プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

お気に入りの文房具の最近のブログ記事

2011年12月24日 12:00

メリークリスマス! 感謝をこめて。よいお年をお迎えくださいませ。

メリークリスマス! いかがお過ごしですか。
今年は震災をはじめ、いろんなことがあった1年でした。
家族みんなが健康でいられること。あたりまえのことをありがたいと思える1年でもありましたね。

20日は冬至でした。
冬至は一年でいちばん日(昼)の短い日。
この日を境に、少しずつ日が長くなるのですから、これからだんだんと春に近づいていくことになります。

とはいえ、冬の寒さはこれからが本番です。
気温とは、日が当たることによって暖められた大地や海からの空気によって上がるもの。日(光)の季節と気温の季節の間にはおよそ1ヶ月のずれが生じるそうで、気温が上昇していくまでには、もうしばらく時間がかかるのですね。

「日(陽のあたる時間)が長くなるからといって、すぐに気温も上がるわけではない」とは、せっかちなわたしには少し残念な話・・。


もっとも、明けない夜がないように、必ず新年はきますし、春もきます。

そう思うと、まわりのことはさておき、自分に目を向けることこそ、いちばん求められるのでしょうね。


**

NEC_0119.JPG(自分への)クリスマスプレゼントが届きました!!

ミニサイズの万年筆。
ペリカン社 M320 パールホワイト。

オレンジ色があざやかな専用ケースに、やわらかなブラウンインクとハートのメモノートも付いています。

 

わたしは今から8年ほど前、初めて買った万年筆がペリカン社のもので、その1本がきっかけで万年筆が大好きになりました。

万年筆はわたしの人生を、小さいけれど確実に豊かなものにしてくれています。
そのおかげもあり、手紙を書き続けることができ、本を出版する機会を与えてもらえ、今回、拙著『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』が増刷になり、そのおかげで、また新たな万年筆を相棒として迎え入れることができました。

ほんと、万年筆さまさまですね(笑)。

 

書きたい気持ちが日々、高まっているのを感じています。
来年は書いて、書いて、書いて、「もうイヤですぅ~」なんて生意気なことをヘラヘラと口走ってしまうくらいノリノリな、それでいて身の丈をわきまえた1年にしたいなぁ・・。

感謝、感謝、感謝です。
 

本年もご愛読、ありがとうございました!

また来年もどうぞよろしくお願い申しあげます。

みなさま、どうかご自愛のうえ、よいお年をお迎えくださいませ。

 

 

ページTOPへもどる

2011年12月12日 11:54

日経ビジネスアソシエさんのムック『伝える技術』にて掲載&『趣味の文房具』がおもしろいです。

こんにちは、いかがお過ごしですか。
お天気がよくて穏やかな週末でした。皆既月食もくっきり見えましたね。赤く染まって出てきたお月様が印象的でした。

NEC_0115.JPG
8日に発売になった日経ビジネスアソシエのムック『伝える技術』にて、記事掲載していただきました。
今、身につけたいコミュニケーション術のひとつ「お礼状」の書き方です。


あらためてですが、「伝える」ってむずかしいですね。
伝えたいことをちゃんと伝える。それも相手にとって理解しやすく、自分にとっても負担の少ない方法で・・。永遠の課題ですね。

このムック、とても参考になります。
とりわけ冒頭の山田ズーニーさんの記事や美文字トレーニングの記事は何度も読んでしまいそうです。

ご興味のある方はぜひ。



**

NEC_0117.JPG
そして、こちら『趣味の文具箱 最新刊』は、お世話になっている編集者さんが送ってくださいました(わたしが出ているわけではありません、念のため・・)。

万年筆好きにはたまりません! 内容充実。読み応えたっぷり! 
価格は1,575円とやや高めですが、写真も美しく、隅から隅まで眺めて読んで楽しめます。

あー、自分へのクリスマスプレゼントとして欲しいものを見つけてしまいました&行きたいお店も。どうしませう。。

表紙の1本はフランスのデュポン社がシャネルのデザイナー/カール・ラガーフェルド氏とコラボレーとしてつくったものだそうです。
深みのある赤とゴールドの組み合わせがシックでゴージャスです。

ほかに、辰年生まれの男性はいらっしゃいますか。お名前が「竜也」さんなどでも・・。
CROSS社のイヤー・オブ・ザ・ドラゴン。ものすごぉーく素敵です。気になる方は検索かけてチェックしてみてください。写真だけでも眺める価値ありだと思います。





ページTOPへもどる

2011年8月30日 13:42

京都で購入した手紙アイテムいろいろ。'がま口'ペンケースがお気に入り!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
暑かった8月もおしまいです。どんな1ヶ月でしたか。


先日、携帯をスマートフォンに替えました。
カメラの練習を兼ねて、この夏、京都に旅行したときに見つけた手紙アイテムたちを撮影してみました!


gamaguchi.JPG◆ピンクの和柄ペンケース

がま口タイプなんです。すっごく気に入って、一目ぼれして購入しました。

小さいので、ペンは5本ほどしか入りませんが、持ち歩き用にぴったり! 

「はんなり京都」という'がま口'専門店で、お値段はたしか1000円前後だったような・・。お買い得感たっぷりですよね!

お土産用に、他の柄もいくつか買ってくればよかったです。

 


Cnv0060.jpg◆コーヒー柄の一筆箋

デザインが面白いですね。他にパンダやカメラ柄もありました。

京都のエムデザインさんのものです。

ウェブショップもあるようですが、わたしの知る限り、関東のリアル店舗ではなかなか見かけないので、買えただけでハッピーです。取扱店舗、増えてほしいなぁ。

 


Cnv0059.jpg◆伊藤若沖のポストカード

我が家では最近、ちょっとした伊藤若沖ブームでして・・。

理由は書きませんが、気にして見るようになって以来、わたしも若沖の描く動物たちの表情や、ちょっとした遊び心を感じる画風にぐぐぐっと惹かれています。

中でも、水墨画が好きです。墨の濃淡を操る術がすばらしい・・!

 


kotodutefu.JPG◆言伝符(ことづてふ)

こちらは初めて目にしたものです。

京都のLAKOBOという会社さんのもので、ウェブサイトを拝見すると、紙アイテムだけでなく、手描の暖簾・タペストリーなどを扱っているのですね。

デザインがちょっと素敵。メモ帳タイプの一筆箋なので、封筒をポチ袋として、一筆箋をメモ帳として使うこともできそうです。

なかなか見かけないメーカーさんですが、関東でも手に入るのかしらん。

写真はなぜか画面全体に青みがかかってしまいました・・。せっかく撮ったので、載せておきます。

 


3hon.JPG◆おまけ

「手紙の書き方」サイトでお世話になっているデザインフィル ミドリカンパニーさんの便箋2種と、万年筆3本。


「手紙の書き方」サイト、毎月更新されていますので、お時間のあるときにぜひ覘いてみていただけたら、うれしく思います!

 

 

 

ページTOPへもどる

2011年5月31日 14:43

雑誌『愛しの文房具』、好評発売中!&絶賛おすすめ中!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
今月も今日でおしまい。関東地方も梅雨入りしました。今年は例年よりもずいぶん早かったですね。暑くなるのも早いのかな・・。

 

itoshinobunbougu.JPGさて、ご報告です!
先週26日発売の雑誌『愛しの文房具』(エイ出版社刊)に、掲載していただいています!

特集名は、「贈る手紙、添えるひと言」。
今回は掲載する商品のセレクトからお店の取材、原稿執筆まで、トータル12ページでつかっていただきました。
ほんと、ありがたい限りです。m(__)m

 

Cnv0048.jpg手紙のページだけでなく、他のもろもろの彩り文具・文房具店の紹介・つかいかたの工夫などなど、1冊まるごとハイテンションで楽しめますっ!!

女子文具は機能性にデザイン性・ファッション性もプラスされているところがいいですよね。

子どもの頃に慣れ親しんだなつかしい文具はもちろん、大人っぽくて、背筋がキチンと伸びるハイセンスな文具もたくさんあります。

眺めているだけで、ウキウキと心がはずみます。


『愛しの文房具』(エイ出版社刊)、定価は1365円(税込)。アマゾンでも購入できます。


先月発売された雑誌『ステキ文具』(KKベストセラーズ刊)とあわせて、どうぞぜひぜひ、お手にとってみてくださいませ。

文房具って、楽しいですね~ (*^_^*)

 

 

ページTOPへもどる

2011年5月 9日 19:06

『ステキ文具』発売! 手紙と万年筆のページで掲載していただきました☆

こんにちは、いかがお過ごしですか。
前回の更新からだいぶ時間が空いてしまいました。。せっかく名前を替えたばかりだというのに、反省。。。ですが、おかげさまで好意的なお声が多く、とてもありがたいことです。ほんと、感謝いたします。

ゴールデンウィーク明けということもあり、今日からまたペースを取り戻していきたいです!


さて、この春は、女性向け文房具が熱いですね。
今まではちらかというと「男性的」なイメージがあった(ように思う)文房具ですが、最近は女性向けがグングンきているように感じます。
店頭でも、「かわいい」「キュートな」「華やぐ」文房具をたくさん見かけますよね!

ststeki_bungu.JPG
先日、ブログでご紹介した『ステキ文具』(KKベストセラーズ刊、定価780円)も、地震の影響で少し発売日が延びましたが、先月末に、無事に発売となりました!

どのページも、見て楽しく、すぐに使いたくなるものばかり。ページをめくるたびに気分がウキウキするムック本です。

わたしは手紙のページと万年筆のページ、計4ページで掲載していただいています。

bungu_tegami.JPG
手紙のページでは、

・遠くに住むお母さんへ
・プレゼントをいただいた彼ママへのお礼
・旧友に宛てて久しぶりのお便り
・上司へ、出張先のお土産に添えて
・取引先へ、プロジュクト成功の報告とそのお礼

以上5種類の手紙の書き方を、デザインフィルミドリカンパニーさん、ホールマークさん、G.C.PRESSさん、鳩居堂さんの便箋・一筆箋を使ってご紹介。


Cnv0046.jpg
はじめの万年筆選びのコーナーでは、「万年筆って難しそう」「書きにくいんじゃないの?」と不安に思う人に向けて、初めての1本にぴったりの、使いやすくて値段も手ごろ&女性に似合うデザインのものを6本、セレクトさせていただきました。

ぜひご覧になってみてください! 購入はウェブサイトからもできます。
 

キュートなおまけつきで、定価780円は決して高くない!
おまけのデザインフィル ミドリカンパニーさんのD-CLIPSは、ペンギンとアヒルの2種類のクリップが入った限定品です!
 


ページTOPへもどる
前の5件  |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました