プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

お気に入りの文房具の最近のブログ記事

2016年6月20日 09:52

新刊発売!『3分ハガキ術』、京橋郵便局の風景印、夏のバッグ、シールonシール、ヨーロッパのお土産。

こんにちは、いかがお過ごしですか。
実家の庭には、この時期、クチナシの花が咲きます。クチナシの花は、プ~ンと甘い香りがただようので、どこを歩いていても、目に留まりますね。

さて、6月も後半です!

知らない人に対する警戒心が高まる今、手書きのハガキは相手との信頼関係を築く最強のコミュニケーションツールです。 文章を考えるのが苦手」「心をつかむ言葉が思い浮かばない」「文字が下手」といった苦手意識から書かずにいるのは、もったいない!

本書では、文章・文字がヘタでも大丈夫、お客様から声をかけてもらえる書き方をお伝えします。ビジネスハガキで結果を出している経営者やトップセールスのノウハウ満載です!

3funhagaki2.JPG
初めて本を書いた当時、大先輩の女性著者から、「ひとつの出版社で5冊出すことを目標にするといい。だれが見ても、信用の証になるから」と言っていただいたことがあります。
今回、その目標が現実になりました。感謝の気持ちでいっぱいです。


■ 京橋郵便局で捺してもらった風景印。写真では少しわかりづらいですが、銀座の和光と、助六が描かれています。歌舞伎座が近いですものね。
kyobashi_postoffice.PNG
■ 夏のお出かけバック。手紙柄のスカーフを結んでいます。
natsu_shirobag.JPG
■ シールで遊んでみました。わたしの場合、むずかしいこととか、ちょっと慎重に考えたいことがあるときに、こういうふうに手先を動かしながら、考えごとをしている気がします。気づくと、あっという間に時間が......
gcpress_seels.JPG
シールはぜんぶG.C.PRESS社のものです。奥に見えるのは、「シール&シールの組み合わせアイディア集」 by G.C.PRESS社。

■ 大学3年生の甥っ子からのプレゼント。おばあちゃん(わたしの母)と二人でヨーロッパに旅行したときのお土産です。おばあちゃん孝行、家族思いですよね。幸せを感じました。

omiyage_jabaar.JPG
先週はフジテレビの番組収録に立ち会いました。
今週はどんな一週間になるのかな。幸せな時間が多くありますように。


ページTOPへもどる

2016年5月16日 15:46

長野のフォルムカード、善光寺、くまもん切手、つばめスタンプ、そえぶみ箋の使い方、万年筆モチーフのグリーティングカード!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
一年でいちばん過ごしやすい頃ですね。ここのところ、お休みの日には、お弁当をもって大きな公園で半日ゆっくり過ごしています。芝生に寝っ転がったり、花や木の名前を覚えたり、ゆったりまったり。犬も喜びますし、貴重な時間です。

先週は、長野に出張しました。
お世話になったのは、信濃毎日新聞社さん。販売店向けの研修講師をつとめました。

■ 長野で購入したフォルムカード3種です。りんごと、松本城と、善光寺。出張先ではなるべく郵便局に立ち寄って、その土地のフォルムカードを手に入れるようにしています。

nagano3shu.jpg
今回は少し時間があり、善光寺にもお参りしました。

zenkoji.JPG
■ こちらは、長野に向かう際に、上野駅で購入したスイカのレターセットです。出張バッグの中には山のように一筆箋とポストカードが入っていたのですが・・。
最近、文具店に行く時間があまりなく、結局、連休中も行けずじまいだったので、見ていない(買っていない)焦りからか、つい衝動買いをしてしまいました。 これって、レターセット中毒?!!

uenoeki_suica.JPG
■ くまもんの切手、2010年に購入したものです。最近、よく使っています。今、使わなければ、ですよね。
どこで購入したのかはっきりとは覚えていないのですが、たぶん、スタンプショウか何かのイベントだったと思います。

kumamon_kitte2016.JPG
■ こちらは、当協会の認定講師/熊谷蘭夢さんから届きました。切手にスタンプを押しているだけなのに、とてもおしゃれ。ツバメは幸運を運ぶ、ラッキーモチーフです。ちょうどいまの時期、巣づくりしているのを見かけますね。
tsubame_kitte.JPG
熊谷さんは、当協会唯一の20代の認定講師です。20代から70代まで、いちばん多いのは40代の受講生かな。いろいろな人がいますよ。


■ こちらは、受講生から届いた1枚です。書籍『そえぶみ箋の使い方』を読んで送ってくれたものです。ここに書かれているように、数枚ずつ交換して楽しんでいる人も多いみたいですね。上と下の部分は、ステンドグラス模様のマステです。
soebumisen_nagasaki.JPG
書籍『そえぶみ箋の使い方』、多くの方から感想をいただいています。ほんとに、ありがとうございます。 増刷まで、もう少しかな。もうちょっとメディアに掲載していただく機会がつづきます。なんとか、数字が伸びてほしいです!


■ ストライクゾーンど真ん中のグリーティングカードをいただきました。万年筆とインクのイラストがすてき!!
pentoinkcard.jpg

今週も楽しい1週間を過ごしましょう!



ページTOPへもどる

2016年2月22日 13:12

苺ハガキ、ミッフィー切手、桜ビバレッジカード、『とめはねっ!』連載中、3/9は京都で無料講演会、そえぶみ箋の書籍もうすぐ発売!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
午前中、花粉症の薬をもらいに、近所のお医者さんに行きました。そろそろ目のかゆみや、ノドの奥のイガイガがはじまりましたよね。

さて、早いもので2月も月末を迎えつつありますね。

■ 大人が使えるイチゴ柄、意外とめずらしいのでは? 神楽坂の相馬屋源四郎商店で買いました。5枚入りで350円でした。
メーカー名が書かれていなかったので、どこのものか調べられなくて...。いろいろな事情があるのだと思いますが、メーカー名は記してくれるほうが親切だと思います。

ichigo_fumei.jpg

■ 12日発売のミッフィー切手。今回は買わないつもりだったのですが、インスタグラムでいろんな人が画像をアップしているのを見ていたら、やっぱり欲しくなりました(笑)。 
miffi.jpg
82円の両サイドの切手、目立ちますね! わたしは大きなサイズの切手が好きです。特に82円は、貼るスペースに余裕がありますから、大きいほうがパッと目を惹いて、印象に残りますね。


■ 書道マンガ『とめはねっ!鈴里高校書道部』(河合克敏さん著、小学館)で、コラム「気軽に書いて心を伝える 手書きのひと言練習帖」を連載しています。写真は、連載第5回。毎月25日前後の発売です。
tomehane!5_oshirase.jpg
■ スターバックスで見つけた、桜ビバレッジカード。華やかですね。こちら、男性のみなさんは、バレンタインデーのお返しにぜひ。株が上がりますよー! 
stuba_haru2016.jpg
■ 大垣書店さん@京都が、拙著『たった3行のシンプル手紙術』(日経ビジネス人文庫)を大きく取り扱ってくれています。
大垣書店さんで拙著をお求めいただいた方には、3/9(水)、京都の立命館大学朱雀キャンパスで行う【無料】講演会@日経ウーマノミクス・プロジェクトに優先招待いたします! 京都近郊にお住まいのみなさん、この機会にぜひ、お求めください。 

ohgakishoten.JPG


■ 最近、いろいろなところで見かける「そえぶみ箋」。年間35万冊売れる、大人気商品だそうです。すごいですよね! メーカーは、美濃和紙@岐阜県の古川紙工さん。
soebumi_shinsaku.jpg
もうすぐ、この「そえぶみ箋」の書き方、使い方や選び方をどどっーとまとめた書籍が発売になります。わたしも監修者としてお手伝いしています。楽しい本に仕上がりそうですよ。どうぞ、お楽しみに!


■おまけ /愛犬@まったくやる気がない、の図。仕事中はなかなか相手をしてあげられないけれど、こういう表情を見ると、なんだかすべて「ま、いいか!」という気持ちにさせてくれます。

IMG_1254.JPG


ページTOPへもどる

2015年11月25日 09:23

徳島にて講演会、万年筆、公明新聞寄稿、雑誌『Kiite!』、ツタヤビジネスカレッジ!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
急に冷え込んだり、生暖かく感じたり、妙なお天気がつづいていますね。


■昨年にひきつづき、徳島新聞社さんからお声掛けいただき、講演会を行いました。飛行機の中から撮影した富士山です。
講演会当日はあいにくの雨模様でしたが、大勢の人にお集まりいただき、心地よく過ごすことができました。

tokushima_fuji (600x800).jpg
■羽田空港には、青山にある万年筆専門店/書斎館の分室?もありますね。青山のお店はさながら万年筆のギャラリーのようなつくりですが、羽田のお店はもう少し手軽な文具やカード類も充実しています。店員さんに許可をいただき、万年筆の写真をパチリ。

haneda_shosaikan (800x800).jpg

■15日(日)付けの公明新聞に、年賀状と喪中見舞いの記事を寄稿しました。大きくスペースをとっていただきました。読む人の心に届くといいなぁ。

komei-np (800x800).jpg

■ちょっとしたクリスマスプレゼントとしてもオススメ。スターバックスのビバレッジカード。スタバのドリンク1杯無料チケットがついています。今回のデザインはシンプルなのがいいですね。 

sutaba_Xmascard (640x800).jpg
■ 郵便局で発売している雑誌『Kitte!』、年賀状と寒中見舞いのページを監修しています。そろそろ年賀状について頭を悩ませる頃ですね。お役に立てれば、うれしいです。表紙は広末涼子さん。

kitte!12 (640x800).jpg

■ そして、レンタルビデオショップのTSUTAYAさんで、DVDのレンタル(販売も)がはじまりました!
今年6月にKADOKAWAさんから出版していただいた拙著『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』のDVDです。おかげさまで、好評です。お店ではもちろん、オンラインは画像クリックで。ぜひご覧ください!

ツタヤビジネスカレッジ/http://tsutaya-college.jp/item/2015/11/-400.html

tsutaya_DVD (800x600).jpg

からだに気を付けて、有意義な月末をお過ごしください。

ページTOPへもどる

2015年11月 2日 13:17

講座の様子、封筒にまっすぐ宛名を書く方法、そえぶみ箋、まんが「とめはねっ!」、女性セブン掲載。

こんにちは、いかがお過ごしですか。
11月になりました。これからどんどん気温が下がりますね。体調管理に気を配りましょう!

Instagram (IDは、tegami.or.jp )にアップしている写真をこちらにも掲載します。


■10/31(土)、11/1(日)と、当協会の手紙の書き方コンサルタント認定講座を行いました。1名は岩手県から、もう1名は熊本県から参加していただきました。本当に、ありがたい限りです。今後の活動にますます力が入ります。

IMG_0945.JPG

■封筒の宛名書きが苦手な人は、ミニサイズの便箋に相手の住所と宛名を書いて封筒に貼るのがオススメ! まっすぐ書けますよ。写真は、浜松市在住の認定講師/熊谷蘭夢さんから届いた1通。古川紙工さんの、そえぶみ箋を使っています。切手の貼り方もGOOOOOですね! リスのシールも効いています。

soe1.JPG
■こちらも、封筒にそえぶみ箋を貼るアイデアです。こちらは富士市在住の認定講師:金子えりかさんから届きました。きれいに貼るには、スティックのりをそえぶみ箋の後ろ全面に塗って、息を止めて、一気に貼るのだそうです。その際、宛名は先に書いておきましょう。書き間違えができませんからね。

soe2.PNG
■上の写真の拡大版です。かごの中の鳥が覗いている先は...... コーディネート力がすごいですね(うっとり)。富士市内の郵便局の風景印つき。もちろん、富士山! 

soe22.JPG

■マンガ「とめはねっ!鈴里高校書道部」(河合克敏さん著、小学館)のコンビニ向け版で、コラムの連載がはじまりました! これから10か月間、毎月1冊ずつ発売の予定です。本当におもしろくて、ためにもなるマンガです。コンビニで見かけたら、ぜひ買ってください!

tomehane.JPG

■同じく小学館の『女性セブン』でも取材していただき、今週号に記事が掲載されています。渋谷のロフトでは一筆箋の売上が対前年130%なのだそうです! すごいですね! 一筆箋はデザインのバリエーションが広く、買うのも楽しいですよね。わたしもそろそろ冬物を探しに行こうと思います。

IMG_0947.JPG



ページTOPへもどる
前の5件  |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました