プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

お気に入りの便箋類: 2013年8月アーカイブ

2013年8月23日 11:25

紙シリーズ「秋」。そろそろ使いたくなりますね!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
ちょっとずつ涼しく感じる瞬間が増えてきましたね。
わたしは毎朝、決まった時間にワンコの散歩に出かけるのですが、ここ数日は風が気持ちよく、夏バテ気味だったワンコもよく歩きます。


tegamisite.jpg
デザインフィル ミドリカンパニーさんが運営している「手紙の書き方」サイト、監修者として、この夏から5年目を迎えることになりました。
ありがたい限りです。

「手紙を書こう!」と思ったとき、ネットでその文例を検索することって多いですよね。
本を参考にして書きたいときには拙著をお読みいただきたいのですが(笑)、ネットで検索したいときには、ぜひこのサイトを利用してください。

文例がたくさん掲載されていますし、手書き実例も多く載っていますので、書くときの悩みのひとつであるレイアウトの参考にもなると思います。

もちろん、レターセット選びの参考にもどうぞ。

ミドリさんの大人気「紙」シリーズ。
秋のシリーズが店頭に並びはじめるようになりました。

NEC_1019.JPG
上の写真は、便箋と一筆箋、それぞれ4種。
これにお揃いの封筒もあります。
左から、もみじ柄、月に萩柄、チョコレートコスモス柄、山ぶどう柄。

個人的には、チョコレートコスモス柄がイチオシです。
山ぶどう柄は、表紙の色はけっこう強い感じのダークブラウンですが、中の紙はやさしい生成り色で、使いやすさの面でイチバンかも。
もみじ柄は秋の定番。
月に萩柄は、透かし和紙とのセットになっているので、複数枚にまたがって手紙を書くときに、「違う紙だけど同じデザイン」という楽しみ方ができます。

・・・と文字で説明しようとしても、なかなか伝わりませんね。。

店頭で見かけたらぜひ! お手にとってみてくださ~い!


NEC_1021.JPG
おそろいで、ひとこと箋と、ひとこと箋がすっぽり入る、ひとこと封筒もあります。

こちらは、手のひらサイズです。
「いつもありがとうございます」のひとことでも格好がつくので、1シーズンに1つ持っていると、外出先でも重宝します。

わたしはいつも、バッグの内ポケットに入れて、持ち歩いています。

が、バッグを持ち代えて入れ替え損ねたときに限って、急に使いたくなったりするので......(汗)
ぜんぶのバックの内ポケットに、あらかじめしまっておくほうがいいのかしら~ん。








ページTOPへもどる

2013年8月21日 15:02

神戸の街の名が付いた神戸インク、活版印刷など。神戸・大阪の旅。

こんにちは、いかがお過ごしですか。
陽が射していない時間帯は少しだけ涼しく感じられるようになりました。真夏から晩夏に向けて、ちょっとずつ季節がすすんでいるようです。


先日、神戸・大阪に行きました。

NEC_1016.JPG
神戸では、ナガサワ文具センターで万年筆のインクを買いました。
「神戸インク」という、ナガサワ文具センターのオリジナルのインクシリーズです。

「神戸インク」の名のとおり、神戸の地名にちなみ、北野異人館レッド、元町ルージュ、海峡ブルー、灘ブラウン、摩耶ラピス、生田オレンジなど、全40色以上そろいます。

インクボトルはセーラー社のものと同じカタチをしています。
セーラー社に依頼してつくっているのかな。

わたしが購入したのは、波止場ブルーと、六甲アイランドスカイの2色。
さわやかな若々しいブルーです。
まだ使用前。ゆっくり使っていこうと思います!



つづいて、海岸通にあるSt.Japonism さんに行きました。

P8170060 (640x480).jpg
P8170061.JPG
P8170065 (640x480).jpg
店内には活版印刷機があり、ポストカードや封筒を買ったら、自分でその場で活版印刷を体験することもできます。

活版印刷は数年前から、若いクリエイターさんの間で人気ですね。デコボコっとした紙の触り心地が気持ちよく、インクのかすれに独特の風合いがあります。
人工的な感じではなく、朴訥とした印象を受けるところがうけているんでしょう。

NEC_1014.JPG
一筆箋、ポストカード、封筒などいろいろ。
どれもシンプル。紙質がいいので温かみがあります。男性にも使いやすく、飽きがこないシリーズです。

左のカギのモチーフはもともと(活版)印刷されたもの(既製品)。右のペリカンのモチーフは、店内で買った封筒に、店内にある活版印刷機をお借りして、自分で(活版)印刷したものです。


大阪では心斎橋のハイセンスなカード専門店/ウイングド・ウィールさんへ。

こちらは表参道にあるお店の姉妹店。表参道にはこれまで数えきれないほど行きましたが、心斎橋店ははじめて! 

お店の雰囲気は、心斎橋店のほうがちょっとシックかな。
品ぞろえは同じだそうです。ハグルマ封筒という封筒屋さんが母体のお店です。
P8170082 (640x480).jpg

とにかく暑い1日で、昼間っからビールを飲んだりしていたので、写真の顔が酔っ払っているみたいで、失礼します~~~




ページTOPへもどる

2013年8月19日 12:04

神戸・大阪の旅。とりあえず、中央郵便局へ!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
お盆明け。今日(19日)から平常モードでお仕事ですね。さ、気分を切り替え、がんばらなくちゃ!


金曜日から2泊3日で神戸・大阪に行ってきました。
限られた時間でしたが、以前からずっと行きたかった文房具屋さんに行って、お買いものして、大満足!

複数回に分けて更新します。
そして、さっそくこちらのブログでご紹介していただきました。


NEC_1008.JPG
同じく神戸の三宮のジュンク堂さんでは、拙著を2冊ならべて置いてくださっていました。
ありがとうございます!




++

神戸では神戸中央郵便局に。大阪では大阪中央郵便局に。
とりあえず、旅先ではできる限り郵便局に行っておかねばなりませぬ...(笑)

中央郵便局は週末も空いているので、旅先でも行きやすいです。
お目当てはご当地フォルムカードです。それぞれ3種類ずつ買いました。

NEC_1010.JPG
兵庫県はコウノトリ、明石焼き、竹田城跡。

竹田城は雲の上に浮かぶお城として、ちょうど最近、いくつかのメディアで目にしていたところでした。
漠然としか記憶に残っていなかったのですが、兵庫県の朝来市にあるのですね。実際に自分の目で見たら、きっと荘厳な空気を味わうことでしょう~。いずれ行く機会があるといいな~。


NEC_1009.JPG
大阪はたこ焼きと、串カツと、法善寺横丁。
串カツの「二度漬け禁止」の文字がツボ!

フォルムカードは、46都道府県のそれぞれの名産品や観光名所が描かれた郵便局の商品です。
その県内の郵便局でしか購入できないので、コレクションが好きな人にはたまらないかも。1枚180円なので、そんなに高いものでもないですし、イラストがポップでかわいいですよね。
その土地に興味が湧いたり、「知る」ことにもつながると思います。


大阪の中央郵便局は、オリジナルの商品がいっぱいあって、ディスプレイも見やすく、局員さんの接客もよく、満足度の高い郵便局でした!


そういえば、先日参加した郵便局本社(日本郵便株式会社)の座談会で、「郵便局は西のほうが元気!」という声が上がっていましたが、たしかに、その一端を感じました。

話がちょっとずれてしまいますが、この郵便局本社の座談会では、切手のことを中心に、いくつかおもしろい話を耳にしました。またいずれご紹介できればと思います。


まだもうしばらく酷暑がつづきそうです。
体に気を付けて、毎日楽しく過ごしたいですね!







ページTOPへもどる

2013年8月 6日 09:42

銀座・鳩居堂さんに行きました!&長野で見つけた手紙アイテム。

こんにちは、いかがお過ごしですか。

朝、ワンコの散歩から帰ってきたら、ほんの数分、雨がザーっと降りました。
「ちょっとだけ風が涼しくなったかな」と感じたのもつかの間、原爆投下の黙とうを済ませた頃には、すっかり気温が上がっていました。

明日(8月7日)は立秋。
体感温度はまだ当分、真夏の暑さですが、夏のお便りの書き出しは、「暑中見舞い」から「残暑見舞い」に変わります。


++

新刊『あなたの人生を変える一筆箋活用術』(自由国民社刊)の発売にあたり、付録の一筆箋を提供してくださった銀座・鳩居堂さんに、ご挨拶に行ってきました。

銀座4丁目のお店は、いつ行っても人でいっぱい!
この時期、外を歩くとすぐに汗をかきますから、涼しい店内で涼やかな絵柄の紙アイテムを眺め、束の間の涼を取るのもいいのでは?
金魚、スイカ、風鈴、蚊取り線香といった夏の絵柄の紙アイテムがたくさん並んでいました。


NEC_1005.JPG
NEC_1006.JPG役員さんにご挨拶させていただいた後、スカイツリーが描かれた便箋と封筒、それから一筆箋を買いました。

新製品の「まめはと」という一筆箋は、縦書きでも横書きでも使えます。
表紙に並んだミニサイズの鳩が、とぼけた感じでかわいい! 中は無地の和紙で、うっすらと鳩のマークが透かして見えます。

こちらはピンク色の匂い袋とともにプレゼントしていただきました! ありがとうございます。


鳩居堂さんでは、拙著『たった3行のシンプル手紙術』『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』『仕事がもっとうまくいく!ものの言い方300』も置いてくださっています。

重ねて、感謝、感謝です。





++

NEC_1004.JPG
先週末、長野に小旅行してきました。

そのときに購入したものたちです。

小布施の北斎館では、葛飾北斎のポストカード、クリアファイル、メモパッドを。
善光寺の門前では、善光寺のポストカードを。

見かけるとつい買ってしまいます。


ほかに、上田の真田記念館で真田幸村のクリアファイルも買ったんですが、こちらは恥ずかしいので見せられませーーーーん。。。

数年前に池波正太郎さんの『真田太平記』を読み、すっかり真田一族にかぶれてしまいました。「かっけー!」ですよね!







ページTOPへもどる
1
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました