プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

2013年4月 5日 15:21

来週末から新刊本が発売となります。

こんにちは、いかがお過ごしですか。

夕べ、大学を出てすぐに就職した職場の上司に、道でバッタリと!
およそ14年ぶりの再会にもかかわらず、お互いすぐに気づいて「わーー!!」となりました。

その職場には4年間お世話になり、その後、小さな編集の会社に再就職して、結婚して地方に行って、なんだかんだの紆余曲折を経て、今にいたります。



わたしは初めて「ライター」という肩書をいれた名刺を持ったのが30歳のときなので、決して早いスタートではありません。

初めのうちは、自営業をしていた元ダンナさんの手伝いのかたわら、当時住んでいた広島(その後、北九州)で、タウン誌のライターとしてチビチビと活動することからはじめました。

その元ダンナさんは、プロフィールによく書いている遠距離恋愛をしていた人で、2年半の間に550通くらいその人にあてて手紙を送っていました。その人からは600通くらいもらいました。マメな人でした。


その後、「文通だけでやめておけばよかったのよね、お互いに」というオチがついて(苦笑)、実家に戻ってきたのが33歳のとき。

その前後からして、30代はまさにお仕事漬け。
もう無我夢中の毎日でした。



最近ワークショップに参加してくださった方から、「わたしは今、25歳なんですが、どうしたらやりたい仕事に就けるのかわからなくて...。むらかみさんの場合はどうだったんですか?」という質問を受けました。

25歳でそういう質問をすること自体、すばらしいと思います。
わたしは自分が25歳のとき、たぶんほとんど何も考えていませんでした。あるいは、考えていたかもしれないけれど、ほとんど何も行動していませんでした(今、41歳です)。


若いうちは体力もあるから多少の無理もききますし、目の前のことを夢中になってやっていれば、必ずたどりつきたい方向に流れていきます。

ただし、そのときにコツというか、大事なことはあると思っていて、それが、自分の強み(だと信じること)をひたすら磨くこと。

「苦手なことや弱い部分を克服しなさい」という意見にとらわれる必要はないと思います。

その程度にもよりますが、世界レベルで闘う人ならともかく、苦手なことや弱い部分を克服していく過程でかかるストレスは、普通の人には重すぎると感じるからです。


得意なことを自分らしいやり方でやりつづけるほうが結果につながりやすく、何より自分が楽しく・気持ちよく・心地よくいられます。すると、自然に、流れが加速していくと感じます。


++


精神的なことを書くのはあまり好きではない...といいますか、わたしはそういうポジションの人ではないと思うので、あまり書かないのですが、今日はテンションが上がっているので...(笑)


NEC_0787.JPG
来週末から発売になる新刊本の見本が手元に届きました!

毎回そうですが、今回も、抱いて寝たいくらい(笑)、愛おしい。。

感謝、感謝、感謝です。


★12日頃から書店さんに並びはじめるそうです★
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』(PHP研究所刊、1260円)


今回初めて、「手書き・手紙・文章・ことば・文房具・郵便」以外のことも、書かせてもらいました。

書店さんで見かけましたら、ぜひぜひ、お手にとるだけでも!!!



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 来週末から新刊本が発売となります。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.yourletter.jp/mt/mt-tb.cgi/483

コメント(2)

こんにちは。春の台風、外出はせず
手紙を書く午後であります。

新しい書籍発刊おめでとうございます。

男子ですが(苦笑)
早速購入したいと思います

便箋男子は、
便箋に書く前にメモとかに
下書きや文章案を書かないと
まだまだ書けません(悩)

今はむらかみさんの
「ありがとうございます」の
独特の「あ」と「す」の字を真似ることから始めてます。

>便箋男子さん

ありがとうございます。
男性に読んでいただくのも、とてもうれしいです!

メモや下書きを書くのも、いい方法ですね。
わたしもいろんな文例を書くとき、ワードで何度も書き直します。

「あ」と「す」は丸のところの曲線の曲り具合がポイントですよ~♪

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました