プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

お気に入りの便箋類: 2008年9月アーカイブ

2008年9月30日 14:46

似顔絵入りのFAX用紙

お仕事でFAXを使うことって、日常的に、ありますよね。

FAXも手紙の一部。わたしはいつも、こんなFAX用紙を使っています。

FAX.jpg

ちょっとはずかしいですが、似顔絵入り。似顔絵は、友人のマンガ家さんに描いてもらったものです。宛先と本文は、いつもそのつど、手書きしています。

こういうフォーマットが1枚あると、FAXを送るときも、楽しみながら送れると思いませんか・・?

 

最初にこの送信状を作ったのは、たしか今から3年ほど前。竹田陽一先生のご著書を読んだことがきっかけだったと思います。

takeda.JPG

竹田先生は、経営コンサルタントの方なので、ハガキを出すことによっていかに小さな会社が利益を出していくか、儲けていくか、といったことを教えてくださっています。

手紙を出すことによってお客様と信頼関係を築き、その結果として会社の業績が上がっていく・・ それが可能になるとしたら、それは本当にすばらしい。わたしも大いに共感します。

 

ただ、もう少し個人的な感情に目を向けると、わたしの場合は、利益を上げたい・儲けたいから手紙を書くというより、ただ単純に、楽しいから書いている気がします。

ハガキを出すのも楽しいから。それに、せっかく出すなら、殺風景なハガキより、わたしらしく出したい。FAXを送るときにも、同じ送るなら、わたしらしく送りたい。そんなふうに思うんです。

 

女性は特に、身のまわりがキレイになったり、お気に入りのもので囲まれていると、気分がウキウキしますよね。

手紙も同じ。お気に入りの道具を使って、楽しみながら書いているうちに、気持ちがアガって、お仕事に向かう気持ちが前向きになります。

しかも、その過程で相手に喜んでいただけたり、感謝していただけたりするんですから・・、一石二鳥だと思います。

 

人気ブログランキングへ   ←ランキング参加しています。応援してくださ~い♪

ページTOPへもどる

2008年9月22日 16:08

一筆箋のかわりにメモ帳を・・

たとえば、仕事で何かの書類を郵送したりするとき。ワープロ打ちの文書だけではさみしい! そんなふうに思いませんか。

せっかく縁があって、お付き合いするんですもの。できるだけ丁寧に対応するほうが、自分にとっても相手にとっても気持ちがいいと思います。

書類のやりとり・請求書や領収書の発送など、郵便を使うときには手書きの一筆を添えて、感謝の気持ちを伝えましょう。

 

とはいえ、

「一筆箋を使いたいけれど、使いやすい柄のものがあまりない」

「気に入った絵柄のものがなかなか見つからない。花柄は恥ずかしいし・・」

特に男性は、そんなふうに思うかもしれませんね。

 

そんな方におすすめしたいのが、動物柄です。動物柄のものは、男性にも使いやすく、もらうほうにとっても、可愛い絵柄に心が和みます。

また、一筆箋でなくメモ帳なら、さらに、とっつきやすいと思います。

最近は、メモ帳の種類も多く出回っています。たとえば、下の写真のものなんてどうでしょう? こういう絵柄なら、男性も、使いやすいですよね?!

neko.jpg

neko2.jpg

こちらはロフトで買いました。たしか250円くらい。携帯サイズだから、持ち運びにも便利です。意外と使い道が多いですよー。

ページTOPへもどる

2008年9月14日 17:59

日本最大級のポストカード専門店

福岡のホワイトベースさんをご存じでしょうか。2200種類以上のカードが揃う、日本最大級のインターネットのポストカード専門店です。

 http://www.white-base.com/

 

こちらはとってもリーズナブル! 文房具店でポストカードを購入すると、だいたい1枚あたり100~150円くらい。それに対して、ホワイトベースさんは10~40円くらい。

ただし、大量購入向けなので、個人さんでは買いにくいかな。個人商店や企業にとってはすごくいいですよね。

 

資料請求すると、分厚いカタログのほかに、個人商店や企業がお礼状を送ることによって、どうやってお客様と信頼関係を築いていくか。その方法やお礼状を送る具体的なメリットなど、詳細に書かれたレポートを添付してくださります。

同じ福岡のランチェスター経営、竹田陽一先生と、ホワイトベース小串社長の共著もあります。<上がカタログ、下は本とレポート>

catalog.jpg

hon.JPG

今週、このホワイトベースの小串社長と初めてお目にかかるんです。どんなお話になるか、楽しみ!

ページTOPへもどる

2008年9月11日 16:59

お気に入りのオリジナルハガキ

「むらかみさんはどれくらい頻繁に手紙を書くの? 年間何枚くらい?」と質問を受けることがあります。

んん、、ハガキでいえば、お仕事関係の知人・友人、お客様に宛てて、たぶん年間1000~1200枚くらいかな。

一筆箋は、平均して1日2枚くらいだと思います(資料やご請求書など、何かしら書類を発送するたびに添えています)。

 

年間1000通というと、なんだかスゴイ数字のように感じるかもしれませんが、実際のところ、書く内容はいたってシンプル。2ヶ月に一度、150~200名くらいの方に一斉に送ったりもしているので、その際に書くことといえば、ほんの一言メッセージだけなんです。

 

その代わり、楽しみながら送れるように、ポストカードはオリジナルのものを製作・印刷しています。どれもすごーくお気に入り♪ 

季節にあうイラストを、友人のマンガ家さんに描いてもらっているんです。

card.jpg

たとえば、今の季節なら、お月見♪ これちらは2年前につくったものです。

かわいいですよね。わたし、このマンガ家さんの描くイラストの大ファンなのです。

otsukimi.jpg

表面は、こんなふうになっています。

omote.jpg

こちらに、宛名を書いて(一斉に送る場合は宛名ラベルシールを貼って)、ひとこと手書きでメッセージを添えています。

ちゃっかり書籍の宣伝をしちゃってますが、とても好評なんですよ。何より、自分で楽しめるから、それがつづける原動力になっています。

ページTOPへもどる

2008年9月 8日 15:23

雑誌『Lapita』の付録の万年筆

小学館が発行している男性誌『Lapita』の今月号、見ましたか?

今回、なんと!付録としてミニ万年筆がついているんです。すごい~♪

Lapita.jpg

この万年筆プレゼントの企画は、今回で4回目だそうです。毎回好評のようで、雑誌すぐに売り切れちゃうんですよね。

わたしは前回、うっかりして買えなかったのですが、今回は事前に情報を教えていただいたこともあり、しっかりゲットしました~!

 

真っ白の万年筆って、めずらしい。ミニサイズなので、手帳用として使えるほか、カバンに挿しておいてもスマートです。

インクは藍色、ペン先は細字。男性にはもちろん、これ女性にいいですね。さりげないところが素敵です♪

white.JPG

今月号の特集は、「マナーで磨く男の品格」。品格を磨いて、無料で万年筆をもらっちゃう! まだの方、お急ぎになって~!

 

ページTOPへもどる
1
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました