プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

2008年12月アーカイブ

2008年12月14日 09:49

きのう書いたことについて

テーマ:

こんにちは。いかがお過ごしですか。雨降りの日曜日は久しぶりでしょうか・・?

昨日ブログで書いたことについて、投稿してから、「あ、、やっぱり、こういうことは書くべきじゃなかったのでは?」と後悔の念が湧いてきて、「あぁ、どうしよう。削除しようかな・・・」「んん、、でも、正直な気持ちだし・・」「んん、、でも気になる。困った。どうしよう・・」とだいぶ悶々としてました

けっこうよくあるんです。投稿した後になってから、「あ、やっぱりよくなかったかも?」と思って、言葉じりをちょこちょこいじったり、書き方を何度も修正したりすることが。

投稿そのものを削除したことは、このブログではないですが、昨日はだいぶ気になって、一晩寝て目が覚めてもやっぱりまだ気になっていたので、思い切って削除することにしました!

あちゃちゃ! 

文章を書く、自分のことを書くって、むずかしいなー。むむー。

でも、まっ、いいか!ブログだし・・^^; 

 

さっ。今日は日曜日なので、遊ぶ!生活も! 

また明日から仕切りなおしますー。

 

**

こちらは昨日のまま☆ 

seel.JPGこれ素敵! 先日届いた手紙に、住所と名前を書いたオリジナルのシールが貼ってありました。かわいいなぁ!

 

人気ブログランキングへ   ブログランキングに参加しています。応援してくださ~い♪

ページTOPへもどる

2008年12月12日 15:16

手紙の書き出し、何を書く?

こんにちは。いかがお過ごしですか。

夕べ見たお月様は、ちょっと雲がかかっていましたが、大きくて白くて、とてもキレイでした。いつもよく見る「こよみのページ」を開いたら、明日が満月なんですね。

 http://koyomi.vis.ne.jp/

 

さて、暦といえば、手紙の書き出しを、暦にまつわる話題ではじめるというのは、とてもいいと思いませんか。

ブログも同じ・・。わたしはいざ書こうと思って身構えるものの、なんとなく最初の一言が思い浮かばないとき、いつもこの「こよみのページ」を開きます。月の満ち欠けや二十四節気に関するフレーズで書き始めると、自然と次の話題に移っていけると感じるんです。

koyomi.JPG

とりわけ、男性が暦の話題にふれるのは、すごくセクシー。わたしは暦の話題でブログを書き始めたりする男性を見ると、それだけでファンになっちゃうようなところがあります。@単純。

情報たっぷり、むずかしい暦の話をわかりやすく教えてくれるサイトです。日刊メルマガも発行していらっしゃるので、ご興味がある方はぜひ。

 

**

こちらは、昨日届いた1枚。これって、杉並区のキャラクターなんですって! 左がなみすけ。右が妹のナミー。妖精なんだそうです。

 http://www2.city.suginami.tokyo.jp/guide/guide.asp?n1=150&n2=200&n3=100

nami.JPG送ってくれた女性は、小柄で上品、可憐な顔立ちをしているキャリア女性。それでいて、いちばん美しいと思う切手は機動戦士ガンダムの切手だ、と言ってのける(笑) 顔と趣味のギャップが激しいんです(笑)

ポストカードや便箋、切手選びって、つくづくキャラが出ますねー。おもしろいですー! 

 

人気ブログランキングへ  ランキングに参加しています。応援してくださ~い♪

ページTOPへもどる

2008年12月11日 12:52

名刺とプロフィールと〒マーク!

こんにちは。いかがお過ごしですか。今日もポカポカ陽気。そして洗濯物が飛ばされそうなくらい風がつよーいです。夜は寒くなるのかなぁ・・?

さて今日は、朝から目が覚めるようなことがありました。おにゅうの名刺が届いたんです。

meishi1.JPGこの名刺は、大信頼しているデザイナーさんに「わたしらしい名刺がほしいですー」と言ってレイアウトをお願いしたもの。そしたらすぐに「表面を手書きにしましょう」と提案してくれて、背景にちょっと唐草っぽい和テイストの文様(お気に入りの一筆箋の文様)をのせてくれました。

meishi.JPGデータで見たときは、正直、そこまでピンとは来ていなかったのですが、今朝現物が届いて、ハッとしました。「あぁ、わたしって、こういう人なんだぁ」「こういう感じの人なんだぁ」って。

ちょうど昨日、プロフィールのことで、いろんな方からフィードバックいただいて、まだまだもっと「わたしらしさ」を表現しなければならない点について、いろんな気づきをいただいたところでした。

やっぱり、自分ひとりで考えていてはいけないんですね。まわりの人にちゃんと聞いて、客観的な視点からも、自分を知らないと・・・。

プロフィールは昨日UPするときかなり不安だったのですが、思い切ってUPしたら、すごーく気づきがありました。@コメントくださった方々、ありがとうございました! またブラッシュアップします!

☆ちなみに、このデザイナーさん、もう、、ほんとうに素敵です。こちらでもご紹介しています。

 http://www.yourletter.jp/2008/11/post-55.html


で、ですね。客観視といえば、昨日、後輩のキュートな女の子から届いた手紙に、まさにそのことが書いてあったんです。「いつも送って満足だった自分の手紙が『独り言系』であることに初めて気づいてハッとした」って。

  http://www.yourletter.jp/2008/12/post-68.html


わたしも、ハガキにしろ一筆箋にしろ、手紙を書くと、たいがい送って満足。送りっぱなしにしてしまうことが多いです。

ちゃんとフィードバックをもらわなきゃ・・。ちゃんと聞いて、ちゃんと考えたら、もっともっと「わたしらしい」手紙になりそうですね。


その女の子が書く〒マーク、めちゃ可愛い!! わたしも〒マークをよく顔文字にしますが、こんなに可愛いのを見たのは初めて!! ちょっと赤紫がかった茶色のインクも、やわらかくて素敵ですね~♪

mark.JPG

  人気ブログランキングへ  ランキングに参加しています。応援してくださ~い♪

ページTOPへもどる

2008年12月10日 12:46

差出人のないサプライズ手紙とプロフィール

こんにちは。いかがお過ごしですか。雨が上がって、いいお天気になりました。暖かくて、気持ちがいいです。

お天気と景気。どっちもよければいいですが、そういうわけにもいかないのでしょうね。いつもそれなりの過ごし方をしたいものですー。

 

さて、知人からクリスマスプレゼントが届きました。開けてビックリ! 旅先で求めてくださったフレーム切手でした。わぁ~い、ありがとうございます!

fukurota.JPGこちら、郵送で届いたときに差出人の名前がなかったんですね。で、中を開けても名前がなく、その代わり、「わたしは誰でしょう?」のメッセージが。一瞬??と思いましたが、5秒くらいで、すぐにわかりました。

ふふふ。なぜわかったのか? だって、そういうことしそうな人、少ないですもの!(笑)

ふふふ。人によるかもしれません? わたしは、そういう茶目っ気は嫌いじゃないですが。(笑)

大切にしますね。ありがとうございます!


**

プロフィールを少し整理してみました。一人で考えるのはやはり不安。。反応を見ながらちょびちょび調整していきたいですー。

こんなわたしの話を聴きたいと思いますか? 愛あるダメ出しをしていただけましたら、幸いです。m(__)m 

よろしければメールでも。happyあっとまーくe-hanamaru.jp

 **

1971年生まれ。東京女子大学卒。有限会社はなまる企画、代表。

子どもの頃から大の手紙好き。小学3年生で人生初のラブレターを書く。社会人になりたての頃、遠距離恋愛中の交際相手との550通を超える文通経験を通して「書くこと」の楽しさを再認識し、まったく未経験ながらライターとして独立を決意。以来、企業の強みや社長さんの想いを伝えて業績を伸ばす、いわば手紙の延長とも言えるツール「小冊子」作成の第一人者となる。著書『お客の心をぎゅっとつかむ! 小冊子作成講座』(同文舘出版)

口ベタ・気の小ささゆえ、対面での営業やプレゼン・告白が一切できない弱みを手紙で補う。1年間に書くハガキは約1000枚、書類のやり取り時に添える一筆箋は約200枚。さりげなく手紙を楽しむことで相手も自分も幸せになる「手紙時間」の推奨者。趣味は文具店通い。

 

人気ブログランキングへ  ランキングに参加しています。応援してくださ~い♪

ページTOPへもどる

2008年12月 9日 16:38

住宅街に佇むフランス空間でお買い物

こんにちは。いかがお過ごしですか。

今日はだいぶ冬らしいお天気。室内にいるとわかりませんが、一歩外に出ると、足元から冷たい風が吹き抜けます。風邪をひかないように気をつけないといけませんね。

 

さて、お天気が悪いと、まったりと過ごしたくなりませんか。で、まったりといえば、ネットサーフィン?!@強引。

先日パソコンの前で、思わず身悶えるほど素敵なウェブサイトを見つけましたので(←完全に怪しい人。。^^;)、そのご紹介をさせてください。

手紙好き、文房具好き、雑貨好き、アンティーク好き、インテリア好き、小さいもの好き、綺麗なもの好き、家好き、暮らし好き・・のみなさんは、必見だと思います~♪

 プチミュゼ; http://www.petit-musee.com/onlineshop.html 

 

petitmusee.JPG驚いたことに、実店舗が、こちらから車で30分のところにあったのです。先日、さっそく足を運んでみました。

雑貨好きのオーナーさんが、好きが高じて、ご自宅で始められたのでしょう。年に数回、フランスまで買いつけに行かれるのだとか。すごいですね。 ヨーロッパのアンティークものは、製品はもちろん、箱やお品書きまで、その全体のかもし出す雰囲気が素敵。お国柄・文化・歴史が香る気がします。

わたし自身は、日ごろは、「和」モノに目がいくことが多いのですが、たまにヨーロッパものを目にすると、やっぱりいいわぁ・・。西洋史に詳しかったら、もっと興味をもって眺められるのかなぁ・・

 

手紙グッズの中では、1920-1950年代のノート、レターセット、ポストカード類が! 紙類がすごく豊富で、お札のように「透かし」の入った便箋がたくさんありました。昔の貴族さんたちが使っていた紙なのでしょうか。家紋や肖像画のように見える「透かし」もありましたから、当時にしても、ずいぶん高級品だったのだろうと想像します。

1920letter.JPGこちらは1920年代のレターセット。紙が古めいて、また違う「味」が出ていますよね。こういうアンティークの便箋は、昔なじみの友達に送るとき用かな・・ んん、、切手には何をあわせましょう? 


1920ink.JPGこちらは、おまけでいただいたオリジナルのポストカードと、アンティークの紫色のインクです(インクはキャップが空きませんでしたー。インテリアですね)。

しばし、日常を忘れて、我に没頭できるサイト(お店)だと思いました。大切な人へのクリスマスプレゼントを探してみるのもいいですね。

 

人気ブログランキングへ   ランキングに参加しています。応援してくださ~い♪

ページTOPへもどる
前の5件  |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  次の5件
HOME

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました