プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

お気に入りの文房具の最近のブログ記事

2008年10月10日 10:29

写楽!写楽!写楽!

こんにちは。いかがお過ごしですか。 

なんだか経済の様子がめまぐるしいですね。

心中、穏やかでない方も大勢いらっしゃると思います。そういうときこそ、あえて、こういう能天気なブログでリラックスなさっていってくださいませ。

世の中がよくなりますように・・

 

さて。昨日、お仕事の帰りに、江戸東京博物館に行ってきました♪

ボストン美術館浮世絵名品展!

 http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/

浮世絵、いいですよね。すっごくロマンチック! 特に、東洲斎写楽。謎めいているところが、余計に想像力をかきたててくれます。

この絵が描かれた(刷られた)とき、江戸の人たちは、どれほどワクワクしながら、この絵を眺めていたんだろう? 歌麿との人気合戦は? 蔦屋重三郎とはどんな人物だった? ・・そんなことを思わずにはいられません。

 

ありました! 海老蔵のポストカード、そしておそろいのペンも! こちらセットで262円。安いー☆

sharaku.jpg

そして、大谷鬼次のスタンプも!! こちらは525円。

sharaku2.jpg

あぁ~、このスタンプ最高です! 

わたしは、絵そのものでいうと、葛飾北斎が好きなんです。

けど、こういうグッズを持つなら、だんぜん写楽☆ 完全なエンターテイナーだと思います。ね!

 

人気ブログランキングへ   ←ブログランキング参加しています。応援してくださ~い♪

ページTOPへもどる

2008年10月 3日 17:21

ブルーインクあれこれ

昨日・今日と、さわやかな秋晴れでした♪ いかがお過ごしですか。

今日はこれから、お食事~。先日、こんなに素敵なハガキを送ってくださった方とおしゃべりしてきます! どんなお話しになるのかな。楽しみ楽しみ!

aki.jpg

まさに、秋模様のハガキですね。ツタとキキョウ。万年筆のブルーインクが上品だなぁ、と思ったら、こちらは先日、このブログでご紹介した雑誌『ラピタ』の付録の万年筆&インクだそうです。

このブログを見て、買い求めてくださったとのこと。うれしかったぁ♪

 http://www.yourletter.jp/2008/09/lapita.html

 

それでね。こちらは、先日お仕事の資料を送付する際に、わたしが添えた一筆箋。いつも手伝ってくれているライターさんと、デザイナーさんに宛てたものです。  ippitu.jpg

次に、こちらは、いつもお世話になっているお客様(女性です)から、資料に添えていただいた一筆箋。

echomama.jpg

真ん中と下の画像の一筆箋のブルーインクは、同じもの。ペリカン社の4001ロイヤルブルーです。

画像が粗くて、よくわからないかもしれませんね(ごめんなさい)が、実物で見ると、ひとことで「ブルーインク」と言っても、微妙に色の具合が異なることに気づきます。

紙の風合いによっても、万年筆のペン先の太さによっても、見え方は微妙に異なるんですね。

インクワールド、おもしろいですよ~♪

 

  人気ブログランキングへ  ←ブログランキング参加しています。応援してくださ~い♪

ページTOPへもどる

2008年10月 1日 09:27

真っ赤なガラスペン

10月になりました。

ドライブしながら満開のコスモスを見に行きたい。週末はお天気に恵まれるといいですね。

 

先ほど、ひさしぶりに、ガラスペンを取り出しました。

glasspen.jpg真っ赤なガラスペン。イタリアのフランチェスコ・ルビナート社のもの。手紙好きなら見逃せない通販ショップ、フィガロトスカーナさんで見つけたものです。

 http://figaro-toscana.com/

 

ペン先はもともとは透明です。ラベンダー色のインクをつけたので、こういうふうになりました。

季節やその日の気分にあわせて筆記具を選ぶ。そんな楽しみ方も、いいですね。

 

人気ブログランキングへ   ←ブログランキング参加しています。応援してくださ~い♪

ページTOPへもどる

2008年9月24日 08:42

万年筆をプレゼント

秋晴れ。さわやかなお天気です。この時期は、お月様がキレイですね。

おとといは、今にも下に落っこちてきそうな、やっとこさ何かにぶら下がっているようなお月様を見ました。ちょうど下弦の月の日だったのですね。

 

先日、仲良しのお友達から、カレのお誕生日に万年筆をプレゼントしたいという話を聞きました。

お友達いわく、サプライズで渡したいので、カレと一緒に文具店に行って試し書きして選ぶというステップは考えていないとのこと。

しばし考えた後、国内メーカーの万年筆をおすすめしました。

 

日本国内の万年筆メーカーといえば、セーラー、パイロット、プラチナ、ペンテルなどの名が浮かびます。

わたし自身はヨーロッパのものが好きなので、実際にこれらのメーカーのものを使っているわけではありません。でも、どこも評判がいいような・・? 国産のものは品質が安定しているイメージがありますし、何かのときに修理にも出しやすいでしょう。

以前、知人のステーショナリー評論家が、国内メーカーの万年筆は、海外のものに比べて、総じて費用対効果が高い、10数年前から値上げをしておらず(←未確認情報ですが)、すごく良心的に製作・販売している、と言っていたのを思い出します。

 結局、お友達は、プラチナ社のものをプレゼントしたそうです。喜んでもらえたかな♪

 

プラチナ社といえば、こちら? 

この金魚柄、華やかですね~! 気持ちがアガる万年筆ですね。

img10031736843.jpg

(画像、お借りしました。m(__)m)

ページTOPへもどる

2008年9月16日 09:01

たこ焼き鉛筆!

連休明けですね。楽しみましたか。

わたしは楽しくお出かけしたり、お仕事したり、甥っ子・姪っ子に遊ばれたり・・。充実でした!

 

こちらは姪っ子の持ち物。大阪名物☆たこ焼き鉛筆~♪ 

夏休みに家族で大阪旅行に行ったとき、見つけたんだそうです。

takoyaki.jpg

いちばん下、ちゃんと楊枝がついているんですよ。写真ではわかりづらいですが、よく見ると、ソースの部分に青海苔までついています。細かいところまで、凝っていますよね。

ロケット鉛筆なので、削らなくても最後まで使えます。デザインがおもしろいだけでなく、機能的でもあるんですね。@ロケット鉛筆、なつかしい~

takoyaki2.jpg

姪っ子は、大の文房具好き! はちきれんばかりに膨らんだペンケースが、彼女の宝物です。

素敵な文房具って、人をシアワセにしますよね。そのシアワセは、年齢や性別を問わず、だれにとっても同じもの。胸がわくわくするものだと思います。

ページTOPへもどる
前の5件  |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました