プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

手紙空間の最近のブログ記事

2013年11月15日 16:07

絵封筒展に行ってきました!&テレビ出演のお知らせ。

こんにちは、いかがお過ごしですか。

毎年秋に行われている絵封筒展『おたより』。
今年も東京会場@銀座・月光荘に、見に行ってきましたよ。フェイスブックページはこちら

あぁ、もっと早くブログに書けばよかった......。
東京会場は11日で終了してしまいました。10月には西宮でもやっていたのですね。
あとは、大阪・心斎橋を残すのみ! 11/29(金)から12/8(日)まで、Carta Bianca(大阪・心斎橋)にて。

絵封筒とは、封筒に絵を描いたり写真を貼ったり、切手をその絵や写真の一部に見立てたりして、楽しむものです。80円切手1枚でも、何枚かを組み合わせて貼ってもOK。昔の個性的な切手を貼ると、なお印象が際立ちますね!

ズームアップして写真を撮るのはNGとのこと。壁にズラッと並べてある様子を撮影させてもらいました。

ebuutou1.JPG
ebuutou3.JPG
ebuutou2.JPG
こういうふうに自由に自分らしく手紙を楽しむって、ほんとうにすばらしいこと! 眺めているだけで、わくわくしました。


++

【テレビ出演のお知らせ】

11/17(日)、テレビ東京「ヒットの秘密」お昼の12:25~、年賀はがきの特集に出演します! 

関東圏での放映ですね。先日収録を済ませており、どんな感じに映るのか、ドキドキしています。観られましたら、ぜひぜひ!



ページTOPへもどる

2013年9月13日 12:21

ハグルマ封筒さんショールーム&大人かわいいレターセット。

こんにちは、いかがお過ごしですか。


NEC_1036.JPG
昨日12日(木)の毎日新聞の朝刊に、また大きな広告を出していただきました。


おかげさまで、グングン売れています。
ありがとうございます!


先日の新聞広告を見た以前の知り合いが、手紙を送ってきてくれました。
大阪のSさん、ありがとう!
少し時間をいただくこともありますが、いただいた手紙にはいつもお返事を書いて送っています。
気長にお待ちくださいね。


++

おしゃれで機能的、コストパフォーマンスにも優れた封筒メーカー/ハグルマ封筒さんが表参道にショールームをオープンしたため、さっそくお邪魔してきました。

ハグルマ封筒さんは主にビジネスユーザー向け。一般向けには、ウィングド・ウィールというハイセンスなお店を東京・表参道と、大阪・心斎橋で展開していらっしゃいます。

が、なんと、、写真を撮り忘れた、、、、

NEC_1042.JPG
けれども、名刺サイズのミニメッセージカード&封筒のセットをお土産にいただきました!

とにかくムダを省いた大量生産のモノがある一方で、とことん細かい要望まで応えてくれるオーダーメイドなモノもあります。

どちらにも良い点があります。
上手に使い分けていきたいですね!



ウイングド・ウィールさんは、仕事で紙や印刷にたずさわる人たちを集めたワークショップをしばしば開催していらっしゃいます。
わたしも以前、講師として呼んでいただき、一筆箋の活用法についてお話しさせてもらいました。

で、そのときの参加者のひとりで、もともと大型文具店に勤務していた女性が、新たに紙モノブランドを立ち上げました。

honeystyle.JPG
ポップなフラワー柄がブランドのメインモチーフになっています。

20代・30代女性向けかな? と思って聞いてみたところ、意外にも、50代・60代の女性が目立つそうです。

いくつになっても女性はキレイで可愛らしく、若々しくいたい!
さすがに服装ではあまりチャレンジできないけれど、紙モノでなら、自由に個性を発揮できる!

そういう心理なのでしょうかしらね。

レターセットやカードをたくさん送ってくださいました。ありがとうございます!









ページTOPへもどる

2013年9月10日 15:17

オリンピックの文具が楽しみ!&西荻窪探索。

こんにちは、いかがお過ごしですか。
さわやかなお天気です。

オリンピック開催が決まり、祝勝ムードで週明けを迎えましたね。
7年後。2020年といえばまだまだ先のことのようですが、きっとあっという間にその時期になるんだろうな!
わたしはそのとき、どんな自分でいられるかしらん。有意義に、楽しんで、毎日を過ごしていきたいです。

NEC_1034.JPG
さておき、オリンピックに向けて、東京の観光名所の王様/浅草もきっと盛り上がるでしょうね!
写真は、郵便局で売っているご当地フォルムカードの東京版です。

昨年は東京スカイツリーをモチーフにした文具が好調で、今年は世界文化遺産に登録された富士山の絵柄の文具(紙モノ)が人気です。

これから先、オリンピック関連のものもたくさん出てくるのでしょうね~。


++

先週末、西荻窪郵便局の局長さんに案内していただき、東京/中央線沿線にある西荻窪を探索してきました。

西荻窪は学生時代に4年間通った懐かしい街です。
ここ数年、若いクリエイターさんが一気に増えて、個性的なユニークなコンセプトのお店が次々とオープンしていますね。

6月には例年「茶散歩 チャサンポー」という企画も行われています。
 http://chasampo.com/

NEC_1033.JPG
西荻窪郵便局でもこのイベントに協賛し、オリジナル切手を作成・販売しているといいます。
2013年の今年はたった2日間で写真のシートを1000枚を売り切ったそうですよ。すごいーーー!!
いろいろ新しい試みをしていらっしゃいます。


西荻窪の文具店といえば、nombre ノンブル水縞さん。
 http://nombre.jp/

ほかに、西荻紙店にもお邪魔しました。
 http://nombre.jp/

西荻窪郵便局の局長さんは、大学/東京女子大学の先輩でもあるんです。
いろんなご縁に恵まれて、すごく楽しく、勉強になった1日でした。


++

今日(10日)は、午前中、ビジネス雑誌から「断るときのものの言い方」について取材を受け、午後は働く女性向けフリーペーパーから「恋力を高める言葉」について取材を受けました。

いろいろな媒体からお声掛けいただき、うれしい~

ありがとうございます。







ページTOPへもどる

2013年8月21日 15:02

神戸の街の名が付いた神戸インク、活版印刷など。神戸・大阪の旅。

こんにちは、いかがお過ごしですか。
陽が射していない時間帯は少しだけ涼しく感じられるようになりました。真夏から晩夏に向けて、ちょっとずつ季節がすすんでいるようです。


先日、神戸・大阪に行きました。

NEC_1016.JPG
神戸では、ナガサワ文具センターで万年筆のインクを買いました。
「神戸インク」という、ナガサワ文具センターのオリジナルのインクシリーズです。

「神戸インク」の名のとおり、神戸の地名にちなみ、北野異人館レッド、元町ルージュ、海峡ブルー、灘ブラウン、摩耶ラピス、生田オレンジなど、全40色以上そろいます。

インクボトルはセーラー社のものと同じカタチをしています。
セーラー社に依頼してつくっているのかな。

わたしが購入したのは、波止場ブルーと、六甲アイランドスカイの2色。
さわやかな若々しいブルーです。
まだ使用前。ゆっくり使っていこうと思います!



つづいて、海岸通にあるSt.Japonism さんに行きました。

P8170060 (640x480).jpg
P8170061.JPG
P8170065 (640x480).jpg
店内には活版印刷機があり、ポストカードや封筒を買ったら、自分でその場で活版印刷を体験することもできます。

活版印刷は数年前から、若いクリエイターさんの間で人気ですね。デコボコっとした紙の触り心地が気持ちよく、インクのかすれに独特の風合いがあります。
人工的な感じではなく、朴訥とした印象を受けるところがうけているんでしょう。

NEC_1014.JPG
一筆箋、ポストカード、封筒などいろいろ。
どれもシンプル。紙質がいいので温かみがあります。男性にも使いやすく、飽きがこないシリーズです。

左のカギのモチーフはもともと(活版)印刷されたもの(既製品)。右のペリカンのモチーフは、店内で買った封筒に、店内にある活版印刷機をお借りして、自分で(活版)印刷したものです。


大阪では心斎橋のハイセンスなカード専門店/ウイングド・ウィールさんへ。

こちらは表参道にあるお店の姉妹店。表参道にはこれまで数えきれないほど行きましたが、心斎橋店ははじめて! 

お店の雰囲気は、心斎橋店のほうがちょっとシックかな。
品ぞろえは同じだそうです。ハグルマ封筒という封筒屋さんが母体のお店です。
P8170082 (640x480).jpg

とにかく暑い1日で、昼間っからビールを飲んだりしていたので、写真の顔が酔っ払っているみたいで、失礼します~~~




ページTOPへもどる

2012年7月 6日 10:59

那須高原でリフレッシュ!手紙が書きたくなるカフェ、ほか。

こんにちは、いかがお過ごしですか。
わたしは先日、秋に発売予定の書籍の原稿をひとまず書き終えたため、リフレッシュしに那須高原に旅行してきました。


NEC_0438.JPGこちらは「乙女の滝」。かわいらしい名前ですね。
この滝で乙女が髪を洗っていたとか、またその乙女の足は魚のカタチをしていたなどの言い伝えがあるようです。

DSC_0919.JPGDSC_0917.JPG マイナスイオンたっぷり!
気持ちのいい空気をたくさん吸ってきましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝、宿泊したホテルの近くを散歩していると、ふだんは聴いたことがない鳥たちの声がたくさん聴こえてきました。

何を話しているのやら、ソプラノあり、アルトあり、テノールあり、バスはないかな?(笑)の、文字通りの大合唱でした。

鳥の声に耳を傾けるっていいですね。

普段は何かと追われるばかりでなかなかそういう心持ちになりにくいものですが、たまのリフレッシュ旅行でエネルギーをたっぷりチャージして・・!! またお仕事、がんばろうと思いました。

 

那須高原といえば、こちらのカフェ(SHOZO CAFE)も有名ですね(写真撮影NGとあったため、写真がありません)。

勝手に、手紙を書きたくなるカフェ№1!

静かで、ゆったりしていて、落ち着くからでしょうか。
テラス席は明るくさわやかなので、さっぱりハガキを書くときに。
室内の奥のほうのイス席はどこかなつかしい小学校の教室のような雰囲気も。こちらは友だちに近況報告のレターを書くときになど。

都心からはちょっと遠いですが、車で3時間かけても行きたくなります。

 


**

NEC_0447.JPGこちらは、友だちからのプレゼント。

盲導犬のチャリティーグッズだそうです。

ミドリさんのD-CLIPS、かわいいですね!


昨日(5日・木)、東京ビッグサイトのISOT(国際文具・紙製品展)に行ってきました。

デザインフィル ミドリカンパニーさんのブースは巨大な展示会にあって、ひときわ美しく輝いていましたよ。

 

 

 

 

ページTOPへもどる
前の5件  |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました