プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

2010年1月19日 16:36

切手の読みものサイト、ホールマーク社100年ほか、春のグリーティング切手!

こんにちは、いかがお過ごしですか。
今日は暖かく、春めいた陽気です。今週に入り、梅や菜の花の切手を貼りはじめました。まだちょっと早いように感じますが、気分だけ先取り。春が待ち遠しいです。

さて、わたしは今週はもろもろのピークが重なり、なんだかちょっとフワフワしています。
いつもはネットサーフィン(←ひょっとして死語ですか?)しながら、ボーっと考えごとをするのが息抜きなのですが、今日のところは、忘れないように、気になっている手紙関連のウェブサイトをメモしておきます。

どれもおもしろそうですよね!!

 

☆郵便局の切手サイト「文化の小さなキャンバス」
 http://kitte-design.post.japanpost.jp/index.html

切手デザインノート、切手インサイド・ストーリーともに、読み応えたっぷりな感じ!  あぁ、、たまりません。。

 
☆日本ホールマーク社
 http://www.hallmark.jp/index.php

ホールマーク社100年の歴史、そしてアートギャラリーが素敵です!


☆有名人、偉人が書いたラブレターにまつわる仰天エピソード
 http://q.hatena.ne.jp/1262895652

武田信玄は男色だった?!  以前にもちょっと耳にしたことがあるのですが、きちんと調べたことがなく、興味津々です。家臣に宛てた手紙のことですよね。

 

☆すてきな郵便屋さんciel
 http://zakka-zakka.ocnk.net/

それこそ、郵便の世界が広がりそうです。世界各国の郵便局の写真、風情がありますね。


そして、☆春のグリーティング切手 http://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/stamp/tokusyu/2009/h220125_t.html

今年初めて発売される春のグリーティング切手はバレンタインデー柄。この50円のほう、絶対にほしい!!のですが、ネットの予約販売ではすでに売り切れているようなのです。
発売日は来週月曜(25日)、気になる方は、朝イチで郵便局に買いに行くほうがいいかもしれません? わたしは必ず行きますわ~(←覚書)

 


 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 切手の読みものサイト、ホールマーク社100年ほか、春のグリーティング切手!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.yourletter.jp/mt/mt-tb.cgi/239

コメント(6)

グリーティング切手、近くの郵便局で予約しました。
シールタイプだと透明封筒にも使えて便利ですね。
どちらも素敵な柄だから、売り切れは必死かな

>ちびままさん

えっ!窓口でも予約できるんですね?
わたしは断られてしまったんです~。。あれれ、もう一度、聞いてみようかな。

そうか、シールタイプだと透明封筒にも貼れるわけですね。
よいことを教えていただきました!ありがとうございます。

グリーティング切手、今日お休みだったので、朝イチで郵便局に行き買ってきましたよ。
思ったよりもすごく大きくて、可愛いですね。早速ハガキ3枚送りました。
「書く」ことが大嫌いで、日記はおろか、手紙や年賀状もおろそかにしていた私ですが、むらかみさんの『できる大人の’一筆添える’技術』を読んで、「一筆添える」ことを心がけるようにしています。
「相手がどんな顔して読んでくれるかな?」なんて考えながら書いているとワクワクしてきますし、可愛い一筆箋やポストカードにも興味が出てきて、好きなデザイナーさんを見つけたり、だんだん楽しくなってきました。
なんだか人生が広~くなった気がします。
むらかみさん、素敵な趣味をありがとうございました!

>おっとーさん

はじめまして。
春のグリーティング切手、期待を裏切らないかわいらしさでしたね!
拙著を愛読してくださって、ありがとうございます。
人生が広~くなったとは、素敵です! 
こちらこそ、今また書籍を執筆しており、追い込み時期なので、うれしいコメントをいただいて、とても励みになりました!
ありがとうございます。

eEuch8 ckeqdvonsvob

Bhg4DY pyonqdyxocmt

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました