プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

手紙の達人ご紹介の最近のブログ記事

2011年11月 4日 21:25

押切もえさんフォトエッセー『LOVE my LIFE!』に掲載していただきました!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
今日はだいぶ暖かくて、シャツ1枚でも十分なくらいでした。暦の上ではそろそろ立冬なんですけれど。急に寒くなったときに、風邪に注意ですね。


昨年夏、OLさんを中心に大勢の読者さんに読まれているフリーペーパー『シティリビング』さんの企画で、タレントでモデルの押切もえさんに、一筆箋の書き方・楽しみ方をレクチャーさせていただきました。

 *そのときの模様はこちらに書いています

もえさんは外見の美しさはもちろんのこと、だれに対しても腰が低く、チャレンジ精神旺盛。気配りもできるしっかりした女性で、わたしなどマジマジと見つめてしまうばかり・・。
手書きで一筆したためることも日常的にやっているそうで、取材当日も楽しみながらスラスラと書いてくださいました。


lovemylife2.JPGそしてこのたび、そのときの様子を収録した押切もえさんのフォトブック『LOVE my LIFE! ~オトナ女子のための自分磨きレッスン』(扶桑社刊)が発売になりました!

ほかに、フラワーアレンジメント、テーブルコーディネート、料理、パン作り、ボイストレーニング、座禅、アロマテラピーなど、全部で15のレッスン風景とそれらを通して感じたエッセーが、もえさん自身が描いた絵画と一緒に掲載されています。


lovemylife1.JPG一筆箋のレッスンページでは、「インクの温かみや文字のクセが'私'を伝えてくれる重要な要素になる」の一文が、とりわけうれしく感じられました。


もえさんは、とても気持ちのよい文章を書く方ですね。
心に壁をつくらず、そのときどきに感じる気持ちを素直な言葉で表現するから、そう感じられるのでしょう。

タレントさんという不特定多数の人たちから見られる職業をしていながら、そうやって自分をさらけ出せるって、本当にすごいことだと尊敬します。


『LIVE my LIFE! ~オトナ女子のための自分磨きレッスン』扶桑社刊、1470円(税込)
 

わたしは読んでいて、とっても気持ちよ~くなりました。

今よりもっとキラキラ輝きたい女性に! 何か習い事をはじめてみようかな、と思っている方にもぜひ。
お手にとってみてください。

 

 

 

ページTOPへもどる

2010年9月22日 15:02

今日は中秋の名月です。季節をあらわす言葉&「赤」に秘められた技術・伝統

こんにちは、いかがお過ごしですか。
こちらはまた気温が上がり、汗ばむほどです。

さて、今日は中秋の名月。
毎月満月はやってきますが、「名月」と呼ばれるのは、旧暦8月15日の中秋の名月だけ。
他の月の満月を「めいげつ」と呼ぶときは、「明月」と書いて区別するそうです。

ほかにも、中秋の名月を「芋名月」と呼ぶのは、その年の作物の収穫に感謝して、芋(里芋)を備える習慣があったから。
中秋の名月の夜に、雲で月が見えないときの呼び名を「無月(むげつ)」といい、雨になってしまったときの呼び名を「雨月(うげつ)」という・・

以上、いつも読んでいる「日刊☆こよみのページ」メルマガから、引用させていただきました。


**

手紙やメールの書き出しで、季節をあらわす言葉を添えると、どことなく情緒豊かな、風情を感じさせる文面になりますね。

saijiki.JPGわたしの場合、上記でもご紹介している「日刊☆こよみのページ」メルマガ&ウェブサイト、それから写真の『和の暮らしが楽しい!おうち歳時記』(成美堂出版)を参考にすることが多いです。
また、拙著『一筆箋の書き方、楽しみ方』(KKベストセラーズ刊)の中でも、毎月の行事・歳時記にからめた書き出しの文例をご紹介しています。

 

日々の生活に、古きよき自然を祀る慣習を取り入れるのは、なかなかどうして、むずかしく思えることもあります。
今日も本当はお団子を手づくりして、すすきを添えて、神棚にお供えしたりするといいのでしょうけれど、気持ちが行動に追いつかないわたしは、せいぜいスーパーで適当なお団子を見繕って帰るくらい。。

せめて、手紙でもメールでもなんでもいいので、自分なりにムリしないでできる範囲で、こうした古きよき慣習を受け継いでいきたいものだと思いますね。


**

kaishi.JPG古きよき慣習といえば、こちらも! 先日、日本橋「はいばら」さんで購入した、お懐紙です。

こちらは寿用。おめでたごとのお祝い品をいただいたときの、ほんのお返し(おかえし→おかいし→お懐紙)として使うものだそうです。

海老蔵さん・真央さんご夫妻も使っていると聞き、ミーハー心がくすぐられました。。(笑)

 

この指し色の「赤」の美しさ・・、実際に目で見ると、ほんとうにすばらしいです。
はいばらの女将さんいわく、大量印刷とは違い、いまの時代も摺り士さんが摺っており、この「はいばらの赤」を出せる職人さんは、今、一人しかいらっしゃらないそうです。@最近はその職人さんもご高齢なので、ほかの方にもお願いさせてもらっている、とおっしゃっていましたが。

決して譲れない部分なのでしょうね。
何気なく店先に並んでいる商品に、そんなにも奥深い技術や伝統が隠されているなんて・・。。話を聞く間、いちいち感嘆している自分がいました。


 

 

ページTOPへもどる

2010年8月11日 19:01

押切もえさんに、お会いしました!「シティリビング」さん取材にて。

こんにちは、いかがお過ごしですか。
残暑、残暑、残暑。セミの鳴き声もだんだん大きくなっていますね。夜になると、ほんの少し、秋の気配を感じます。

 

さて、今日はタレントの押切もえさんに、お会いしました!

moesan.JPGサンケイリビング新聞社さん発行の「シティリビング」(OLさん向けフリーペーパー)の企画で、もえさんが毎回、いろんなお勉強モノにチャレンジする「もえレッスン」というコーナーがあります。

今日はそのワンコーナーとして、一筆箋の書き方・楽しみ方をお教えさせていただいたんです。


もえさんは、とても感受性が豊か。
言葉に対する意識が高く、のみこみも早い! 「打ては響く」といった印象です。何を聞いても自分の言葉でしっかりと答えてくださるので、聞いていてすがすがしく、小気味良かったです。

人と接するときの姿勢、とりわけ「心から伝えることの大切さ」についてお話してくださったのが、印象深く、わたしのほうこそたくさん勉強させていただきました。ありがとうございました!


moemode.JPGもえさんのブログにも、掲載していただいています。
押切もえさんオフィシャルブログ/「moemode」
 

本日の模様は、「シティリビング」今秋発行号に載る予定です!またご報告します~。

 

**

もえさんは今月2冊の本を上梓されたそうです。「心の言葉」(小学館刊)、「reborn 30歳で生まれ変わる。」(AERAムック、朝日新聞出版)、すごく読んでみたくなりました!!


 

ページTOPへもどる

2010年7月20日 20:49

一筆箋から学ぶ、日本美術や伝統工芸。「五十崎」の読み方、ご存じですか。

こんにちは、いかがお過ごしですか。
梅雨が明けました。西日本のほうでずいぶんゲリラ雨が強く降りましたね。テレビで映像を見るたびにビックリしていました。

nishinosora.JPG
こちらでは、ここ数日、夕方の空がドラマチックです。見ようによっては、ちょっと気味が悪いくらい赤々しています。


さて、最近いただいたプレゼントをご紹介します!
こちらは、憧れの女性のひとりNKさんからいただいたもの。このNKさんは、元・国際線の客室乗務員。今は弁護士をしている才色兼備を絵に描いたような女性なんです。ありがとうございます!

nihonbijyutsu.JPGミニサイズのファイルフォルダーは江戸時代の絵師/酒井抱一が描く菖蒲。

左下は、江戸時代初期の絵師(浮世絵を確立したとも言われる)菱川師宣による「見返り美人図」。
中央は、以前にもご紹介した坂本龍馬の一筆箋(の色違い)。
そして、右端の表紙に「細川家の至宝」とあるのは、明治時代の絵師、菱田春草による「クロネコ」。かつての総理大臣だった細川護熙さんが現当主をつとめる、熊本の細川家が所有する絵画をモチーフにしているのですね。


また、こちらは読者の方からいただきました。YYさん、ほんと、ありがとうございます!

osuwashi.JPGすべてYYさんのご地元である、愛媛県喜多郡内子町五十崎(いかざき)の大洲和紙(おおすわし)でつくられたものだそうです。

四国は水がきれいなこともあり、和紙の産地として有名なところがいくつもありますね。
中でも、この五十崎(いかざき)に関しては、ちょうど先日、東京ビッグサイトで行われた展示会「ISOT」にて、五十崎社中さんという手漉き和紙の会社の社長さんとお話ししたばかりだったこともあり、YYさんからいただいたお手紙に、すごくビックリしました!


今回、わたしはいただいた一筆箋をきっかけに、いろんなことを学んだ気がします。

日本画の絵師や、その絵師が活躍した時代、五十崎という土地の地理や伝統工芸について・・。
ikazaki.JPG五十崎社中さんや内子町のウェブサイトを含め、たかだかほんの数十分、検索した程度ですが、それでも今回のことがなければ、ひょっとしたら、わたしはこの五十崎という土地について、一生、興味を持たないまま過ごしていたかもしれません。

一筆箋は美術や伝統工芸の勉強材料としても使えるのですね。

むーん。すごいぞ!一筆箋☆

五十崎社中さんのウェブサイトも、すごく素敵ですね!

 

 

 

ページTOPへもどる

2009年9月30日 17:58

手紙アイテムが大好きな姪っ子。なんとまぁ、血とはオソロシイもので・・

こんにちは、いかがお過ごしですか。
わたしは今日は、予定していた仕事が急遽、先方さんのインフルエンザのためキャンセルになり、ぽっかり時間があきました。おかげで、期限が切れたパスポートの申請や運転免許証の書き換えなど、放ったらかしにしていた手続きをまとめてやり終えることができ、ホッ!
インフルエンザ、だいぶ流行りつつあるようですね、気をつけたいものですね。

 

さて、月末です。今月はわたしにとって、家族月間。もろもろの事情により、週末のたびに姉のところで甥っ子・姪っ子と一緒に過ごし、休み明けの朝イチの電車で戻ってくるという1ヶ月でした。

ali.JPGなかでも中学1年生の姪っ子は大の手紙好き。さすが、わが姪っ子です! 引き出しいっぱいに、便箋やらメモ帳やらシールやらを、ため込んでいました。→

fusentsuki.JPG← こちらは大人顔負け、ミニサイズの付箋紙つきのボールペン&蛍光ペン。住友スリーエム社のもので、ネットで調べたら1本262円でした。中学生の限られたお小遣いの中からペン1本に262円も払うのは大変だと思うのですが、、血はコワイです~。。

origami.JPGお友達に手紙を渡すときには、写真→のように、便箋を可愛らしいカタチに折って、蛍光ペンで色を塗ってから渡すんだそうです。ずいぶんとまぁ、手が込んでいますよね。

stecker.JPG交渉の末、なんとか譲ってもらったステッカーたち。
中央にあるのは、わたし宛に書いてくれた手紙の封筒です。「DEAR」のつづりが「DERA」になっているのはご愛嬌。。どこまでも憎めない姪っ子でした。。

**


家族といえば、拙著『できる大人の"一筆添える"技術』の「あとがき」で書かせていただいたように、わたしは長く父との心の交流が途絶えていました。いろんなきっかけが重なり、手書きの手紙(このときはファックス)を送ったことで、長く胸につかえていたものを解放することができました。

その後、父とはもっぱら携帯メールでやりとりしています。同じように、何気ないことしか書きませんが、最近はメールでハートマークを飛ばしまくっているんですよ。ゲンキンなものですが、、今ではすっかり父とのやりとりを楽しめるようになりました。

家族との関係に行き詰ったら、手紙を書くのがおすすめ! 

とりわけ、親子の会話は、感情が深く入り過ぎることが多いですものね。手紙のように、いったん熱を冷ました状態で気持ちを伝えると、お互いがよりわかりあえるように思います。

 

ippitu.jpgのサムネール画像

★新刊案内『一筆箋の書き方、楽しみ方』(KKベストセラーズ刊、550円税込)★

文庫本です。一筆箋のいろんな種類、活用方法、工夫の仕方、ひと言でドキっとさせるフレーズや、かんたん時候の挨拶などについて、ご紹介しています。

写真がいっぱい!見ているだけで楽しいと思います。

お求めやすい価格なので、ぜひお手にとってみてくださいませ。そして、身近な方におすすめしていただけましたら、とってもうれしいです! 

 

ページTOPへもどる
前の5件  |  1  |  2  |  3  |  4  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました