ご都合がつく方、よろしければぜひ、いらしてくださ~い!

お申し込みは、電話/03-5949-5486(池袋コミュカレ)まで。

お待ちしています!

 

 

 

 


 

ページTOPへもどる
前の5件  |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました