プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

お気に入りの便箋類の最近のブログ記事

2015年12月21日 09:53

ツタヤビジネスカレッジでDVD1位!、TBS「Nスタ」出演、美濃和紙の古川紙工・代表と対談、一筆箋の使い方、冬グリーティング切手がおすすめ!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
いよいよ年の瀬が近づいてきました。今週はクリスマスウィーク! 楽しく過ごせそうですか。

インスタグラムをやっています。IDは、tegami.or.jp  です。
インスタグラムで投稿した写真をブログにも転載します。


■ TSUTAYAビジネスカレッジで販売&レンタル中の拙DVD 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』が、現在ランキング1位です! 
年賀状がらみで少しメディアに出たからかな? 一生懸命、しゃべっています(笑) TOPページから動画を視聴できます。お役に立てれば、うれしいです。

tsutaya-1.PNG

■12/15(火)、TBSの夕方の情報番組「Nスタ」、制作協力しました。もらってうれしい年賀状の書き方のコツ。当日の朝、電話を受けて、その日の夕方にはもう番組になるなんて! なかなか急なお話でした。
tbs-nenga.JPG
■ 岐阜県美濃紙に本社を構える、美濃和紙の古川紙工、古川社長との対談記事を当協会のHPに公開しています。手の平サイズのキュートな一筆箋/「そえぶみ箋」が今、売れています。ぜひご覧ください。

_CMP4041 (853x1280).jpg

■ 「そえぶみ箋」といえば、来年3月に、そえぶみ箋の書籍が出ます。わたしも監修者として製作に携わっているのですが、現在、書籍の付録になる「そえぶみ箋」のデザイン案を大募集中だそうですよ! くわしくは、そえぶみ箋のフェイスブックページをご覧ください。

sobumisen1.JPG
soebumisen2.JPG


■ 便箋や一筆箋は、ちょっとしたお菓子をおいたり、コースター代わりにも使えます。
midori-ippitsu.JPG
■ 先日発売になった、今シーズンのグリーティング切手(52円)の絵柄は多肉植物。最初HPで見たときは「?」と思いましたが、実物を見ると、すごくいいですね! 見れば見るほど、そして、使えば使うほど、素敵さを実感しています。すごくおすすめです!

tanikushokubutsu.jpg

■下の写真は、通信講座「手紙の書き方講座」の添削サンプルです。講師のみんながいつも丁寧に、熱心にがんばってくれるから、わたしはそのたびに力をもらっています。
手紙の書き方コンサルタントになると、通信講座の添削のほかに、書籍監修、カルチャーセンターでの講師といった活動ができます。
大阪在住のおかもと円果講師は、来年から、大阪近辺のカルチャーセンター7か所で講座を担当するとか。大活躍です!! あなたも一緒にはじめませんか。

tensaku-sample.JPG
上の写真は、静岡県富士市在住の、金子えりか講師が添削したものです。


今週もよい1週間をお過ごしください。



ページTOPへもどる

2015年11月 9日 17:11

もうすぐ文庫化、ラーメン&すき焼き切手、『ESSE』12月号、読売新聞、お手紙キット(冬)発売!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
秋を満喫していますか。

前回にひきつづき、Instagram に投稿している写真を、こちらにもアップします。IDは、tegami.or.jp です。


■3年前に出版していただいた『たった3行のシンプル手紙術』(日本経済新聞出版社刊)が、もうすぐ文庫になります!
12月初旬、発売予定です。文庫になると、より若い人も買いやすくなるし、パソコンデスクの上に立てかけておけるから、使い勝手もよくなりますね。新たに追加した章もあります。どうか、お楽しみに!

IMG_0950.JPG

■先日発売になったラーメン&すき焼き切手は、なんと、1シート買っても180円! これ、とってもキュートですね!
18×4枚+10円切手で82円になりますし、 ポストカードでは3枚貼って2円オーバー(←気にしない)という方法もあります。そもそもは海外に年賀状を送るとき用(52円+18円=70円)に発売されたものですが、いろいろ貼り方を考えて、楽しみたいですね!

IMG_0978.JPG

■11/7発売、雑誌『ESSE』(扶桑社)に、監修協力した記事「気持ちが伝わる1行メッセージ」掲載していただきました! 付録として、エッセ×水縞さんのメッセージカードが付いています。
お料理のページもさすがに充実していて、見ていて飽きない雑誌です。

esse1107.JPG
■11/4(水)、読売新聞の朝刊、くらし面で、拙著『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』(PHP研究所刊)の紹介文を掲載していただきました。ありがとうございます。

yomiuri1104.JPG

■商品セレクト&文例監修したお手紙キット<冬>、デザインフィル社のミドリ オンラインストアにて、発売開始です! 今回は冬の花の代名詞でもある椿の紙シリーズ便箋&封筒セットほか、定番商品を選ばせてもらいました。ぜひ、サイトをチェックしてみてください。

midori-fuyukit.jpg



ページTOPへもどる

2015年11月 2日 13:17

講座の様子、封筒にまっすぐ宛名を書く方法、そえぶみ箋、まんが「とめはねっ!」、女性セブン掲載。

こんにちは、いかがお過ごしですか。
11月になりました。これからどんどん気温が下がりますね。体調管理に気を配りましょう!

Instagram (IDは、tegami.or.jp )にアップしている写真をこちらにも掲載します。


■10/31(土)、11/1(日)と、当協会の手紙の書き方コンサルタント認定講座を行いました。1名は岩手県から、もう1名は熊本県から参加していただきました。本当に、ありがたい限りです。今後の活動にますます力が入ります。

IMG_0945.JPG

■封筒の宛名書きが苦手な人は、ミニサイズの便箋に相手の住所と宛名を書いて封筒に貼るのがオススメ! まっすぐ書けますよ。写真は、浜松市在住の認定講師/熊谷蘭夢さんから届いた1通。古川紙工さんの、そえぶみ箋を使っています。切手の貼り方もGOOOOOですね! リスのシールも効いています。

soe1.JPG
■こちらも、封筒にそえぶみ箋を貼るアイデアです。こちらは富士市在住の認定講師:金子えりかさんから届きました。きれいに貼るには、スティックのりをそえぶみ箋の後ろ全面に塗って、息を止めて、一気に貼るのだそうです。その際、宛名は先に書いておきましょう。書き間違えができませんからね。

soe2.PNG
■上の写真の拡大版です。かごの中の鳥が覗いている先は...... コーディネート力がすごいですね(うっとり)。富士市内の郵便局の風景印つき。もちろん、富士山! 

soe22.JPG

■マンガ「とめはねっ!鈴里高校書道部」(河合克敏さん著、小学館)のコンビニ向け版で、コラムの連載がはじまりました! これから10か月間、毎月1冊ずつ発売の予定です。本当におもしろくて、ためにもなるマンガです。コンビニで見かけたら、ぜひ買ってください!

tomehane.JPG

■同じく小学館の『女性セブン』でも取材していただき、今週号に記事が掲載されています。渋谷のロフトでは一筆箋の売上が対前年130%なのだそうです! すごいですね! 一筆箋はデザインのバリエーションが広く、買うのも楽しいですよね。わたしもそろそろ冬物を探しに行こうと思います。

IMG_0947.JPG



ページTOPへもどる

2015年10月26日 09:33

鳩居堂はがき、ビバレッジカード、ペリカン社の茶色インク、仔犬切手など

こんにちは、いかがお過ごしですか。

先日から Instagram をはじめました。
知っている人はよく知っていると思うのですが、写真を投稿するSNSです。まだはじめたばかりですが、1日1つずつアップしていこうと思い、毎日こまめに写真を撮るように心がけています。

一筆箋、レターセット、万年筆、切手、雑誌で監修した記事や取材を受けている様子など、同じものをこれからブログにもアップしていこうと思います。

InstagramのIDは、 tegami.or.jp です。見つけてもらえたら、うれしいです。


■鳩居堂のシルクスクリーンはがき。ペリカン社のブラウン色のインクをあわせました。秋だもの。
IMG_0889 (480x640).jpg

■スターバックスのビバレッジカード、ハロウィン版。スタバのコーヒー1杯、無料チケットが付いています。これ、もらったらうれしいですよね? 食事をごちそうしてもらったお礼に、編集者さんに送りました。
IMG_0895 (640x558).jpg
■10/23(金)発売の記念切手。仔犬シリーズのシール切手です。好きな人は大好きな切手だと思います! わが愛犬@シーズーとヨーキーのMIXとともに。

IMG_0900 (640x640).jpg

■雑誌『新世』(一般社団法人倫理研究所刊)、今号で1年間の連載が終了しました。タイトル「しあわせ贈る手書き術」、ありがとうございました!

IMG_0913 (585x640).jpg

■おまけ、こちらは現在のお花です。大輪のユリ、満開です。
IMG_0912 (480x640).jpg


ページTOPへもどる

2015年9月 3日 18:20

お手紙キット(秋)発売!

こんにちは、いかがお過ごしですか。

今年は夏の終わりがあっけなかったですね。
着るものと同様に、一筆箋やポストカード、万年筆のインクも、早々に秋向きのものにシフトしている人が多いようです。

これから先は、紙もインクも、オレンジ、えんじ、モスグリーン系のものに手が伸びるでしょうか。

わたしがセレクトした「お手紙キット(秋)」も、デザインフィル ミドリカンパニーさんから好評発売中!
どれも美しく、眺めているだけでうっとりしてしまうデザインです。

下記サイトからご覧ください。

midori_aki2015.jpg

**

つい先日、2冊の書籍を同時発売していただいたと思ったら、ここ数日で10月初旬に出る予定の書籍が(ほぼ)校了となり、次は12月に出る書籍の編集作業がはじまります。

代表をつとめる手紙文化振興協会は、10月1日に創立2周年を迎え、同じ頃、ビジネスパーソン向け通信講座「仕事で差がつく! メール・文章の書き方講座」の発売を開始します。

イベントに出展したり、講座を開催して講師を育成したり、DVDをつくってもらったり、講演会に呼んでもらったり......。

夢中になって取り組める仕事に出会えて、わたしは本当に幸運です。
日々、感謝の気持ちを忘れずに、必要としている人のお役に立てるよう、励んでいこうと思います。


**

hana_aki1.JPG
数か月前から、近所のお花屋さんにお願いして、定期的にお花を配達してもらっています。

赤い実はウメモドキ。
茶色く見える小さなツブツブはワレモコウ。
ほかに、トルコキキョウとユリ。





hana_aki2.JPG
こちらの中央の白い花は蘭の仲間だと思うのですが、名前を聞いたのに失念してしまいました。カトレアの仲間かな。
(シンビジュームと判明しました!)

お花もすっかり秋模様です。



ページTOPへもどる
前の5件  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました