プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

お気に入りの便箋類の最近のブログ記事

2016年8月17日 20:28

この夏、届いた手紙いろいろ。風景印や、小学生のものや、メーカー、茶め~るも!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
お盆休みとオリンピックの熱戦と。さすがに生活リズムが崩れますが、ちょっとずつ元のペースに戻していきたいですね。

この夏、手元に届いた手紙の中から、えりすぐりのものをご紹介します。

■ こちらは風景印付きの2枚。右下のものは、祝日「山の日」を記念したものですね。どちらも同じ知人(風景印マニアさん)が送ってくれました。
yamanohi_fuukeiinn.JPG
■ もうひとつ風景印。愛媛県宇和島市在住の読者さんが、送ってくれた1枚です。よく見ると、流しそうめん? おもしろい~!
ehime_simoono_fukeiin.JPG
■ 当協会の通信講座の受講生の息子さん(小学2年生)が送ってくれました。小学校低学年の頃から暑中見舞い状を書くなんて、すばらしい!
kodomo_card.JPG
■ レターセットメーカー/日本ホールマーク社の広報さんから届きました。写真ではわかりづらいですが、細かなカッティングが非常に美しい1枚です。
グリーティングカード市場は年々、ゴージャスになりつつあります。どれもけっこういい値段しますが、この1枚でギフトになりますね。裏面にメッセージが書けます。
hallmark2016summer.JPG
■ こちらも日本ホールマーク社のもの。先日発売になったばかりの新シリーズです。下は、デザインが異なるポストカードが20枚、上のレターセットも1枚ずつすべてデザインが異なります。めくるごとに新鮮な驚きがありますね。
hallmark2016_20cards.JPG
■ 当協会の受講生から届きました。このレターセットは、Honey*style さんという、もともと東急ハンズのバイヤーだった・はにぶちかづこさんが、「自分の納得のいくレターセットがほしい!」というコンセプトで立ち上げたブランドのものです。ハニさんのレターセット、どんどん進化しています。
honeystyle_natsuletter.JPG
■ 最後は、当協会の認定講師/金子えりかさん(静岡県富士市在住)から届きました。ご親戚のお茶屋さん・金子園さんと共同で作ったCHA MAIL(茶め~る)。中に1杯分のお茶が入っており、切手を貼ってそのままポストに投函できます。すごくいい商品ですね!! 地元のテレビ局でも取り上げられ、市外から買いにくる方もいるのだそうです。
kanekoen2.JPG
裏側です。金子さんは絵手紙の先生でもあるので、こういうぬくもりのあるタッチが大得意。富士市だから富士山。切手も、風景印も、もちろん富士山でコーディネート!
kanekoen1.JPG
日々、お手紙をいただいており、返事が遅れている方もいます、ごめんなさい! 気長にお待ちくださいね。

今週は初めて鹿児島に行きます。女性向けキャリアアップセミナーの講師をつとめます。楽しみです!

9月になると、いろいろと新しいお知らせがあります。
まだもう少し蒸し暑い日がつづきそうですね。ご自愛ください。


ページTOPへもどる

2016年8月 3日 11:12

研修のお声、石川&静岡のフォルムカード、2016ふみの日切手、ミスの上手な隠し方、研修時の写真です!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
8月になり、暑さのつかれが出やすい頃ですね。わたしも少し体調を崩し気味でしたが、たぶんもう大丈夫かな。


先日、企業研修で女性用下着の販売員さん向けに研修を行ったときのお声を紹介します。

■売り場で実践できるヒントをたくさんいただきました。難しくしないこと、継続すること、感性を磨くこと、接触頻度をあげることが成約率につながること。さらりとしたいい印象のポイントを、とてもたくさん勉強できました。

■DMを書く機会はありますが、ありがちな「ご来店お待ちしています」など、ワンパターンでした。表現方法やワンポイントの工夫など、さまざまな角度から見て書くアイデアが素晴らしかったです。

■手書きすることが単純に好きだったのですが、奥の深さに驚きました。もっと相手を思いながらさらに言葉のセンスを磨いて、ハガキやカードを書けるようになりたいと思いました。

■手紙を書くことの本当の意味を知れたと思います。文が心に残るのではなく、その人(自分)の想いが相手の心に残る! 言葉を書く楽しさを知りました。

■1枚のポストカードから「可愛い」が感じられました。バランスや文字色、自分の文字がいちばん可愛くまとまる工夫をしたいと思います。日々勉強ですね。


**

■ 石川県のフォルムカード。仕事で北陸に出かけたのは、初めてでした。また行きたいです。

ishikawa_formcards.jpg
■ もうひとつ、静岡県のフォルムカード。こちらは、宝石の販売員さん向けの研修で訪れました。
shizuoka_formcards.jpg
■ 今年のふみの日(7/23)切手は、文房具柄! 季節を問わずに使えるので、これはまとめ買いです。持ち運びに便利な折れるタイプのシートもなつかしい。20年ぶりくらいでしょうか。20代のころ、手帳に挟んで使っていたことを覚えています。
2016fuminohikitte.jpg
■ 当協会の認定講師/熊谷蘭夢さん(浜松市在住)から届いた1枚です。住所の書き損じた箇所にシールを貼っています。封筒とシールの色を同系色でそろえているところがポイントですね! こういうアイデアも、アリだと思います。
kakisonji_seel.jpg

■ 以下は、熊本市内の企業で研修を行った際の写真です。午前と午後、2部制で行いました。ありがとうございました!

P1030718.JPG
P1030763.JPG
P1030766.JPG

ページTOPへもどる

2016年7月26日 09:26

企業研修のご報告、熊本と北海道のフォルム―カード、くまモン一筆箋、昭和スター切手、暑中見舞い、滝めぐり。

こんにちは、いかがお過ごしですか。
夏まっさかり。水が手放せない毎日ですね。

先日、熊本県内の企業で、「手書きのひと言でお客様の心をつかむ!」研修を行いました。
アンケートに記載していただいたテキストをいくつかコピーします。

■社員が満足していたようでした。受ける前は迷いがあったようですが、もっと気軽に書いてよいと意識が変わったと思います。つい書くことに一生懸命になり、自己満足で終わることが多かったと思いますが、読み手のことを考えられるようになりました。(社長さん、Mさん)

■お客様へのハガキの重要性や効果は感じていましたが、さらに見ていただく・喜んでいただける手紙について、具体的にポイント立てて教えていただきました。言葉のセンスを磨くワークがよかったです。1つの事柄でもさまざまな表現方法があり、多ければ多いほどいいことがわかりました。説明の仕方や内容、とてもわかりやすかったです。(役員さん、Tさん)

■自由にのびのびと書くことや楽しく書くことは効率的に仕事することと相反すると思っていたので、「目からうろこ」でした。単に文章を書く、手紙やハガキを書くだけにとどまらず、表現力や言葉のバリエーション、インスピレーションなど、幅広く教えていただき、勉強になりました。(テレホンアポインター、Yさん)

■手紙を書くことを通して、様々なものに興味を持って視点を変えながら物事を見る大切さを知りました。とても楽しい研修会であっという間でした。(Kさん)

■手紙は文章力・国語力が一番大事だと思っていましたが、いろいろな要素が相まっての総合力、芸術なのだなと感じました。また、相手に喜んでいただく・覚えていただくのが目的なのはわかっているつもりでしたが、そのためにどうすればよいのか、具体的に教えていただきました。お話もゆっくりとわかりやすく、実際に自分たちで頭を使うワークもあり、楽しく勉強しました。(Yさん)

■具体的なお詫びの文章がわかりました。ただお詫びすればよいわけではなく、きちんと文章の流れにそってお詫びしなければいけないことに気づきました。丁寧に書くからといって誠意が伝わるとも限らないのだと思いました。(Yさん)

**

■ 出張時の楽しみは、その地の郵便局に寄って各都道府県限定のフォルムカードをゲットすること。こちらは熊本のフォルムカードです。全種類、お土産にいただきました。ありがとうございます!
kumamoto6shu.jpg
■ ホテルの売店で見つけた、くまモンの一筆箋とミニミニ箋。ミニミニ箋はほとんど何も書けない小ささですが、これはこれですね。見つけた瞬間、一人、ふふふと、ほくそ笑みます。
kumamon_miniminisen.JPG
■ 北海道のフォルムカード。こちらはすべて、受講生から旅行のお土産でいただきました。たぶんコンプリート! ありがとうございます!
hokkaido6shu.jpg
■ 暑中見舞いが毎日、続々と。ありがとうございます!
2016summer_todoitacards.jpg
■ 受講生から届いた通信講座の課題提出用封筒。美空ひばりさんの切手に目が留まりました。昭和スター切手。わたしも好きで、写真の3枚を持っているのですが、もったいなくてなかなか使えません。大切な1枚で送ってくれたことに感謝です。
showa_stars.JPG
■ 伊豆の河津七滝に遊びに行きました。滝めぐりは爽快でした。
2016summer_izu2.JPG
2016summer_izu5.JPG
2016summer_izu3.JPG
2016summer_izu4.JPG
2016summer_izu.JPG
shota_summer2016.JPG
充実感あふれる夏になりますように。


ページTOPへもどる

2016年6月27日 11:57

夏の切手、愛犬1周年とそえぶみ箋、拙著『3分ハガキ術』発売、雑誌アントレ掲載

こんにちは、いかがお過ごしですか。
6月も最終週。これからどんどん暑くなりますが、毎日元気に過ごしたいですね!

■ 写真は、最近購入したシールタイプのグリーティング切手です。左は梅雨が明けてからのほうが、使いやすいかな。右の和の文様シリーズは、和テイストのハガキ&封筒によく似合いますね。わたしは52円のほうがお気に入り。さっそく使いまくっています!
kitte2016natsu.jpg
■ ちょうど1年前の6/21、我が家が正式にもらいうけたワンコ/しょうたろう。1周年なので、写真を撮りました。この1年で一番のニュースは、そえぶみ箋になったこと! 監修本『そえぶみ箋の使い方』にも写真が載って、本デビューも果たしました(笑)。
shota1nen_soebumi.JPG

3hagaki.jpg
少しずつ感想が届いており、中には「社内で教科書として使わせてもらう」というものもあり、うれしく感じています。アマゾンでもレビューがつき、ありがたいです!

出版業界は今、とてもきびしくて、なかなかしんどい現実がありますが、それでもやっぱり本づくりは楽しいですし、見えないだれかの役に立てるのかなと思うと、やりがいを感じます。

よろしければぜひ、お手にとってみてください(写真は、紀伊國屋書店新宿本店です)。
shinjyuku_kinokuniya3hagaki.JPG
■ リクルートの起業情報誌『アントレ』夏号、取材協力しました! 起業家向けに、3行メッセージ術をお話ししました。

2016natsu_antre.JPG
来月からセミナー・研修・講演会等で、長距離移動と人前に立たせていただく機会が増えます。体調管理に気を付けないと。

今週もよい1週間になりますように!

ページTOPへもどる

2016年6月 6日 11:11

東洋経済オンライン、BUN2、静岡新聞に掲載、フォールマークの20Designsが素敵、表参道で文具店めぐり。

こんにちは、いかがお過ごしですか。
関東でも梅雨入りしました。今年の梅雨は長いのか、短いのか。いずれにしても、雨を楽しみたいですね!


■ 東洋経済オンラインで、「差がつく!一筆添える技術と鉄板フレーズ」と題して、拙著『できる大人の'一筆添える'技術』(KADOKAWA)の記事を掲載していただきました。

toyokeizai.jpg
画像をクリックすると、リンク先のページに飛びます。
記事は編集者さんが書いてくださいました。読みやすいです。ぜひ「いいね!」してください。


■ 文房具のフリーペーパー『BUN2』6月号に掲載。今号は手書きの特集です。『BUN2』で掲載していただくのは、かれこれ5~6回目かな。今回は拙監修書『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』(実務教育出版)を3名様に読者プレゼント! 

20160601bun2.jpg
『BUN2』は全国各地の大型文具店で無料で手に入ります。隔月刊で、すぐになくなってしまうこともあるようです。くわしくは、最寄りの文具店にお問い合わせください。


■ 当協会の認定講師/金子えりかさん(静岡県富士市在住)が静岡新聞から取材を受け、記事が掲載されました。日本郵便の夏のおたより(かもめ~る)の発売にちなんだ記事です。祝*一面掲載!

shizuokanp_kaneko.JPG
■ 日本ホールマークの新作フェアにお邪魔しました。今年のクリスマスカードはますますきらびやかに! そして、「20Designs」というシリーズの華やかさに目が留まりました。1冊の便箋に、20枚、すべて異なる絵柄の紙がつづられています。めくるたびに気分があがります。素敵ですよ!

2016hallmark20.JPG

■ 今月25日頃、発売開始になるビジネス書の新刊の校正が無事終わり、気をゆるゆる~とゆるめて、街に出ました。

久しぶりに表参道へ。ウイングド・ウィールでお買い物して、文房具カフェを冷やかして、裏参道ガーデンという古民家で期間限定オープン中のカキモリに行きました。

カキモリはオリジナルのノートやインク(現在は休止中とのこと)をつくれることで有名ですね。わたしは一筆箋とポストカードを買いました。

kakimoni_urasando.JPG
kakimori_urasando2.JPG
urasando.JPG
よい1週間になりますように。


****
7/4(月)13時~、日本経営合理化協会主催、社長夫人向けセミナーに登壇します。いろんな意味でわくわく、どきどき! 楽しみです!
 


ページTOPへもどる
前の5件  |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました